詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    父の死 激しい後悔

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😭
    franny
    ひと
    パートで働く2児の母(小学1年+4年)です。先日、約2年半の闘病の後に父が亡くなりました。父に十分な看病をしてあげられなかったことを激しく後悔しています。

    4年前に母が他界してから、70代の父は一人暮らしをしていました。
    私は実家から車で1時間少し場所に住んでおり、母の死後は子供たちを連れてなるべく実家に行ったり、旅行に連れて行ったり、病気が発覚して父がフルタイムの仕事を辞めてからは毎月の仕送りもしていました。
    今年の春頃に父の体調が悪化してからは、車で15分ほどの場所に住む弟がほぼ毎日仕事の前に様子を見に行き、私が病院の付き添いを含め週2日、もう一人の弟(2人の幼児持ち)が週末に一日、という感じで3人でお世話をしてきました。

    しかし夏頃からは病気がさらに進行。9月より放射線治療の為に入院をする予定で、退院後は私の住む家で看取りまで一緒に過ごすつもりでいました。しかし放射線を受ける前に容体が悪化し、緊急入院してから3日で亡くなってしまいました。亡くなる前日には感謝を伝え、ハグもしてもらえました。

    しかし後になって振り返れば、最後の3週間は鎮痛剤も効かず食事もできず、明らかに体調は悪化していたのに、私も兄弟も昼間に実家に行くだけで、泊まって看病することは殆どありませんでした。自分達の生活を優先させていたのです。
    父の苦しみに心から寄り添ってあげることができなかった。子供達を夫に任せて、仕事も休暇をもらい、せめて1週間だけでも泊まり込んで看病をするべきだった。誰もいない家で、一人で痛みに耐えていたであろう父を思うと涙が止まりません。現状を深刻に受け止めず父を見殺しにしてしまったのです。

    周りに親を看取った友人がおらず、誰にも気持ちを吐き出すことができません。同じような思いをされている方はいらっしゃいますか?取り返しのつかない事をしてしまった自分が許せず、苦しいです。

    トピ内ID:5484219025

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 8 びっくり
    • 20 涙ぽろり
    • 292 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    結果論でしかない

    しおりをつける
    🙂
    べる
    >せめて1週間だけでも泊まり込んで看病をするべきだった

    亡くなったから、最後の一週間とかが分かるのです。
    これから治療をしようとしていた矢先という事は
    未だ今しばらく永らえる予定だったのでしょう?
    終わりが分からない中での休職など出来る訳がありません。
    退職して見られるのなら別ですが、そうしたら仕送りは出来なくなるでしょう。

    トピ主さんご兄弟は、自分たちの出来るせい一杯をされたのだから
    ご自分を責めてはだめですよ。

    子どもの人生(家庭)を犠牲にしてまでを、お父様は望まれなかったと思います。
    そしてどんなにしても、やっぱりなにがしかの後悔は残るものなのです。

    親って強いものですよね・・・
    私の両親も、ぎりぎりまで泣き言言わず
    子供たちに感謝してくれながら、逝きました。
    自分も、わが子に対して出来る限り負担にならないように終わりたいと
    親を手本にしたいと思っています。

    こうして御父様のことを思ってくれる優しい子供がいて
    御父様は幸せな人生だったことでしょう。

    でも、泣いて後悔ばかりしている娘を見るのは辛いことです。
    それが自分所以だったらなおさら・・・

    お父さん頑張って偉かったね、有難う 
    と、仏前で笑顔を見せてあげてくださいね。

    トピ内ID:7213151252

    閉じる× 閉じる×

    トピ文を何回も読みましたが

    しおりをつける
    blank
    救済
    トピ主さんが何故激しい後悔をするのか、いやせざるを得ないのか理解できませんでした。
     トピ主さんを含めてトピ主さん兄弟はそれぞれが自分で出来る精一杯の看病をしています。ハッキリ言って亡くなられたお父さん素晴らしいお子さん達に囲まれて幸せにあの世に旅立たれたと思います。亡くなられたご両親がトピ主さん兄弟姉妹をしっかり育てられた結果でしょうね。
     「父を見殺しにした」決してそんなことはありません。こんな言葉を若し亡くなったお父さんが聞けば悲しむと思います。
     一般的に娘は父親を大好きなのでトピ主さんの気持ちが分からなくはないですが、「見殺しにした」なんて言い過ぎだと思います。せめて「精一杯看病した」と思わないとお父さんも安心して成仏できない気がしますよ。

