詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫が退職したいと

    お気に入り追加
    レス27
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    りか
    話題
    結婚10年、夫38歳、妻36歳。子供はいません。
    私は妻の立場です。

    現在、夫は大手企業に勤めており、ありがたいことに収入は1000万を超えています。
    労働時間も朝8時から夕方18時頃までと私からみると働きやすい環境に見えますが、仕事にやりがいを感じることができないようで、先日退職したいと相談がありました。
    自分の興味があることを自営業で始めたいそうです。(今までとは全く違う分野)
    収入見込みは200万程度。

    一方、私も自営業で働いております。
    年収にはバラつきがありますが180~300万程度です。
    今までは夫の収入がありましたので、あまり収入は気にせずに仕事をしていました。
    家事は全て私が担当し、無理のない範囲での在宅ワークです。
    仕事自体にはやりがいを感じています。

    今回、夫から相談を受け、一度しかない人生なので後悔はしてほしくないため、応援したいと思っています。
    幸い家は持ち家(ローン完済)、貯金は2000万程あります。
    親からの支援や相続はありません。
    年間支出は300万あれば大丈夫だと思うので赤字にはならないと思いますが、夫婦二人ともが自営業になると今まで思ってもみなかっただけに不安も大きく・・・
    コロナの影響を受け二人とも収入が激減する可能性や、病気になった時のリスク、地震で家を失うリスク等、考えると眠れなくなってしまいました。

    ひとまず私の収入を安定させることが大事だと思っていますが、夫婦二人が自営業になった場合、想定しておいた方がいいリスクや、アドバイス等頂けると幸いです。
    ちょっと背中を押してほしい気持ちもあります。

    よろしくお願い致します。

    トピ内ID:0385369242

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 13 面白い
    • 184 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 62 エール
    • 10 なるほど

    レス

    レス数27

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    その理由では賛成できない。

    しおりをつける
    🐱
    neko
    それは仕事を辞めないと出来ない事なんでしょうか?

    人と言うのはどうしても対価で換算しがちです。『仕事にやりがいを感じることができない』と言っても、ではやりがいがあると思われる仕事に今までの収入の何分の一かでも満足できるかというと違うものなんですよ。やりがいがあると思っていたけどこれだけしかないのかぁ…、何かやる気が起きないなぁと虚しくなる人が殆どだと思います。

    凄く過酷でボロボロになりながら高収入を得ていたから、何分の一かでもいいからゆったりと仕事がしたいとかなら分かりますが、『仕事にやりがいを感じることができない』と言うのは余りにも曖昧で自主性がないからです。

    本来仕事がやりがいを与えてくれる訳ではなく、自分がその仕事からやりがいを探すべきだからです。

    同じだけ、もしくはそれ以上働いても1/5程度の収入が得られない。これでこの先20年以上のモチベーションが保てるぐらいその仕事に興味があるのか?甚だ疑問だとはおもわれませんか?

    もしかしたら凄く過酷でボロボロになりながらになるかもしれません、それでも1/5程度の収入が得られないのですよ?時給5000円貰っていた人が時給1000円になるようなもの。その時感じる虚しさはちゃんと考慮済みなんでしょうか?

    『親からの支援や相続はありません』なら、取りあえずはもう少し様子を見て預金額を増やしましょう。5年様子を見れば後3千万以上は貯める事が出来ると思います。自営業に手を出すとしたらそれからでも遅くない。

    これからの日々、収入が減る現実を噛みしめながら5年経ち、それでもやりたいなら背中を押して差し上げたらいかがでしょうか?その時には預金は5000万円超えていると思います。

    トピ内ID:4294488834

    閉じる× 閉じる×

    リスクというか

    しおりをつける
    🐤
    応援します
    私も主人にはやりたいことをやって欲しいので、応援したい気持ちはわかります。

    心配な点ですが、

    >年間支出は300万あれば大丈夫だと思うので赤字にはならないと思いますが、

    これの根拠はなんでしょう?

    結婚当初から今と同じ収入では無いと思いますが、世帯収入からかんがえると、夫婦のみ10年で2000万の貯金との事ですので、今よりも生活水準を確実に下げることにはなりますよね。
    その辺りがまず不安材料では無いでしょうか?

