詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 出版したことのある方、出版物に詳しい方へ。
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    出版したことのある方、出版物に詳しい方へ。

    お気に入り追加
    レス39
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    リラ
    話題
    紀行本(と言っても風景の写真10枚と文章10枚くらいのA5版の小さな薄い本)を出版する予定です。
    自費出版を考えていたのですが、ゼロから出版まで一人では無理だと思い、某出版社との共同で出版することにしました。

    ところが初版印刷500部で200万の請求が来たのです。私は100万くらいの予算を組んでいたので驚きましたが、これは相場なのでしょうか?

    ちなみにその出版社は増版の際の費用は全くかからず、広告として大手新聞や諸雑誌に載せる費用もこの200万から捻出するとのことでした。

    確かに自費(個人)出版ですと宣伝する方法が乏しいので、その広告費だと思えば200万という額は妥当なのかもしれないのですが、出版するのは初めてで、周りにもそういう人がいないので何を基準にして考えたらいいのか困っています。

    出版社にお勤めの方、又はこのような方法で出版したことがある方などなど、費用についての詳細を教えて頂ければ嬉しいです。
    宜しくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数39

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  39
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    とんでもない!

    しおりをつける
    blank
    せきね
     そんな少部数に200万なんて、馬鹿げてます! よほど高級な美術印刷で高級紙に刷ってもらって、よほどバンバン広告宣伝してもらうとしても、もともと500部という刷り数では大きく売り出そうという意図ではないですよね? だったらそんな大金、出すのは馬鹿馬鹿しいですよ!
     そもそも500部では出版社の採算ラインに乗る部数ではないと思うんです……カモにされてる気がするけどなぁ。

    >風景の写真10枚と文章10枚くらいのA5版の小さな薄い本

     同人誌印刷の印刷所に頼めば数万円で印刷できそうな内容に思います。「同人誌 印刷所」といったキーワードで検索すれば日本中にたくさん、安くて手軽な印刷所があります。版下作りや入稿までの手順も相談に乗ってくれますから、ド初心者でも大丈夫です。
     ただしこの方法だと宣伝は自分でやらなければいけませんが。

     とにかく、200万払いました、本ができました、たいした宣伝もしてくれずまったく売れませんでした、という運びになっては後悔するだけです。心配です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    問題は写真かな

    しおりをつける
    blank
    しあん
    金額としては少々大きい気がしますが,気になるのは「写真」を収録する点及び広告費ですね。

    紙については,写真を印刷するための紙の費用(特殊な紙を使うことが多い)がいくらかかるのか,全体として何頁くらいになるのかなどがポイントです。
    写真集となると印刷も技術が必要になりますので,それなりのお値段がかかってきます。
    あとは,原稿を「完全原稿」として入稿するのか,印刷会社で作成するのかでも全く違ってきます。

    また,ページ数が少なければ安くあがるってもんでもないんですね,実は。冊数もちょっと中途半端な気がします。つまり,自費出版としては一番金額が高くなってしまう設定になっているような気がします。

    広告費については,出版社を通すと,その分の人件費(営業が書店を回る費用や広告を出すための広告会社に対しての人件費)や,取次(本の問屋さん)に払う費用なども含まれますので,結構なお値段になってしまいます。新聞に掲載するとなると,それが全国紙の場合は驚愕するような金額になります。

    私の経験だと,200P文字のみA5サイズ700部印刷会社の写植,広告ナシでだいたい300~400万位だったと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ぼったくりです

    しおりをつける
    blank
    ぼえ
     新聞に良く出る「あなたの原稿が本になります」といった類の出版社でしょうか?

     あれは、共同出版と言いながら、ほとんどぼったくりと言っても過言ではありません。
     初版500部ということですが、日本全国に本屋は何軒あるとお思いですか?2万を越える書店があるのですよ。初版500部で出版しても、一書店一冊でもたった500軒。大きな市なら100軒ぐらい本屋はありますから、一県すらカバーできません。そんな部数で、どこの出版社が広告宣伝なんかするでしょうか?

     「国会図書館に入ります」とか「ISBNコードがつきますよ」とか言われたりするようですが、国会図書館は国内で出版されるあらゆる書籍を収集していて、、出版した際には自費出版でも納付が求められ、個人でも納付を受け付けますので、無知につけ込んだ甘言です。ISBNコードは単なる分類番号ですので、これも申請すればどんな本でもつきます。
     自費出版するなら、色々な出版社に見積もりを取って、きちんと比較しましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どなたかお願いします

    しおりをつける
    blank
    リラ
    出版された方は少数だと思うのですが、周囲で参考になる意見が聞けず困っています。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます、トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    リラ
    せきねさん、お返事ありがとうございました。

    私も同人誌の印刷のことは調べてみたものの、やはり広告のことなどが気になっています。
    出版しても書店に流通させなければ売れませんし、やはり広告の必要性はあるような気がするのです。
    日本では珍しい国の紀行本なので(既出版されてないかも)そういう意味では貴重な存在だとは言われましたが、果たして、せきねさんが仰る通り満足な宣伝もないままに終わる可能性もあるわけですよね。。

    同人誌の印刷の安さは魅力的なのですが、それ以外のことも全て自分でやるのは不可能に近いと思うのです。200万という金額に見合ったことをしてくれることを期待しているのですが、そんなに世の中甘くないとうことですね。

    やはり出版社の担当者と詳細を話し合うべきですね。確かに500部は少ないです。ほとんど記念出版のレベルですね。増刷して印税なんて期待してませんが、自分の作るものが世の中に出るにはこれくらいのお金が最低限必要なのかな?なんて思ってしまっていたところです。

    さらに詳しいお話し、聞かせていただけると嬉しいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    確かにカモ?