    トピ内ID:2375555477

    閉じる× 閉じる×

    うちの父は危篤状態が長かったので

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    スペアのベッド入れてもらって家族が交代で泊まり込みました。

    半年意識がなかった父の関節を動かすリハビリを 療法士さんから教えてもらって 療法士がいない時間に一生懸命やりました。

    幸い最初の病院の看護が手厚く、意識が戻りました。
    二か所目の病院を経て 療養型病院を経て自宅へ戻れました。
    7年かかったかな。

    そしてまた病気に・・・
    不幸なことに当日 担当医がいなくて(いたら助かってたかもしれない)
    1日家に戻し翌日入院。

    元気になった矢先に急変。
    私は一週間通いつめたけど 1日だけ自分の家に戻るというその日に
    父からありがとう、でも人生で一番今日がなんだかもやもやする・・
    ベッドに座れるくらいになっていたので 大丈夫!といって家に戻ったら夜中に召集がかかり・・

    私に帰ってほしくないって言ってて 握手して次の家族が来るからねって
    言ったばかりだったのに。


    やれることはやったと思っているけれど あの時こんなこと言わなきゃよかったとか、なんでその日に自宅に帰ったんだろうとか
    悔やまれることが多かったです。

    父の一言を信じて 一緒にいてあげたらよかった。


    ごめんねって いつも思ってます。


    どれだけ一生懸命になろうと その日はやってきます。
    徐々に あるいは突然に。

    これはもう自分を責めちゃいけません。
    悲しい思いをしているあなたを空の上からみているお父様が心配しますよ。
    元気だして。

    トピ内ID:2281324163

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    ウロコ
    お父様を亡くされたこと、お悔やみ申し上げます。

    しばらく経って落ち着いてくると、もっとこうできたかもと考えてしまいがちですが、それは身内を亡くした殆どの人が通る道だと思います。
    私もくよくよと考えては悲しくなったりしていました。

    しかしお父様はあなた方にお別れを言える時間がありました。
    亡くなる前日に感謝を伝えられたことを羨ましく思います。

    渦中にいる間は、その状態があとどれぐらい続くのかもわかりませんので、その時にできることをあなたと弟さん達はしてさしあげたと思います。
    毎日のように心配してきてくれる子供らの顔が見られたお父様は、幸せを感じ満足して逝かれた、と私は思います。


    悲しくて泣いてもいいのですが、どうかご自分を責めないで下さい。

    時間がゆっくり癒してくれますので、思い出すときはできるだけ良い思い出だけ思い出してあげて下さい。自分のことで悲しんで泣いているあなたより、良い思い出で笑うあなたがお父様はお好きだと思います。

    トピ内ID:3360788412

    閉じる× 閉じる×

    よく頑張りましたよ

    しおりをつける
    🙂
    みかん
    トピ主さまもお兄様も何よりお父様もよく頑張られたと思います。
    お見舞いとと同時に一緒に暮らすご準備もされていたのでしょう?

    身内を亡くすと後悔ばかりで、もっとこうしていたらという思い、誰もが思うことだと思います。

    それはどんなに周りが足ないことはなかったなんて言われても救われるものではないですよね。
    今はお辛いと思います。
    後悔も消えないと思います。
    でも、たとえ消えなくても辛いという気持ちは時間薬で少しずつ和らいでいきます。

    もう少し落ち着いたら一緒に過ごした楽しい思い出を思い出してください。
    きっと後悔されてるトピ主さまより、お父様の笑顔やしてくださったことを思い出す方が故人も喜んでくれますよ。
    亡くなる前日のお父様の感謝を受け取ってあげてください。