    若くして住宅ローンの完済をされているのでその分使ったとは予想はできますが、支出300万に加えて貯蓄も必要にりますよね?
    解っているとは思いますが、
    >持ち家(ローン完済)
    であっても修繕のための積立てや固定資産税などは必要になってきます。
    車があれば車の買い換えなど、先を見越した貯蓄は最低限必要になりませんか?

    そして、まだ30代とお若いので、どちらかが働けなくなった時の収入保障はあった方が良いかもしれません。
    嫌な話、ぽっくり亡くなれば別ですが、生き延びたとき介護が必要になり、お二人が今までと同じように働けなくなるリスクはあります。
    これは会社員でも同じですが、貯金を蓄えられるか蓄えられないかで準備が必要だと思います。

    後は年金部分が大きく変わると思います。
    国民年金は満額でも月60000程です。
    そこから国保、介護保険が引かれますので、手元に来るのはさらに減ります。
    まだお若いため厚生年金の上乗せ分は少ないと思います。(年金定期便でも確認できると思います)
    その辺りのリスクでしょうか。

    >収入見込みは200万程度。
    >年収にはバラつきがありますが180~300万程度です。
    この最低の年収380(今さらですが手取りでしょうか?)でどうやりくりするか、お二人でしっかりと話し合えるなら乗り越えられると思います。

    頑張って下さい。

    トピ内ID:8301260016

    閉じる× 閉じる×

    とぴ主を見てたから

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    多分、
    収入が低くても好きなことをしているとぴ主を見ていて、
    自分も同じようにしたいと思ったのでしょうね

    男性は家族のために稼がなければならない
    という決まりはないですしね

    どういう職種なのかがわからず
    自営業だけでは何もわかりません


    二人で話し合うしかないと思います

    トピ内ID:4524044143

    閉じる× 閉じる×

    やりたいように!

    しおりをつける
    🙂
    わださん
    まだ若いし、やり直しがいつでもできます。
    やってみたらいいと思います。
    来年の税金だけ厳しいと思いますが…

    頑張って

    トピ内ID:0045441361

    閉じる× 閉じる×

    事業計画書は見せてもらいましたか?

    しおりをつける
    >収入見込みは200万程度。

    こんにちは、個人事業主してます。
    旦那さんは大手企業に勤めているという事で、お尋ねします。

    トピ主さん自身は旦那さんに当然、向こう3年間くらいの事業計画書は見せてもらってますよね。

    ・初期投資金額
    ・月のランニングコスト
    ・月と年間の収支予想
    ・申告は白か青か?

    他にもありますが、まさか口頭でどんぶり勘定の収支見込みが200万円とか言ってないですよね。もし2000万円の貯金が頭の隅にあれば、計画はすぐに頓挫すると思いますよ。
    バブルの頃から、安易に起業や独立して失敗した人たちを沢山、沢山見てきました。

    トピ内ID:5878023084

    閉じる× 閉じる×

    それは応援できない

    しおりをつける
    blank
    神無月
    自営業で500万円は儲かるように頑張るなら応援します。
    家のことがメインのパート的な自営業ならともかく
    そうでない人が200万円しか稼げないならそれは自営業とは呼べません。
    半分趣味というレベルです。
    自分一人の生活すら厳しいワーキングプアレベルの収入なうえに
    フルタイムでバイトをすれば稼げる程度なので。

    しかも収入ということはここに経費が乗ってくるんですよね?
    生活費として使える金額がいくらか分かっていますか?

    仮に今年の年末で退職したとして
    来年の国保と住民税の金額がいくらになるか計算してます?
    収入見込みの200万円はいつ入ってくるか分からないので
    来年はトピ主さんの180万円で生活しないといけないかもしれないのに
    住民税だけで60万円超。
    国保で70万円超に国民年金二人分で40万円。
    減免対象かもしれませんが、本来負担する金額です。
    つまりトピ主さんの収入が納税関係で吹っ飛ぶ可能性あるわけです。
    自営業始めると収入0でも失業してませんので失業保険ありません。

    テレビなどではそういう収入は低いけど夫婦で節約しながら幸せだとする
    紹介もありますが、
    持ち家ってことはどこかで100万円単位の修繕があります。
    年間支出300万円は各ご家庭で違うので分かりませんが家賃ないので不可能ではありません。
    が、夫の年収が1000万円だったのであればそれなりの生活をしてこられたのではないでしょうか。
    となると一気に下げられる人は少数です。
    少なくとも来年1年間で300万円の生活ができるか試してからスタートされてはどうでしょうか。