    しおりをつける
    blank
    出版関係
    写真10枚、文章10枚程度で本を作るとなると、よほどいい写真、ということになりますでしょうか? 
    出版社もクオリティの高いものに仕上げようと思っているとか? まぁ全ページカラーだとしたら、確かにお金はかかりますけど。いずれにしても、なんの説明もなくいきなり200万円じゃ、納得できませんよね。

    見積もりをとったらどうですか? 
    編集費やデザイン代はいくらか? 印刷代はいくらか? 紙代はいくらか? 内訳の金額を具体的に出してもらい、ここは切りつめられないかなど、相談してみてはどうでしょう。

    ただ、500部程度で流通ルートにのせるんでしょうか?
    新聞広告は、最低十万円~ですが、雑誌で紹介するには、コネがあればいいだけで、お金はかかりませんよ。っていうか、その部数でそんなに宣伝にお金をかかけるかなぁ。

    いずれにしても制作するにあたっての、内訳の見積もり書をもらうことをオススメします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    見積りなしで請求されたんですか?

    しおりをつける
    blank
    うめたろう
    自費出版本を作る会社にいたことのある編集者です。
    500部で200万、たしかに高いですね。
    ただし、出版物は部数と価格が等倍に比例しません。1000部作って400万だから500部なら200万、というふうにはなりません。はっきり言って、1000部も2000部もたいした違いではないんです。最初の刷り版を作るのにお金がかかるので・・・。紙代や製本代なんてそんなにかかるものじゃないんですよね。
    でも、ここからが問題。
    見積りは取らなかったのですか? 見本はできなかったのですか? ページ数や紙の質、デザイン、表紙、帯など、そういうものをどんな風にするか、広告はどんな風に打ってくれるのか、それらは確認せずにゴーしちゃったのですか? だとしたらそれは問題。スレ主さんも、出版社も。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    続きですが

    しおりをつける
    blank
    うめたろう
    そもそも写真10枚と文章10枚? これを出版する、そして宣伝してできたら売りたいと考えることが、そもそも間違っているんじゃないかなぁ。あなたはこれを売りたいんですか? 現実的に出版する立場の人間として考えると、こんなに少ない内容の本を売ろうなんて思わないです。売れるとも思わない。これだけ出版物があふれている時代に。
    この程度のものなら、ご自分の記念として小部数たとえば200部とか作って、知り合いに配るとか、そんな方法を薦めます、私なら。
    本は出来てしまっているんですか? そのへんの情報ください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    謎だらけ

    しおりをつける
    blank
    こうこくや
    刷りは4色でしょうか?2色?1色?
    紙はどんな紙を使ったのでしょうか?
    綴じはどんな綴じ方?

    入稿形態はどのような形でしょうか?

    大手新聞とはどの新聞?
    それは全国版ですか?地方版のページですか?
    広告記事はどの大きさですか?
    広告回数は何回?

    などなど、疑問点はたくさんあります。
    印刷だけを考えるともすごく高いです。
    でも広告の出稿形態によってはありえないとも
    言えません。

    そのへんのお話を詰めていなかったのでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    まあまあ相場ではないかと思います1

    しおりをつける
    blank
    むめ
    共同出版経験者です。
    私の場合、文章原稿用紙1,000枚くらい、A5サイズ、初版1,000部で出版して150万でした。
    出版社数社に同じ原稿を見てもらい、どこでも大体200万前後だったところ、最後まで粘ってくれた会社が値下げしてくれたので、150万に落ち着きました。

    リラさんの場合、枚数が少ないことと初版の部数が500であることで、意外に感じられたかもしれませんが、共同出版の場合は大体このくらいになります。
    というのも、いくつか理由があります。
    まず、共同出版という手段が出版社にとってリスクがない新しい商法であること。
    今、書店に行くと数えきれない数の本が並んでいますよね?
    しかし、本は書店にある分だけではありません。毎月、大手・零細いろんな出版社から10冊以上もの新刊が出版されます。
    その多くの本は、書店に並んでもすぐに返品されてしまいます。一度でも並べばいいほうで、店頭に並ぶことなく、消えてしまう本もあります。
    書店に置かれている、出版社の目録や新刊案内を見ていただくとわかりますが、見知らぬ作者の名前もたくさんありますよね?
    たとえ店頭に並んでいても、大部分の本をあなたも手に取っていませんよね?

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  39
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0