詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お墓参り

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    はるうらら
    ひと
    結婚して8年になりますが、今まで主人の家のお墓参りに行ったことが数えるくらいしかありません。(正確には、主人の親は長男ではないので、舅の実家の墓参りになります)

    私の実家は先祖代々のお墓があるので、私にとっては幼い頃から「お墓参り」は当たり前の習慣でした。しかし、主人にはお墓参りの習慣がないのです。義父母に確認しても「お墓参りに行くようになったのは最近だ」なんて言うからビックリです。

    私は自分の子供には先祖を敬う気持ちを持ってもらいたいので、毎回必ずお墓参り(私の実家のお墓)に連れて行きます。しかし本来、私は主人の家に嫁いだ身なので、主人の家のお墓にお参りするのが筋だと思うし、子供にとってもそれが道理だと思っています。私がいくら「みんなでお墓参りに行きましょう」と誘っても、義父母だけで行ってしまったり…。

    私達夫婦だけでは行きづらいのですが、みなさんはどう思いますか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    自分の実家の踏襲はよくない

    しおりをつける
    blank
    ベス
    >私は自分の子供には先祖を敬う気持ちを持ってもらいたいので、毎回必ずお墓参り(私の実家のお墓)に連れて行きます。

    夫婦ふたりのお子さんだから、教育方針はあなただけで決められることではないと思います。ご主人にはご主人の考えがあると思いますよ。夫婦で話合って新しい考え方を作ったらいかがでしょうか。

    あなたが「本来~べき」と思っていることは、必ずしも「本来」ではありません。あなたの実家での「本来」です。これが「本来」だからと他人(ご主人)に押し付けるのは一種の暴力だと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そういう家もある

    しおりをつける
    blank
    サラン
    私の家もお墓参りはごくごく普通に行く家だったのですが、夫の家のほうはあまりそう感じではなかったですね。
    でも、結婚してからお墓参りに行くのは良いことなんだよと言ってからは夫も普通に行くようになりました。
    夫の両親はどうしているかはあまり知りませんが、私たちのほうが行っている回数は多いと思います。
    お墓参りに行く気持ちが大切なのだから、義両親様たちと一緒ということにこだわる必要は無いし、行きづらいなんて思わなくてもてもいいと思いますよ。
    トピ主さん家族だけでお墓参りに行ったからといって文句を言われるとも思いませんしね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それぞれの宗教観

    しおりをつける
    blank
    ナイーブな話し
    先祖を敬う気持ちを持つ事は良いことと思いますよ。
    トピ主様のご先祖様と旦那様のご先祖様がおられたから、お子様がいるわけです。どちらのお墓に参ろうと、敬う心は同じと思います。
    ただ、トピ主さんの宗教観を押し付ける事は良くないと思います。お墓参りに行く事を強要する事は決して先祖を敬う心を育てる事と結びつきませんし、宗教というものはとてもナイーブなものなので触れないようにする事が基本です。信仰はそれぞれですから。

    ちなみに我が家は浄土真宗ですが、祖父は曹洞宗の墓へ入っています。日本は宗教が沢山ありその意味も薄いですから、信仰心も薄くお墓参りも単なる行事としてしか認識していない残念な部分もありますね。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うちの夫もそうでした 1

    しおりをつける
    blank
    とんとん
    子供の頃は親に連れられて行っていた様なんですが、大きくなってからは全く行った事がなかったそうです。(私は節目節目で行っていました)

    結婚して初めて夫側のお墓参りに行った時も、お墓の場所さえ忘れてしまっていました。
    夫の両親も「まあ、男の子はそんなもんだよ」と言っていましたが・・・

    でも私もトピ主さんのように「お墓参りをする大切さ」と説き、今は子供を連れて夫婦二人で行っています。
    夫の両親には「行ってきました」の事後報告のみです。

    別に夫婦だけで行っていいと思いますよ。行かないよりはよっぽどいいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それぞれだから…

    しおりをつける
    blank
    りえ
    私もご主人と同じような環境でした。
    母は両親を10代で亡くしてますが、私がお墓参りに行った記憶はありません。(うち関東、母実家東北)
    父方のお墓は近くで、何十年も前に亡くなった父の兄弟、祖父、最近亡くなった祖母が入っています。
    何度か行った事はありますが、義務のように毎年連れて行かれた事はありません。
    だからって、ご先祖様を敬う気持ちがないわけではありません。お墓参りはあくまで形ですから。
    祖母が亡くなってからは命日に参りますが、いつも私一人です。
    私自身『強制する必要もなければ、行きたい人が行きたい時に行けばいい』という考えだから。両親もそこら辺アバウトですし。
    なので、主人の実家のお墓参りは、どうしてそんなにマメに、しかも強制されて行く必要があるの?と思ってしまいます。
    トピ主さんが行きたければ、ご主人と二人でも、一人ででも行けばいいのに?
    それぞれ自由にすればいいと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    いいじゃないですか

    しおりをつける
    blank
    あるある
    私も同じ立場ですが、実家のお墓参りへ親兄弟と一緒に行っています。
    私自身仏教系の学校に10年通ったこともあり、お参りの習慣が染み付いています。

    一方、義両親はこだわりがなく、義母の方の墓参りにたま~に気が向いた時に行くだけ。義父の方は遠方なのでほとんど行きません。息子が産まれたときに旅行がてらお参りに行きましょうと誘ったらものすごく喜ばれました。
    それ以来行ってません。

    こだわりがないということは私たちの好きにできるということです。実家の墓参りに気兼ねなく行けるなんて、お互い恵まれた環境じゃないですか。

    仏様やご先祖のことを大切にすることは悪いことではありません。子どもにとっては父方も母方も大事なご先祖様です。
    うちではいつか義父母が亡くなった時に習慣がないために粗末にするような子どもになってほしくないので、今から習慣として仏様を敬う心を育てればいいと思っています。
    息子には実家に行ったら必ず仏壇にお参りさせて、御飯をお供えし、お下がりをありがたくいただく、ということを教えています。仏飯のお下がり、大好きです(笑)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も次男です。

    しおりをつける
    blank
    さる
    私も次男で、トピ主の舅さんと同じ立場の者ですね。
    それに、郷里から遠く離れて、出てきていますので、息子や娘達は全く墓参りの感覚はないようです。
    で、数年まえ娘が申しますのには、「お父さん、お墓はどうすの、私、あんな灯台の近くまで、お参りにいくのイヤだよ」。
    「お前、俺に自分の墓を造れ、言うのか!」
    「イヤ、そんな、わけじゃ、・・ヘヘヘヘ・・・」
    そんなことで、考えまして、墓土地だけ買いました。
    でも墓は流石に、まだ、建てていません。
    まだ、私、まだ生きていますので・・・・

    トピ主のご主人や御両親はその辺をどのように、考えてておられるのでしょうか?
    兄弟はご主人だけですか?
    墓参りより、もっと大事なことではないですか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0