    トピ内ID:0344149471

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫

    しおりをつける
    🙂
    ふわり

    「応援したいと思います」

    りかさんのこの一言につきるのではないでしょうか。

    どんな大企業であっても、倒産したり早期退職対象やリストラ、またこの先心身ともに健康で勤めあげれる保障はないのですから。

    かと言って、時期尚早の不安もわかります。

    今までもお二人で歩んでこられたのですから、話し合いや準備に十分な時間を掛けて下さい。

    トピ内ID:9819967629

    閉じる× 閉じる×

    一度は、皆やりたがる

    しおりをつける
    🎂
    う~む
    それだけ自営業って良く見えるんだと思うね
    おそらく稼ぐ金額よりも、気楽さが優先しているように見えますね
    年収にこだわらなければ、ご自由にどうぞと言いたい
    しかし、年収1000万円の人が実にもったいないと思うけどなぁ

    トピ内ID:1195471046

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    りか
    みなさま、お返事を下さりありがとうございます。
    厳しいご意見やアドバイスありがたく拝読しました。

    匿名さまの予想されたことが、まさに、という感じです。

    夫は将来持つ家族のために、収入の安定した企業に入社し頑張ってきたようです。
    しかし10年経っても子供ができず、その目標を失ってしまったのかもしれません。
    (病院で調べたところ、妊娠の可能性は0ではないが少ないことがわかりました)

    また、コロナの影響により夫の在宅ワークが増え、私と一緒に過ごす時間が増えました。
    隣で自由に家事や仕事をしている私を見て、自分もそんな風に生活したい、と思ったのだと思います。

    私自身が自由に生活しているのに、夫には企業で働き続けてほしい、とは言えないのです。
    できれば、夫を応援したいと思っています。
    続きます

    トピ内ID:0385369242

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    トピ主です2

    しおりをつける
    🙂
    りか
    nekoさま
    アドバイスありがとうございます。
    夫の仕事ですが、労働時間は過酷ではないのですが、仕事で扱う金額が大きいためミスができないという精神的プレッシャーは大きいようです。
    肉体的というより精神的に楽になりたいのだと思います。
    また、今から数年間350万の予算で過ごすことを実践し、本当に生活水準を落とせるのか、予算内で収まるのか確認してみること。
    その間、貯蓄額を増やす努力をすることを、夫に提案してみます。

    応援しますさま
    アドバイスありがとうございます。
    そうですよね、車や家電の買い替えや家の修繕費も重なってしまえば、かなりの出費になりますね。
    また国民年金のこと、国保・介護保険のことも具体的に教えて頂きありがとうございます。
    この辺りが不安な点だったので、アドバイスありがたく思います。後で、じっくり調べてみます。
    また、最低380万の年収については、手取りです。
    (夫の現在の年収は額面です)

    匿名さま
    まさに、おっしゃる通りなので、夫の話を良く聞いてみます。

    わださんさま
    応援ありがとうございます!

    ユさま
    ご指摘ありがとうございます。
    実は事業計画はなく、どんぶり勘定です。
    そしてお恥ずかしいことに、私も夫も貯金が頭の片隅にありました。
    身バレ防止のため職種は伏せますが、初期投資が100万程度かかりますが、ランニングコストはほとんどかかりません。
    収入が0になったとしても赤字はない職種です。(夫婦共)
    ただ、生活費はかかりますので、貯金のことは無いと思って事業計画詰めてみたいと思います。

    トピ内ID:0385369242

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    大企業勤務、年収1千万円超、の持つ意味

    しおりをつける
    blank
    自営業の難しさ
    おわかりでしょうか。大企業正社員は大変大きな意味のあることなのです。年収に加えて、厚生年金は会社が半分負担しているし、健康保険組合もあり、保険料も恵まれ、さらに各種民間保険料もグループ加入割引もある。さらには退職金(最近はなくて普段の収入に上乗せのところもありますが)制度、定年延長における優遇、など、おそらくあなた方が想像できていない大きなメリットがあります。