    お悔やみ申し上げます。

    トピ内ID:8323975923

    閉じる× 閉じる×

    どれだけのことをしてもきっと後悔はすると思う

    しおりをつける
    💤
    時間はかかります
    お悔やみ申し上げます。

    私の父が他界して9年目です。
    それなのに、まだ後悔は残ってます。

    私からすると、そこまでお父様に寄り添うことが出来て、きちんと感謝も伝えることが出来た主さんは精一杯のことをされたと思います。

    私は、実家から離れた田舎で姑と同居しています。
    私が母から早朝に連絡を受けて病室に到着したときには、父の意識はもうありませんでした。
    そして1週間後に意識が戻らないまま逝きました。
    私が父と最後に言葉を交わしたのは、亡くなる10日ほど前だったでしょうか。
    夫と子どもらと見舞って「また来るね」だと思います。

    当時の私の子は受験生と低学年。
    同居の姑は家事をしない人なので、私が家を空ける訳にもいかず、闘病中の父のことも看病の母のことも心配なのに支えられない自分に葛藤の毎日でした。

    実親を苦しませて、他人(姑)には尽くさないといけない夫との結婚を後悔もしました。
    今は元気ですが、実母に何かあれば今度は遠慮なく支えたいと思っています。

    主さんのお父様は娘とハグも出来て安心されたのではないか、と私は思います。

    トピ内ID:3980652606

    閉じる× 閉じる×

    自分を責めてはいけません。

    しおりをつける
    🙂
    青空
    あなたは、一生懸命やりました。
    自分を責めないで下さい。
    お父様は、あなたとあなたのご兄弟に、感謝しています。

    そして、お父様は、きっと、素晴らしい方だったと思います。こんなにも、心の優しい娘さんを育ててこられたのですから。

    あなたが、もし、私の娘なら、忙しい生活の中、気にきかけてくれて、見守ってくれて、本当にありがとう、幸せだったと、感謝しかありません。あなたのお父様も、きっと、そう思っていたにちがいありません。。

    トピ内ID:8371050603

    閉じる× 閉じる×

    見殺しなんてとんでもないです

    しおりをつける
    🙂
    ゆこゆこ
    お悔やみ申し上げます。トピを読んでも家族皆んなでお父様を精一杯支え、お父様に感謝を伝えハグもして…理想的な最期としか思えません。
    看取りに関する記事を読んだ時、どんな看病をしても必ず何か後悔が残ると書いてありました。
    だから、トピ主さんが後悔してしまうのも無理もない事なのだと思いますが、どうか見殺しなんて思わないで下さい。
    私はまだ健康な50歳で、自分の最期は想像出来ませんが、親として考えてみると、我が子の生活を犠牲にしてまで看病して欲しいとは思いません。孫の生活にも影響するでしょうし。
    人の死は誰も予測できません。
    危篤と言われても持ち直したり、余命宣告を受けてもそれを何年も超えていく人もいます。
    最期を迎えて初めて「最後の3週間」と分かり、「せめて1週間」のタイミングも知るんです。
    お父様が精一杯寄り添ってくれたトピ主さん達を責めるはずはありません。
    むしろこのトピを読んだら悲しむでしょう。
    まだ亡くなった悲しみの中にいるので、簡単ではないと思いますが、トピ主さんも母親ですから分かるはずです。
    親の一番の願いは我が子の幸せのはず。
    お父様だってそのはずですよ。

