詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    実家への思いが薄れていく(駄)

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    AEcc
    ひと
    相談事ではなく、吐き出したい気持ちをつらつら書かせて頂きます。

    就職と同時に家を出て、隣県で一人暮らしを始め6年経ちました。
    1年前には犬を迎え、ふたり暮らしをしています。
    実家には50代の両親(父は会社員、母は専業主婦)がおり、二人の弟もそれぞれ他県で一人暮らしをしています。

    家を出た最初の頃は、家が恋しくて恋しくて家族に頻繁に電話をしたり、実家に帰ったりしていました。ところがそんな気持ちは年々薄れていきました。

    最近利き腕を負傷したため、両親を頼って2週間帰省することになりました。
    しかし実家の家の中に入ってもリラックスできません。
    この家で子供時代を過ごしたにも関わらず、ホッとする感じがなく、自分ちじゃない感覚がするのです。

    家事などは、実家ですから両親のルールがあります。そのルールに従うために我慢を重ね、日々の日常生活も苦痛になっていきます。子供時代は親のルールが社会のルール、という認識があったので苦ではありませんでした。

    一人暮らしを始めたことで、私には私のマイルールができました。
    自分の家は私がもっとも居心地が良いようカスタマイズしてあります。
    だからでしょうか。実家に帰ってふと、「自分の家に帰りたい」と思ったのです。

    両親と私と弟たちの5人は「前の家族」、私と愛犬で「今の家族」という感じです。過去のグループから脱退して、新しいグループで生きている、そんなイメージです。

    もちろん前の家族も大事な人たちであることには変わりはありません。
    けれど、この数年でこれほど私の中の認識が変化したことに、戸惑いと、自立できているという喜びと、漠然とした寂しさを覚えます。

    これからは実家への帰省は年1回にして、ストレスにならない電話でコミュニケーションをとっていくことにしています。

    共感してくださる方がいたら一言メッセージ頂けると嬉しいです。

    トピ内ID:1872014735

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 21 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 134 エール
    • 14 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
    並び順:古い順

    それでいいと思います

    しおりをつける
    🙂
    BJ
    私は実家大好き、実家の家族大好き人間でした。結婚して家を出てからも。結婚した自分の家庭より、実家の母のことばかり心配したり。

    でも結婚して十年以上たち、今は自分の家が一番です。主人が出張の時は以前は必ず実家にすっ飛んで泊まっていましたか、今は自分の家でゆっくり過ごしたいので絶対に泊まりません(笑)

    トピ主さんは早く自立されてすごいなと思いますよ。
    それでも実家は大事は大事ですが、女性は今自分が住んでいる場所が自分の城になっていくものだと思います。

    トピ内ID:0520507345

    閉じる× 閉じる×

    わかります

    しおりをつける
    🙂
    わかる
    私は大学進学と共に上京して一人暮らしをはじめ、最初の一ヶ月は実家が恋しくて毎日泣いて暮らしてました。
    でもそのあとはケロリとして一人で楽しく暮らしてました。
    それでも実家は居心地のいい場所で長期休みは必ず帰ってましたが、結婚して家族を持つと変わりました。
    両親と話が通じないと感じることが増えました。今まで出会った中で一番価値観が合うと思った人と結婚したのだから、当然なのですが。
    人間は自分が宛てがわれたものより、自分が選んだものを大切に思うものなんだなと。
    トピ主さんと同じく漠然とした寂しさは感じますが、それが自立なんですよね。

    トピ内ID:4368506053

    閉じる× 閉じる×

    力関係

    しおりをつける
    🐶
    今、やっと自由!
    私の親は厳しく親の意見は絶対!という感性の持ち主です。進路も習い事も結婚相手も全て親の顔色を伺って生きてきたので、家にいても疲れます。
    里帰り出産をしても、入院後お世話になっても、小言を言ってきます。

    昔と同じルールがあり、年寄り、両親を敬え、大きな声で挨拶、父の前では関西弁を話すな(関西人なのに!)
    必ず、洗濯や掃除、料理などの手伝いをしろ、女性らしい恰好をしろ、
    洗面台、トイレは親優先、ソファや和室、リビングの一番良い席は祖父に譲ること。
    だらしなく床に寝そべってはいけない、髪やホコリが少しでもあるとNG。ゲームは30分以内、ドラマも30分以内(ストーリーが分からなくなる!涙)
    窓や水道の蛇口、鏡は決して曇らせてはいけない。庭には花を植え毎日水やりをしろ。
    赤ちゃん連れで帰省しても子育てをさせるな!シッターではないので自分でオシメとミルク。夜泣きで醒ましてくれるな!(ただし機嫌が良い時は遊んであげるね)
    夕飯時の準備は手伝いなさい。と、かなーり厳しいです。
    ですから独り立ちしたら(結婚したら)天国でした。
    誰も小言を言わない、好きなように、好きな時間に、家事をできる。寛げる。
    上から目線でガミガミ言う親がいない空間…!最高ですよ。

    きっとトピ主さんのご両親はここまで厳しくないので、実家で寛げないことはないと思いますが、そんなもんです。

    ご両親への感謝を忘れずに「自分のお城」で幸福を満喫して下さい。

    パンダだって自立したら親とは接触しないように生きていくのですから。親に依存しないで自立できているのは
    立派に巣立った証です。

    トピ内ID:1704943402

    閉じる× 閉じる×

    自己完結と責任のありかの変化

    しおりをつける
    😨
    きうり
    自立するって、精神的にも物理的にも自己完結するってことなんですよね。
    「親に責任を持って貰う立場」から「自分で自分の責任を取る立場」へ、そして一人暮らし先で犬を飼うようになったことで「新しい家族(犬)の責任を取る立場」にシフトチェンジしたってことでしょう。