    我が家はすでにその大企業を長年にわたって勤め上げ、さらには延長でずっと正社員で高額の給料をもらってきたものです。そのメリットは大きく、厚生年金の金額も大きいです。退職後もいろいろな特典もあります。あなた方が老後を迎えるときには事情は変わっているかもしれませんが、今、38歳という、実に半端な時にやめてしまうのは、

    >今回、夫から相談を受け、一度しかない人生なので後悔はしてほしくないため、

    が、「あのときなんで反対しなかったのか」になる可能性が大きいと思います。ご主人と同じ年くらいに夫の同僚が企業をやめて会社を興しましたが、1年しないうちに夫にさえ援助を頼んできました。もう一人は、奥さんの実家の会社を継ぎましたがうまくいかずに子会社に復帰。しかし、もう、大企業正社員としての扱いはありませんでした。

    1千万を実質収入として自営で稼ぐのは至難の業です。今まで気にしなかった社会保険料の自己負担の大きさと、老後資金の確保の難しさを知るでしょう。1千万を捨てるのは惜しいですよ。

    トピ内ID:4023532731

    閉じる× 閉じる×

    現時点で

    しおりをつける
    🐱
    アイルー
    年間300万の生活なんですか?
    生活レベルを落とすのってストレス溜まりますよ。
    特に稼いでいたご主人はそれに耐えられるのかな?

    自営業も今始めなければならないような事ですか?
    仕事も激務では無いようですし、
    定年後で十分な気がしますが。
    自営が激務で薄給でもやりがいを感じて頑張れるのかな?
    1000万以上稼いでいた人が、
    200万の為に身を粉にして働けるとも思えないんだけど。

    2000万では老後の資金には足りていませんし、
    せめて老後の資金が貯まってからでも遅くは無いのでは?
    赤字にはならなくても貯金は出来ないですよね?
    それに家のローンは完済していたとしても、維持費は掛かりますし。
    あなたの仕事は収入を気にすればもっと稼げるのでしょうか?
    そしてご主人は家事にも協力する気があるのでしょうか?
    ちょっと話し合い不足だなという印象です。
    リスクも夫婦でまず話し合うべきでは無いのでしょうか?
    リスクを考えたらキリがないので、あまり深く考えると
    何も出来なくなってしまうと思いますよ。

    トピ内ID:3246305575

    閉じる× 閉じる×

    ざっくりですが

    しおりをつける
    🐤
    応援しています
    レスを読みました

    少し年金について調べてみました。
    29年の時点で、国民の基礎年金満額で779,300円のようです。
    これを12ヶ月で割ると64900円(端数切り捨てました。)
    ここに会社員であれば厚生年金の上乗せ分が貰えます。
    年収額面1000万で定年まで満額納めた場合、上乗せが29年度の計算だと120000程ありました。
    ざっくり今は月合計19万ほど貰えるようです。
    当然ですが、この年収が300万、500万と下がっていけば厚生年金であっても上乗せ分が減りますので12万、16万と下がります。

    私たちが貰う頃には減るかもしれませんが、ここが会社員であるメリットだなと感じます。

    余談ですが、主様が会社員であった期間が5~10年ほどあれば、年金生活になったときの介護保険料分ほどは上乗せで貰えると思います。
    ずっと自営業だとこの分がないので個人年金や老後の貯金をしっかりしておく必要がありますね。

    ついでに65歳からの介護保険料ですが、こちらも年収(受け取っている年金額)でかわりますが、1番収入が低い等級だと月約2500円。
    お二人が自営業で今と同じくらいの収入があると12000円ほどになりますよ。

    後はお子様の事に触れていましたが、それを思うとちょっと怖いのが転職後に子供が出来たときでしょうか?
    うちは子供が産まれたとき収入保障保険に入って貰いました。
    主人30の時で、もし万が一働けない、亡くなった時子供が22までの毎月15万受け取れる内容です。
    これは、私が働けないじょうきょであっても遺族年金と合わせれば子供にそれなりの生活水準を維持できるようにと。
    掛け捨てで月額5000円ほどかかりますが、産まれた直後だと4000万程の補償額でした。

