詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 高齢でペットを飼っているご本人、ご家族。教えて下さい
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    高齢でペットを飼っているご本人、ご家族。教えて下さい

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    トピ主
    話題
    父と二人暮らしの30代独身です。
    来月の誕生日で68歳になる父が子犬を拾って来てしまい、父の年齢のこと、私もいずれ実家を出る立場であることから里子に出すつもりでした。
    別れが辛くなるから名前は付けない約束だったのに、3日一緒に過ごして情が移ってしまった父が名前を付けてしまいました。
    先住の高齢犬も出ないお乳をあげる仕草をしたり一緒に寝たりと子犬を可愛がっていて、状況が許すなら私もうちで飼いたいと思うようになりました。
    幸い現状では父に持病もなく健康で体力と犬を終生飼育する程度の多少の小金もありますが、若さや時間はお金では買えません。
    父はこのままうちの子にして、最悪の場合は私が引き取って面倒をみてほしいと考えているようです。
    もちろん私もそのつもりではいますが、急な海外転勤、離婚、子供のアレルギー発覚など様々な事情でペットを手放した人を間近で知っているだけに、じゃあ私は終生飼育できるか?とじっくり考えたら、もし結婚していたら夫は犬を引き取ることに賛同してくれるか?とか、そもそもペット可物件に住んでるか?など問題に直面して、絶対大丈夫だから安心して私に任せて!と断言できない自分に気付きました。
    犬はノミ・マダニだらけでしたが駆虫済み、獣医師さんはの診察では生後3~4カ月、ほぼ成長もストップしていて成犬時の予想体重は5キロで収まるんじゃないかなと言ってます。
    顔立ちもかわいく年齢も若いので早々に良いご縁があるのではないかと思いますが、小型犬なら最悪でも何とかなるんじゃという甘い考えもよぎって手放す決心がつきません。
    そこで参考にさせていただきたくお聞きしたいのですが、高齢でペットを飼っているご本人、ご家族の方。

    気分を害されたら申し訳ありません、飼い始めたときの飼い主さんのご年齢と最終的にペットがどうなったかを教えていただけないでしょうか。

    トピ内ID:7174742031

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 7 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 87 エール
    • 11 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お父様とイヌの寿命なんて誰にもわかりませんよ。

    しおりをつける
    にこにこ
    いのちについて、とても真剣に考えていらっしゃるトピさまに感心して読ませていただきました。
    確かに、高齢者がペットを飼育することは不安かもしれませんね。

    でも、お父様、まだまだお元気なんですよね?
    わんちゃんが仮に、平均寿命まで生きたとして、お父様も80代。
    男性の平均寿命も毎年伸び続け、80代で元気な方はたくさんいらっしゃいます。

    人間も、犬も、元気でいつまで生きられるかなんて誰にもわかりません。
    病気や事故などで若くして亡くなる人もいます。

    子育てや仕事から引退し、役割を失う老年期に、わんちゃんが生きがいとなって、お父様が日々の生活を送り、元気でいてくれたら嬉しいじゃないですか。

    私にも70歳を超えた一人暮らしの親がいまが、犬がいてくれるおかげで、話しかけたり世話をする事で介護や認知症予防にもなり、生活にハリが出て、心身ともに元気でいるのですごく助かっています。

    誰かや何かの世話をすることは、互いを必要とし、必要とされるので、生きる希望になります。
    子育てや仕事から引退した老年期は、社会から必要とされなくなる寂しさも持ち合わせている時期なので、それができる動物や孫の世話をするおじいちゃんおばあちゃんは元気ですよ!

    特に、男性はわんちゃんの面倒見がとてもいいですよ~!街中で男性が犬を散歩させてる姿をよく見かけませんか?

    案ずるより産むが如しで、高齢者にこそ良い効果もあるので、どうかお父様の笑顔と健康のために一緒にさせてあげてください。

    トピ内ID:9322285275

    閉じる× 閉じる×

    義両親は70歳で飼い始めました。

    しおりをつける
    🙂
    mai
    購入前に、万が一の時には私たちに引き取ってもらえるかという打診がありました。
    快諾しましたので飼い始め、13歳で病気で亡くなりました。
    大好きな義父の傍らでスーッと息を引き取ったということなので、幸せな犬生を送ってくれたと思っています。

    何よりも、義両親がその仔のおかげで元気よく幸せなシニア生活を送れたことをワンコに感謝しています。

    ただ想定外だったのが、その仔の性格です。
    もしかしたら飼い方も悪かったのかもしれません。

    大好きな義父にはべったり甘えますが、義母はお世話するのがギリギリ。
    ごくたまに会う私たちは触ることも出来ない程の気性の粗さでした。
    うちにも小型犬2匹がおりましたので「万が一」であっても引き取ることは出来ないと、内心驚愕いたしました。