    世の中には結婚して子供を持つような年齢になっても、実家に帰ると即座に「子供」に返ってしまって、幼児のように親にべったり甘えて、ソファにごろりと転がったまま上げ膳据え膳で箸も動かさないような態度になる人が結構いますからね。(周囲に自分の妻や夫や子供がいても、実家に兄弟の婿や嫁がいても、お構いなしに)
    実家が「居心地悪い」「自分の家ではない気分」とか「お客様のような気持ち」になるとしたら、それはやはりトピ主さんが心身共に自立した証なんだと思いますよ。

    その感覚はむしろ大事にした方が良いと思いますよ。
    例えトピ主さんが「実家の子供」だった頃のように親にべたべた甘えてくつろぐことが出来なくても、全く他人になるわけでなし。別個の家庭だと思った方が上手くいくことが多いと思います。

    トピ内ID:4045994230

    閉じる× 閉じる×

    すごくお気持ちわかります

    しおりをつける
    🙂
    こめ
    私にとってタイムリーなトピだったので
    コメントさせていただきます。
    私の場合は一人息子と帰省中です。
    居心地の良さと悪さ、同じくらいあります。

    そうそう、昔は親のルールが社会のルールでしたよね。
    的確に表現してくださり感謝です。
    でも、自分のルールができたり
    外の世界のルールを新しく知ったことによって
    親のルールの中にも誤りがあることを知りましたよね。
    私はその事実に戸惑いました。
    親が絶対正しいと思っていたのに
    そうじゃないと分かったときの気持ちは
    怒りや喪失感や寂しさ、色んなものがありました。

    ただ、だからいつか別れのときが来たときに
    自分のルールがあって、自分の家族がいるから
    きちんと親とお別れできるんだと思います。

    だから今は、本当の意味で親離れをしなくてはと思っています。
    近い将来いなくなるこの人たちと
    後悔の無いよう過ごそうと。
    年1の帰省に電話連絡、とってもいいと思います。
    私も真似しようかな。

    トピ内ID:9236086532

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です(1)

    しおりをつける
    blank
    AEcc
    皆様コメントありがとうございます!


    >早く自立していて凄い。
    >実家が「居心地悪い」「自分の家ではない気分」とか「お客様のような気持ち」になるとしたら、それはやはりトピ主さんが心身共に自立した証。

    こんな言葉は言われたことがなかったので「そうか、悪いことじゃないんだ」と思えて気持ちが救われました。
    きうりさんの「その感覚はむしろ大事にした方が良い」は本当に凄く嬉しいです。ありがとうございます。

    どちらかというと「もっと甘えちゃえばいいのに」と言われることが多かったです。実家にいれば光熱費がうくし、ご飯もタダで食べられるし、なんなら軽くおこづかいが貰えるかも等々。


    >自立するって、精神的にも物理的にも自己完結するってこと
    >一人暮らし先で犬を飼うようになったことで「新しい家族(犬)の責任を取る立場」にシフトチェンジした

    すとんと納得がいきました。そう、今私は「自己完結」しているんです。
    それから犬を家族に迎えたことは、私に多大なる影響をもたらしたなと思いました。

    続きます。

    トピ内ID:1872014735

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    トピ主です(2)

    しおりをつける
    blank
    AEcc
    私はどちらかというと自由奔放な性格です。
    独身一人暮らし、誰かに迷惑をかけなければ何をやってもいいという考え方で、やりたいことをなんでもやってきました。
    仕事が合わなければ転職し、住んでるところに飽きたら引越しました。
    おかげでアラサーなのに貯金はないけれど、いつ死んでも悔いはないように生きてきました。

    だから家庭を持つ、子供を持ちたいという人たちは、なぜみずから自由を放棄するのだろう、お金も時間も放棄して、デメリットしかない人生を選ぶのだろうと本気で思っていました。

    それはペットも然りで、もともと私が飼っていた犬ではありませんでした。
    事情があり私が引き取らざるをえず、何の前準備もなく急遽ふたり暮らしがスタートしてしまったのです。

    それが今や私の価値観は180度変わりました。犬を飼う前の私が今の私を見たら驚愕すると思います。愛犬は育てやすいタイプの犬ではないので、泣きながら世話をすることもありますが、人生を捧げてもいいと思えるほど愛しています。
    犬の寿命は15年程ですので、この15年間を本当に大事に生きよう。堅実にお金を貯めて、健康に気を付けよう。この子を看取るまでは絶対に死ねない、と。

    以前より自由はなくなり、お金も時間もなくなりましたが人生は充実しています。子供を持ちたい方の気持ちが今ならとても理解できます。

    おそらく、最初はそんなつもりはなかったのだけど私は初めて「自分の」家族ができたのではないかと思いました。「養われる立場」の家族しか知らなかったけれど、初めて「養い守る立場」の家族を知った。そんな風に感じるのです。

    だから実家が少し遠くなったのかもしれません。

    皆さんのコメントが気づかせてくれました。
    共感しますと言ってくださって救われました。

    誠に誠に、ありがとうございました。

    トピ内ID:1872014735

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0