    少し長くなってしまいましたが参考までに。

    トピ内ID:8301260016

    閉じる× 閉じる×

    反対します

    しおりをつける
    🐶
    ビネガー
    退職したいのは逃げですよね。逃げてもいいとはよく言いますが、楽したいから逃げて起業が上手くいった方を見たことありません。事業計画書を作成して先ずは妻を説得するのが先です。

    本当に夫がやりたい事なら年収が低くなろうと応援します。でもトピ主さんの旦那さんには自分が妻なら反対します。

    提案として辞める前に副業して道筋を作ってから許可します。それともう一つ確認して頂きたいのは会社で何か嫌な事でもあったのか、先ず話しを聞きます。

    トピ内ID:2903104513

    閉じる× 閉じる×

    あと10年頑張ってもらえないか

    しおりをつける
    🙂
    踏んだり蹴ったり
    退職金は勤続20年か25年以上からでないと満額受け取れないのでは?また厚生年金も25年以上ですよね。退職金と厚生年金があるとないとでは全然違いますよ。退職金と厚生年金は人生100年時代の最低保障です。
    旦那さんには今少し現実的な対応をお願いできないものでしょうか。

    トピ内ID:3921388405

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      自営業の年収について

      しおりをつける
      blank
      自営業の難しさ
      二度目です。あなたは自営業で年収180~300万程度の収入があるとお書きですが、その収入は諸経費を引いたものでしょうか。単なる収入と所得金額は違いますよね。ご自分で社会保険料を払い、諸経費を引いてその所得ならたいしたものだと思いますが。
      また、ご主人の見込み収入も、単に総収入ならそれからたくさんの経費を払っていかなくてはなりません。実際の所得はいくらになりそうでしょうか。また、ふつう自営業は体をこわすとたちまち収入がなくなる場合も多いので、その点も有給休暇などある会社員とは違います。

      それらを見越し、分かったうえであえて挑戦なさいますか?仮にまた元のサラリーマンに戻りたいと思っても、年齢的にもきわめて厳しくなることも考慮されたらよいと思います。

      トピ内ID:4023532731

      閉じる× 閉じる×

      いいと思う

      しおりをつける
      blank
      もこ
      初期投資、ラーニングコストともに小さいようですし、お子さんもおられない身軽なご夫婦ですから、特に問題はないように思います。
      もちろん年収1000万のほうが魅力ですが、QOLも同時に重要です。
      しっかり貯金できていることから、堅実な生活をされているのでは?
      私には不安要素が見えないのだけど。

      私は夫婦で資本金100万円の小さな会社を経営していますが、無借金経営&個人の貯金2000万越えであっても、周囲は反対しました。
      そういうもんです。
      条件を見てすばらしいとほめてくれたのは税理士さんだけ。
      知り合いの経営者さんは様々ですが、QOLを重視して、自分らしくのんびり働いておられる方も複数おられます。

      ただ、個人事業主になっても数字との格闘は続きます。今と同じく、責任は大変重いです。
      「今はプレッシャーが重い。個人事業主になったら気楽なはず」との思惑であるなら、失望することになると思いますよ。

      トピ内ID:2893300217

      閉じる× 閉じる×

      私なら、、、

      しおりをつける
      😀
      キリコ
      基本的に考え方が違うので、何とも言えませんが、私は男だから家族を養う為に、やりたい事ができないというのも嫌だし、女だから、子供を産むから、思うように仕事が続けられない、、、というのも嫌でした。

      だから、結婚当時から、三年毎に大黒柱を交代することに決めています。

      三年は一方が一家を養い、その後の三年は、自分の仕事を継続しても、辞めても良い。しかし、三年後は、必ず自分が受け持つ、、、という結構過酷な決まりです。これは私の提案で、夫もそれを受け入れてくれました。

      家事は時間のある方が進んでやる。育児は人を雇ってでも、乗り越える。

      従って、トピ主の夫の気持ちはとても良くわかります。しかし、我が家の場合は。三年後に課せられる自分の責任の為には、そう好き勝手はできません。

      私は、大黒柱でなかった間を利用して、子供を持ちましたし、夫は、自由の期間に自分で事業を起しました。

      今や、お互いに定年間近になっているので、矢鱈と転職するのも馬鹿馬鹿しく、私は、二度の転職を経て役員に収まり、彼の企業は、定年後の楽しみとして地味に継続しつつ、同業の大きな企業に勤めています。

      私だったら期限付きでやってみれば、と言いますね。トピ主宅にはお子さんが居られないので、それくらいの贅沢はして構わないと思います。

      我が家の私的な制度は、キツいですが、お互いに転職毎に収入は上げてきたし、一方の収入だけで、十分暮らして行ける状態でした。

      トピ主も、夫の給料ありきの生活ではなく、ご自分の収入を上げる、という姿勢が必要なのでは無いかな?