    トピ内ID:8621014173

    閉じる× 閉じる×

    後悔が何もない介護などはありません。

    しおりをつける
    🙂
    介護婆
    誰がどう介護しても、大少、皆、後悔はある。
    完璧で満足な介護などは無い。

    なぜなら【人間は生き物だから】
    今日どうなるか、明日どう変化するか~誰にも分らない。

    介護者が良かれと思ってした事が、親の大ケガや命を縮める事になったり~

    実際に、密接な在宅介護では
    弱り重度化していく長い年月の中で

    人には言えないような、辛い状況が起こることは、いくらでもある。
    介護者の心に『楔(くさび)』のように後悔や苦しみが残ることは

    誰にでも、いくらでもあるものです。
    人には言えない後悔も~です。

    【それは古今東西、誰にも起こりうること】。

    そういうことも込み込みの中で、大変な介護が行われ、最後まで看取るのです。

    そういう苦境苦悩は【血縁の親子だからこそ】委ねられ任され、引き受けることであり、他人には引き受け難い事なのです。

    介護の中では、各種のアクシデントは付きものです。どんなに気を付けても親を愛していても、人間のすることに完全はありません。

    親子なので、愛する気持ちの中で、できることを精一杯すれば、それが【最善の全て】です。

    【完璧は神様にしかできない】

    古い昔から、親子親族は、そのような介護の辛いリスクも引き受け苦悩も背負い、介護して看送ってきたのです。この先も~

    トピ主さんと兄弟姉妹で、皆で力を合わせて、お父様を世話介護してあげた~その事実が最善全てです。

    お父様は、その「子達の気持ち」が嬉しかったと思う。

    >9月より放射線治療の為に入院をする予定で、退院後は私の住む家で看取りまで一緒に過ごすつもりでいました。

    ★これで最善だった。

    >しかし放射線を受ける前に容体が悪化し、緊急入院してから3日で亡くなってしまいました。

    ★それは誰にも予測できない事で、子だからこそ引き受けられた結末。それでいいのです。不要な後悔よりお父様の冥福と皆様の安寧を。

    トピ内ID:2883109635

    閉じる× 閉じる×

    同じ気持ちです。

    しおりをつける
    🙂
    リア
    義父ですが、数日前に亡くなりました。
    あまり付き合いがなく、遠方に住んでいたので年に1、2度しか会う仲でしかありませんでしたが、なぜもっと早く、お見舞いに何度も行かなかったのか今は後悔しています。
    自分自身、なんでこんなに悲しいものかと驚いています。
    人って不思議な生き物ですよね。失わないとそのありがたみが分からないのですね。

    トピ主さんは十分、お父様を看護したと思いますよ。
    病気が長引くと、私もそうでしたが、まだ大丈夫だろうと思ってしまうものです。
    勿論、自分の生活もあるし、今年はコロナで私も怖かったので、それを言い訳にあまり会いに行きませんでした。
    そして今はこんな自分を責めています。

    もう亡くなってしまった義父は帰って来ないのに。
    だから今は、せめて義父が安らかに眠れるように旦那に義妹とあまり争わないように言ってます。
    あとは極力旦那に気を使って、できるだけ家のことは私でするようにしてます。

    まだまだ緒手続等いろいろあって数ヶ月は忙しくなるかと思います。
    この気持ちはどうすることはできませんが、なんとかお互い頑張りましょうね。
    時が解決してくれるしかないかなと思ってます。
    私もここへ投稿させてもらって、なんとか気持ちを落ち着かせてます。

    トピ内ID:1687570260

    閉じる× 閉じる×

    『後になって振り返れば』

    しおりをつける
    🐱
    neko
    人間は過去からしか物事を考えられません。『後になって振り返れば』ですよね?誰だって最後の1週間が分かれば無理しますよ。でもこれが反対に最後の1週間だったのが1か月になり3か月になった時に、3か月間、いや1か月であっても最後の1週間と同じ献身が持続できますか?

    皆、最後の1週間だから出来ると思うし、けれど最後の1週間は事前には決して分かりません。あなたには夫も子供も居て生活があります。短期決戦だから出来ると思うだけで、いつ終わるか分からない長い期間を前に、最後の1週間と同じ献身が継続出来ると思うのは、ある意味傲慢な考えだと思いますよ。

    私も両親を病気で亡くしました。その事を胸にこの人とは最後になるかもしれないと考えながら周りの人と接しています。もちろんそれで無理する事はありますが、全てにおいて無理は決して出来ません。私は明日も1週間後も1か月後も1年後も今の生活をしなくてはいけませんから。

    トピ内ID:0962844364

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    franny
    みなさま、お忙しい中レスを投稿して下さりありがとうございます。
    ご自身のお辛い経験や、励ましの言葉など、メッセージを読みながら涙があふれてしまいました。

    後悔は結果論であること、
    人間は生き物であるから変化は予測不可能なこと、
    介護に後悔はつきものであること、
    持続可能な献身について・・など

    本当にそうだと思います。確かに、あまりに悲しんでいてばかりでは、父も喜ばないですよね・・

    私の一番の後悔は、父が、最後の3週間、満足な緩和ケアを受けられず苦しんだことです。
    多発骨、臓器転移が進んでいたにも関わらず、父の痛みは適切に評価されず、亡くなる3日前に入院するまで強オピオイド系(医療用麻薬)の鎮痛剤を使う事ができませんでした。
    外来には私が付き添っていましたが、担当医の対応に疑問を感じながらも毎回流されてしまい、忍耐強い父を守ってやることができなかった。
    担当医がダメなら緩和ケア科やペインクリニックを受診するなど他にも方法はあった。
    もっと早めに訪問看護の準備を進めていれば良かった。