    その時に考えたのは、保護犬ボランティアもしくは営利団体でも良いので、信頼できそうなところを探して持参金を付けてお願いしようということでした。
    真剣には探さなかったのですが、そういうサービスがあるとTVで紹介しているのを観ましたので。

    まず現在、トピ主さんがその仔を飼えなくなるリスクがどの程度高いのかで判断してみてはいかがでしょう。
    海外転勤の可能性がかなり高いとか、お付き合いしている男性が犬嫌いだとうなら無理です。
    今見えていないリスクのことを考え過ぎてもしかたないと思います。

    もし先住犬が亡くなってしまったら、お父様は一気に老け込んでしまうかもしれません。
    このご縁が、お父さま、先住犬、仔犬、皆に幸せをもたらしてくれるような気がします。

    もし飼うならば、しっかりと躾をして、誰にでも懐くような社交性のある仔に育つよう努力しましょう。
    犬コミュニティとのお付き合いも大事にしておくと、困った時に助け舟や有効なアドバイスを貰える可能性もあります。

    ノラだった仔犬に、これからは良いことしかないと祈りたいです。

    トピ内ID:2996274562

    閉じる× 閉じる×

    自分が引き継いだ

    しおりをつける
    🙂
    何とかしてきた
    母が69歳の時、生後3ヶ月くらいの迷い犬を飼いはじめました。その時16歳の猫、17歳のインコもいました。
    75歳の時、母が癌になり介護が必要になって、お一人様だった私が実家に戻って母の介護も含めて、引き受けました。(猫22歳、インコ23歳、犬7歳でみんな存命でした)
    先のことなんて誰にもわかりませんよ。
    そんなに不安なら飼わないことですが、飼ってしまったら問題にぶつかった時、何とかするしかありません。
    今から先に起こるかもしれない問題の解決を考えていたって答えは無いですよ。
    お父様に何かあったらあなたが引き取る。そして何とかする。ペット可物件がないわけでは無いし、将来の伴侶が犬嫌いかもわかりません。
    今から悩んだって仕方ないです。
    私自身は自分が60半ばくらいになったら新規の犬猫は飼わないつもりです。
    現在母から引き継いだ犬15歳、その後拾った猫2匹5歳の寿命が全うしたら、子猫、子犬は飼わないと決めてます。

    トピ内ID:1248016778

    閉じる× 閉じる×

    犬を引き取りました。

    しおりをつける
    🙂
    頑張って
    主様
    こんにちは。

    私の父は 私が就職で上京を期に一人暮らしをはじめました(母は私が高校生のときに亡くなっています)。

    それから、私は関東で結婚、出産をしています。
    私が31歳、父が64歳のときに 父は知り合いの家に生まれた子犬を一匹引き取りました。
    トイプードルと聞いていましたが、実はミックスだったようで、体重が10キロ程度の中型犬に成長しました。その後父は犬を生きがいに 暮らしていました。
    しかし、70のときに癌になり、それでも犬がいるため一緒に暮らすのは拒否され、結局74で姉の家に同居、犬は我が家が引き取りました(姉の家は和菓子屋を営んでいるので、動物は厳禁です)。その後半年経たず父は亡くなりました。
    犬は今、14歳です。我が家の先住犬(チワワ7歳)とは非常に仲が悪く、顔を合わせば喧嘩ばかりし、マーキング合戦をくりひろげます。

    ですので、父の犬は一部屋専用の部屋を与えてそこで飼っています。

    まあ、引き取り手がいるのであればお父様が犬を飼うのはいいのではないでしょうか。

    うちの父は 犬と本当に仲良く田舎で暮らしていましたよ。

    ただ、大きくなりすぎると マンションでは飼えないなど制約も出てくると思います。

    トピ内ID:3375277538

    閉じる× 閉じる×

    姉夫婦が引き継いだ

    しおりをつける
    🙂
    何とかしてきた
    姉の義父(一人暮らし)が80歳の時、3歳位の犬を飼いはじめました。
    義父86歳で病没。
    最後の1年位はやはり義父も介護が必要になって、姉夫婦が義父ごと引き取って面倒を見てました。
    私に犬を引き取ってくれないか打診がありましたが、すでに私も犬と猫を飼っているので断りましたが。
    姉夫婦はきちんと世話してます。

    トピ内ID:1248016778

    閉じる× 閉じる×

    68歳なら大丈夫だと思います。

    しおりをつける
    🙂
    HARU
    今は皆さん長生きです。
    家の義父母に関しては90歳越えですがピンピンしてますよ。
    犬の寿命はを15歳位としてもその時お父さまは83歳。
    これから大病するかも知れないししないかも知れない。
    こればかりは解りませんが元来、元気な人はこのまま行きそうですね
    出来れば飼って上げて欲しいな~
    お父さまの張り合いにもなると思います。