      トピ内ID:8129602397

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です3

      しおりをつける
      🙂
      りか
      神無月さま
      アドバイスありがとうございます。
      まさに趣味の延長のような感じで生活できる分ギリギリを稼ぎ、なるべくのんびり暮らしたいようです。
      もしその生活が可能なのであれば、私はそれでも構わないのですが
      実際いくら貯金がありいくら年収があればギリギリ生活できるのか、見当がつかなくて。
      まずは、この1年最低限のお金で過ごして様子を見ることにします。

      ふわりさま
      応援ありがとうございます。
      私も数日だって落ち着いてきました。
      夫とよく相談してみます。

      う~むさま
      ご意見ありがとうございます。
      そうなんです、隣の芝生は青い、ということも考えられます。

      自営業の難しささま
      アドバイスありがとうございます。
      私も夫も正直、そこまでの恩恵があることを実感できていないのだと思います。
      大企業のメリット、もう一度確認してみます。
      そして、それを捨ててでも本当にやりたいことなのか、
      きちんと天秤にかけて話し合っててみようと思います。

      アイルーさま
      アドバイスありがとうございます。
      ・現時点で年間300万の生活なんですか?
      →お恥ずかしいことに家計簿を今までつけていなかったので年間いくら使っているのかわかりません。
      給料と貯蓄額から計算するとこの3年間は400万程使っていそうです。
      外食や旅行等は控えることになりそうです。

      ・自営業も今始めなければならないような事ですか?
      今でなくても良いのですが、40代だとまだ若いし何でもできるけども
      50・60代になるとだんだん体力気力がなくなり
      新しいことにチャレンジできないのではないか、と不安に思っています。

      ・2000万では老後の資金には足りていませんし、
      せめて老後の資金が貯まってからでも遅くは無いのでは?
      やはり2000万では厳しいですか・・・
      いくら貯蓄があれば老後は足りるのでしょう。
      私たちが60・70歳になる頃が不安です。

      トピ内ID:0385369242

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(3件)全て見る

      あなた自身も考えましょう

      しおりをつける
      🙂
      ラフランス
      1千万円以上稼いでいた人が、それをなくして満足できるのかしら。
      私がそれより若干す少ないのですが、その生活は考えられないです。
      まずは想定年収で暮らしてみましょう。

      自営業では、年金分を貯める必要がありますね。
      今、辞められると年金も見込めませんから、2千万円では到底無理です。その辺の試算も必要ですね。

      あなたが応援してあげたいと思うなら、あなたの収入も上げることが必要かと思います。
      試算できる限りのことをして、お二人で考えてみられてはいかがだしょう。想定外の生活でも、後戻りできませんから。

      トピ内ID:8054460754

      閉じる× 閉じる×

      虚しくなる年齢

      しおりをつける
      🙂
      南華
      男の40歳前後は、ふと日常の色々なことに虚しさを覚える年齢なのです。

      この年齢になると、多かれ少なかれ、誰でも似たような気分に囚われるものです。

      男の厄年が40歳から42歳(数え歳)なのも、ある程度は根拠があるわけです。

      この時期を無事に乗り越えれば、後はさほど心配要りません。

      今の夫さんはそういう時期に差し掛かっているように思われます。

      気分に任せて、無謀な(と思える)決断はしない方が賢明かと思いますよ。

      トピ内ID:3042973189

      閉じる× 閉じる×

      まずは年金事務所に行ってシミュレーションしてもらいなさい

      しおりをつける
      🙂
      まだ現役世代
      複数の想定ケースに対する将来の月額年金額を算定してもらいなさい。
      老後働けなくなったときに、その乏しい年金額で
      過ごせるのかどうかを調べなさい。