    そして何よりも、そんな状態なのに
    辛そうに横たわる父を実家に残し「また来るね」と言って帰ってしまった
    自分が許せません。
    どこかで、父の病状を甘くみていたのだと思います。

    悔しさと申し訳なさがごちゃ混ぜになって、夜中に目覚めてしまい
    眠れなくなる毎日です。

    母親なんだから、しっかりしないとダメですね・・

    トピ内ID:5484219025

    閉じる× 閉じる×

    よく分かります

    しおりをつける
    🙂
    はなこ
    私は昨年、鼻のがんで父を亡くしました。

    すぐに緩和ケアで見てもらうのがベストだったのに、致し方なく老人病院に入院させてしまい最後の3週間だけしか緩和で過ごせませんでした。
    老人病院ではここには書けないほど、酷い対応をされました。
    本当に申し訳ない選択をしてしまいました。もう自分では何も意思表示が出来るような状態ではなかったのに。
    とてもとても苦しい。
    ごめんなさい。
    よいコメントができません。
    でもトピ主さんと同じ気持ちのものもいます。

    トピ内ID:1758178712

    閉じる× 閉じる×

    其れでも家に居たいもの

    しおりをつける
    🙂
    パンダママ
    私の母は末期がんでした。
    もう治るわけでも無いが
    家に帰されたりホスピタルは居れない事情の為に
    (抗がん剤治療をうけました病院に居る以上治療しないなら追い出されてしまう為)本当に辛かったと思います。
    沢山の嘘もつきました。病院も私は2日か1回洗濯物と必要なもので後は兄妹がしてました。なくって10年・・・今でもごめんなさいと思うがもし違う治療があって付き添いを毎日したとなると私にはできなかったと思うんです。
    家族を犠牲にして先の予定がわからない事ですから。
    あと母は病院で早く家に帰りたいばかりを繰り返す日々でした
    1度も帰れませんでした。
    お父様はたとえ痛みがあっても住み慣れた家で過ごすことは希望していたのではないでしょうか。
    何を言われても後悔だと思いますが何をしてても後悔が無い無い人の方が少ないと思います。お父様は貴方の幸せを祈ってると思うので自分を責めず今の生活を大切にしてくださいね。

    トピ内ID:4825914148

    閉じる× 閉じる×

    今はお父様は楽になられたんですよ

    しおりをつける
    🙂
    べる
    最後は苦しいものだったのですね・・・

    私も母の死に関しては、後悔ばかりしていました。
    あの時○○していれば・・・あの時△△していなければ・・・
    私も甘く見ていたのかもしれない
    母が一人苦しんでいたであろうに・・・

    でも、いくら泣いて悲しんでも母は戻っては来ません。
    そして、母は病の苦しみから解放されたのだと思うようになりました。
    がん発病から数年、再発の恐怖や、再発が分かったときの絶望や痛み、刻々と近づく死・・・

    そういったすべてから解放された母の死に顔は穏やかにも見えました。
    今際のあの苦しそうな顔も、未だに浮かぶのですけれどね。

    トピ主さん
    御父様は、色々な痛みや恐怖から解放されて、今は穏やかに眠られていらっしゃいます。だからもう大丈夫ですよ。

    >「また来るね」

    御父様はうれしかったと思いますよ。
    また、娘はやってきてくれる・・・
    今度は、お仏壇のまえで、いっぱい御父様に話しかけてあげましょうね。
    お子さんたちに、
    我慢強かったおじいちゃまの話をたくさん聞かせてあげてください。

    御父様の幸せだった姿を思い出し、それを焼き付けましょう。
    辛く苦しい姿を覚えているより、そのほうが幸せじゃないのかな?

    ただ、今はまだ日が浅いから、悲しみに暮れてしまうのも仕方がない事です。
    49日が過ぎ納骨して、1周忌三回忌・・・少しずつ親の死に向かい合っていけるのかもしれないですね。
    ゆっくりと気持ちを収めていけばいいと思います。

    もう後悔は必要ないですよ。

    トピ内ID:7213151252

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0