    トピ内ID:8801284530

    閉じる× 閉じる×

    不安はありませんでした

    しおりをつける
    💡
    猫飼いですが
    その先の事を言い出したら、キリがないと思います。

    我が家には猫がいますが、高齢でなくてももしかしたら明日、事故で死んでしまうかもしれません。

    トピさんの配偶者になる人が犬好きかもしれませんし、アレルギーがあっても私の様にコントロールしながら暮らせるかもしれません。


    犬の寿命から考えたら、お父さんが看取れる年齢だと思うので、私なら応援します。

    お父さんより少し若い頃、私の父も野良猫を保護して暮らしはじめました。
    残念ながらその仔は長生きできませんでしたが、両親は幸せそうでした。

    トピ内ID:9492266695

    閉じる× 閉じる×

    飼ってもいいのでは

    しおりをつける
    🙂
    みるくん
    ご質問にお答えします。
    わたしの実家では、祖父が66歳で飼い始めました。すごく仲良しで、18年後、犬が10月に、お世話を終えて荷を下ろしたように祖父も11月に亡くなりました。かんしゃく持ちだった祖父が、犬を飼い始めてからとても穏やかになりました。

    あなたのお気持ちはよく分かります。でも、飼ってもよいのではと思います。

    犬を飼うとお散歩などで歩くことが多くなり、高齢者の健康にはとても良いです。メンタルの面でも良い影響があります。犬の世話をする義務感は、生きる張り合いにもなります。

    人の寿命は誰にもわかりません。現在ペットを飼っておられる方すべて、10年先生きているという確証はありません。
    あなたの責任感のある考え方は正しいですが、先のことを心配しすぎて今をないがしろにするのはどうでしょうか。
    お父様と犬の、今の幸せを大事にしてあげてほしいと思います。

    最近は犬の老犬ホームなど田舎でもけっこうあります。万が一の時は多少のお金があればなんとかなります。そのための積み立てをするのも良いかもしれません。
    ペットはきっとお父様の老後を豊かなものにしてくれると思います。

    トピ内ID:9939485671

    閉じる× 閉じる×

    高齢の母と私が猫をみとりました。

    しおりをつける
    🙂
    ぺんぺん
    実家の両親が野良猫を飼い始めたのが、父73才、母77才。
    本当にこの猫のおかげで、両親は心癒され、楽しい生活となり、夫婦円満に暮らせたと言ってます。できるだけ、お父様にもこの幸せを味わっていただきたいです。

    うちの場合は、父が先に亡くなり、母が83歳のとき、その猫を連れて私の家の近くに引っ越してきました。
    ハンデのある猫でしたし、誰かに引き取ってもらう選択肢がなく、私も猫の面倒みるのを手伝いました。猫は病気もしましたので、通院や投薬や介護など母だけではできなかったと思います。

    ただいろんな事情で猫を私の家に引き取るのが難しかったので、内心、どうか母より先に逝ってくれと思いました。(もちろん、猫が残れば我が家でなんとか飼うしかなかったのですが。)
    そして幸い猫は母が90才でまだ元気なうちに、母の家で亡くなりました。

    トピ内ID:6512000182

    閉じる× 閉じる×

    犬のその後について

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    ご報告が遅くなり申し訳ありませんでした。
    父とよく話し合い、犬は正式にうちの子になりました。
    混合ワクチンがまだ1回しか接種できていなくて地面に歩かせての散歩はできないのですが、先住犬だけ散歩させるとキャンキャン鳴いて追いかけて来ようとするので犬用のペットカートを買って来てそこに入ってもらって、先住犬と一緒に散歩させています。
    そんなにすぐに変化はないと思いますが、父も先住の高齢犬も何だか若返った気がします。

    すでに亡くなった先代の犬猫たちもみんな捨てられていたのを拾ってきた子ばかりですが、拾ったとき状態が悲惨な状態の子も多く、主にお世話をしていた母が最期まで責任を取れないなら飼ってはいけないと口を酸っぱくして言っていました。
    私も同感ですが、とはいえ頭でっかちになっていたようです…。
    なるようになる・一時的に老犬ホームや長期預かりのペットホテルを利用することも悪いことじゃないんだと、柔軟に考えるようにしたいと思います。

    本文では文章をまとめるのが下手で書けませんでしたが、最近は医療の進歩もあり長生きされる方も増えても祖父母や周囲のご高齢の方を見ても、マスコミがよく言うようにその方個人の寿命と健康寿命に差がある場合も少なくないんだということを実感します。
    小型犬は15年以上生きる子も多いと聞くので、将来的に犬と父の介護が一気に来ないか?と躊躇する気持ちがありましたが、なるようになる・一時的に老犬ホームや長期預かりのペットホテルを利用することも悪いことじゃないんだと柔軟に考えて、どんな手段でも取れるように毎月少しずつ犬のための貯金をしておこうと思います。

    当の本人である父は新しくやってきた子犬のためにも一日でも長く健康で頑張ると張り切っているので、犬と一緒に健康で長生きしてもらいたいです。

    トピ内ID:7174742031

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0