      遠い将来、死別して一人になった時の、約半額となった乏しい年収で
      一人で生活維持することができるかどうかを調べなさい。

      > コロナの影響により夫の在宅ワークが増え、私と一緒に過ごす時間が増えました。
      > 隣で自由に家事や仕事をしている私を見て、自分もそんな風に生活したい、
      > と思ったのだと思います。
      > 私自身が自由に生活しているのに、夫には企業で働き続けてほしい、
      > とは言えないのです。
      > できれば、夫を応援したいと思っています。

      それは違うよ。
      論点の本質をはき違えています。

      専業主婦に例えて、説明します。
      専業主婦は、ご主人がある一定以上の年収がある人だけが享受できる特権です。
      ただし、ご主人が年金受給できる年齢に達するまで
      現役で働き続けることが前提条件です。

      しかし、もし、コロナの影響でご主人の在宅ワークが増え、
      専業主婦と一緒に過ごす時間が増えたと仮定して。
      隣で自由に家事や趣味をしている専業主婦を見て、
      自分もそんな風に生活したい、と思ったと仮定して。
      専業主婦自身が自由に生活しているのに、夫には企業で働き続けてほしい、
      とは言えないのです。
      できれば、夫を応援したいと思っています。

      と言えますか?
      トピ主さん夫婦が考えていることは、本質は同じことです。

      トピ主さんには中途半端な自営年収があるから、
      少し違って見えるかもしれないが、
      しかし、ご主人の新しい事業とやらの年収見込み額も中途半端なので、
      合算した年収もリスキーなほどに中途半端。
      上記の専業主婦の喩えと本質は同じす。

      中途半端な額ではない、もう少ししっかりした年収見込みのある
      自営事業計画を立ててから、そのような夢を見てください。

      トピ内ID:2972999679

      閉じる× 閉じる×

      いきなり退職ではなく

      しおりをつける
      🙂
      Will
      現在のお仕事を続けたまま、週末や時間の空いたときに起業されては?
      それを1年続けて客が付いてくれて、収入もまずまずで、生活を維持出来て、やりがいもあるのなら、会社は退職したらいいと思います。ダメでも、元に戻るだけですみます。
      大手企業なら、社員の副業や起業を支援するプログラムがあったりしませんか?

      トピ内ID:3977773315

      閉じる× 閉じる×

      大手企業で手厚く保護されているという

      しおりをつける
      blank
      主婦24時
      実感がないお二人なのかなと思います。

      自営とありますが全くの個人経営にしたいのか、会社組織にするのかその辺どうなんでしょうか。

      個人だと自分の体が資本ですから病気やケガをした場合を考えて相応の備えをしていないとあっという間に傾きますよ。
      労働者として守られているのがあたりまえになっていて、そのありがたみがあまり判っておられない気がします。

      個人事業主と会社員とで得られるメリットとデメリットをよく調べて現実を直視なさったうえで決められたら如何ですか。

      夫さんの年齢ぐらいにそういう迷いが出る人多いです。
      もう一つの別な人生があった、あるはずって心がよろめくんでしょう。
      若いとき社会に出る分かれ道で選ばなかった別の道。その先を歩いてみたくなる年齢なんでしょうね。

      トピ主さんも夫さんの庇護下で収入を得ておられた今までとは違ってくるので経営者としてきっちり数字を把握しないと難しいですよ。

      トピ内ID:3260679542

      閉じる× 閉じる×

      自営業とは?

      しおりをつける
      🙂
      jinrock
      それぞれの人生の問題なのですから、ご夫婦でよく話し合って納得するのであれば、他人がとやかく言うものではありません。

      確かに大企業勤務で収入がある程度見込めても、不満がつのれば「もっと気楽に生きたい」と思うこともあるでしょう。

      自営業では、売り上げ仕入れや経費などの帳簿の管理や、諸税の申告納税などの事務手続きを自分たちでしなければなりません。まさか経理はどんぶり勘定、税金は知らん顔を決め込むつもりではないでしょう。

      今奥様が「自営業」で経理や納税等の処理がきちんとできているのであれば、ご主人の「自営業」の事務処理についてもある程度の目安がつくでしょうが、基本的にご主人の会社がやってくれている手続き等をすべてお二人だけで受け持つことになります。
      外注すればその経費は馬鹿にはなりません。

      老後の年金もよくよく考えるべきです。国民年金はそれぞれ納めなければなりません。そして皆様が指摘するように支払われる年金額は、会社の支払いが法律で定められている厚生年金等に比べてかなり低くなります。
      持ち家があっても、いずれ改修費用が必要になるので積み立てておく必要があります。

      単純に「自営業」を考えるのではなく、お二人で会社を設立することも視野に入れてはいかがでしょうか。

      安易に目先の生活費で考えるよりも、もう少し長い目で見たほうが良いと思うのですが。

      トピ内ID:0169007067

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        夫婦共に自営です

        しおりをつける
        blank
        きぬがさどん
        自営で経営や起業コンサルタントをやっています。正直な所企業に勤めながら得られる平均年収を余裕で稼げるくらいじゃないと自営はメリットがないと考えています。それでも起業したい人にするアドバイスの一例を載せます。

        ・会社を辞める前に起業準備を始め仕事を回してみる→激務じゃなければ可能です。
        ・事業計画書を持って商工会議所や区役所に相談→客観的な視点を貰えます
        ・立ち行かなくなった場合の最悪の想定を検討→主に再就職ついて。自己破産等についても調べると尚良し。ご自身の経歴を元に再就職が可能なのかリサーチして下さい。
        ・創業支援金などを取る→公庫の創業支援金、市区町村の助成金等を取る。事業計画書が必要ですのでやっていけるかの目安になります。公庫は利子が大変低く人件費の項目で借りれば有事の際の資金になります。使わなければ軌道に乗ってから返済して仕舞えばOKです。助成金は返済不要なので備品とか買えます。
        ・企業にいる間に各種保険に入る→大企業なら斡旋があるはずです。必須と思ってるのは確定拠出年金、多めの生命保険。
        ・税金対策の勉強→自営の数少ないメリット。
        ・貯金の運用→やっていなければニーサだけは取り敢えずやる。
        ・ローンが必要な物の購入→夫婦揃って自営だとローンが組めなくなるので先に。
        ・税理士、弁護士など士業の知り合いを作っておく→いざという時にお願い出来る先。顧客見込みでも相談ベースで乗ってくれる方も多いので探してみて下さい。

        ざっとこんな感じです。トピ主さんは自営でも旦那様という安心材料がありましたが、今後はご実家の支援もなくお二人だけになってしまいます。世帯年収がガクッと下がる見込みは気になります。それから旦那様の起業は現在の業種に関わりがある事や経験した事でしょうか?そうじゃないなら絶対に辞めたほうが良いです!頑張って下さい。

        トピ内ID:7916787871

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり賛成しにくい

        しおりをつける
        blank
        神無月
        夫婦でご納得の上でするのは構わないと思うのです。
        でも、旦那さんの退職理由は妻の貴方が気楽そうにしていることと
        今の会社が何となくしんどいこと
        というどちらかというと後ろ向きの理由だからです。

        アラフォーってこれからの自分をいったん考える年齢だと思います。
        私も考えました。
        親も年を取り、自分自身も元気ではあるけれど
        肌や髪質、体力で年齢を感じるようになり老後とかも考えるようになってくる。
        というときに、明らかな不安不満はないけれどこのままでいいのかみたいなことを思い出しふと妻を見ると自分の収入を充てにして気楽に生きている(ように見える)。
        今が悪くないけれど子供もいないならもっと楽な方が良いのではないかといったことをこのコロナという不安の中で考えてしまったのかもしれません。

        でも、1000万円超える稼ぎをしてきた人が200万円以下しかないと
        それが結果ストレスになる人います。
        また、時代は少し変わっていますが、自営業を始めた当初仕事0だったし
        仕事の外出以外は自宅で適当な格好をしていて
        そのまま子供を保育園に迎えに行ったら
        近所の人にあそこのご主人は無職だという噂を立てられて恥ずかしかったという人もいました。
        こういうことがあっても平気な旦那さんですか。

        仕事のペースを抑えること自体は良いと思いますが、今の仕事辞めて自営業失敗したときにはさらに悪条件ということもあり得るので
        ぜひ慎重に考えてください。

        あと300万円で生活という話も書きましたが
        今の支出以外に年金・国保・税金がプラスされますので100万円くらいは余裕を見ておかれた方が良いと思います。

        トピ内ID:0344149471

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (3)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0