詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    年間85万円のお小遣いは、足りない?

    お気に入り追加
    レス58
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    waive
    話題
    我が家は夫婦(30代)共働き、小遣いはお互いボーナス手取り全取り(ただし安い方に合わせる)でやりくりしてます。大凡、年間で85万円程度かと思います。月にすると約7万円ですね。
    世間一般的には小遣いとしては多いと思いますので、個人的にかかる費用は全て小遣いから捻出することにしています。

    ・美容代
    ・化粧品代
    ・予定外の朝、昼食代
    ・携帯代
    ・服飾代
    ・コンタクト代
    ・薬代、、等

    ここに、ふるさと納税代を含めるかどうかで夫婦間で少し揉めました。

    夫である私から見ると、確かに女性の方が多く支出がかかるのは分かります。
    が、小遣いをこれだけ貰ってるので年間で納税に使う数万円(後半)は残せると思うのですが、妻は「足りるわけない。家計から出して」の一点張りです。

    今回は、私の小遣いが余ってるのでそこから出そうと思いますが、金銭感覚的にどう思われますか?

    子供の出産も予定しており、近々小遣いの見直しが必要ですが、その際の参考にさせて頂きたいと考えてます。

    トピ内ID:3011066524

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 41 面白い
    • 624 びっくり
    • 8 涙ぽろり
    • 80 エール
    • 23 なるほど

    レス

    レス数58

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    足りない

    しおりをつける
    🙂
    アラフィフ
    85万のボーナスですよね?
    そのボーナスが得られる職業なら、美容、服飾で月々4~5万は欲しいです。
    必要経費です。

    私は独身時代その倍は使っていました。
    今は主婦なので服飾費はあまりかからず、美容費も昔の半分位で月2~3万位。(正直もう少し掛けたい)

    元々お肌がキレイな人もそりゃあいるでしょうけど、50過ぎて感じたのは、きちんとお肌の手入れをしてきた人とそうでない人は差は歴然です。

    トピ内ID:4241021619

    ...本文を表示

    揉めるならやめれば

    しおりをつける
    🙂
    コーヒー
    ふるさと納税なんて、しなくても良いものですよね?

    揉めるならやめておいたらどうですか。

    トピ内ID:0928311373

    ...本文を表示

    税金は家計から

    しおりをつける
    🙂
    姑3ねん
    ふるさと納税で、個人の物をもらったり、個人的な考えで寄付したりなら小遣いからでもいいかもしれないけれど
    何故、税金を小遣いから支払うのか意味が分かりません。

    ふるさと納税をしたいのは誰で、返礼品は何を選ぶのか?

    ところで、小遣いは同金額とのことですが
    収入比や、家事分担はどのようにしているのか
    出産や育児による収入減と、その場合の小遣いの扱いなどどんな風に考えているのかも気になるところですね。

    飲み代など飲食費は小遣いからではないの?

    ちなみに私は専業主婦で60代ですが、年間80万円ほどのお小遣いをいただいていますから、足りない気持ちわかります。

    トピ内ID:6407938200

    ...本文を表示

    上を見ればきりがないし

    しおりをつける
    🐤
    なお
    一般的にどうこうと比較して調整できる事でもないので、ご夫婦で話し合うしかないですよね。話し合いの結果、どちらかが納得出来ないまま生活を重ねてゆくと、いずれ不満が爆発しますので、問題の先送りにならない様にしっかりとした擦り合わせ(歩み寄り)は大事ですね。頑張って!

    トピ内ID:8960835397

    ...本文を表示

    トピ主さんに戻るわけでしょう?

    しおりをつける
    まる
    トピ主さんの名前でふるさと納税をすれば
    来年のトピ主さんの住民税がその分安くなって
    トピ主さんの手取りが増えるわけですよね?
    なので、トピ主さんがやりたいならば
    トピ主さんのお小遣いの中からやればいいのではないですか?

    トピ主さんの分も奥さんの分も二人分ふるさと納税したいという
    ことでしょうか?
    それは奥さんが決めることでは?

    トピ内ID:2895110921

    ...本文を表示

    女性の方が多い?

    しおりをつける
    🛳
    うーん、我が家では夫の方がお金がかかっています。
    女性だって、コストカットしようと思えばできます。
    逆に、使い出したらキリがありません。

    私は、中間管理職(年収1200万)からパート(年収750万)に変わって、美容・化粧・服飾はだいぶ削りました。

    今回は不問にして、来年以降の使い方を相談されてはどうでしょう。

    また、産休・育休で世帯収入が減った時、ボーナスも減ると思いますが、小遣いはどう決めるか、相談した方がいいと思います。

    我が家は、額を合わせず、お互いの収入の1割程度としているので、収入が倍以上の夫は、小遣いも倍です。

    トピ内ID:5089846186

    ...本文を表示

    生活費を同額にする

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    生活費を20万ずつ出し合って
    残りは各自で好きにする
    のが基本です

    各自でしかかからな費用は
    ・美容代
    ・化粧品代
    ・予定外の朝、昼食代
    ・携帯代
    ・服飾代
    ・コンタクト代
    ・薬代、、等
    生活費を払った残で自分で何とかするのが基本
    そして、家事は完全分担。

    トピ内ID:7732602542

    ...本文を表示

    2人でこの額だと少ない気がします

    しおりをつける
    🐱
    まめにゃん
    私の感覚ですが、レスさせていただきますね。参考にならなかったらすみません。当方も共働き、子無しです。

    1人の額だったら充分ですが、この額を2人で使うのであれば少ない気がしました。
    「小遣い」とありましたが、携帯代や薬代なんかは私はその項目で別として管理します。
    その辺を含めてしまうと「小遣い」では無い気がします。特に携帯代は格安スマホでない場合高いですしね。

    女性はお金がかかるのはご理解いただいてるのはとてもありがたいことだと思います。
    美容院にも寄りますが、カットとカラーで15000円かかることもあるので、通った月はちょっと苦しいかな…。奥様も外に出る分、お金かかると思います。トピ主様は足りてらっしゃいますか?

    ご夫婦のライフスタイルのスタンスにも寄りますが(切り詰めてシンプルに暮らす、心豊かに暮らしたいので使うときは使う、など)もう少し余裕があると嬉しいかな、と思います。
    切り詰めようと思えばできそうですが、そんなに切羽詰まった雰囲気ではないので幾分か余裕持って暮らしたいのかなーと思いました。

    毎月の収入はどのくらいの割合で生活費、貯金に回しているのでしょうか?高いほうのボーナスはまるっと貯金ですか?

    ちなみに我が家は2人でNISAをして、先の学資保険代わりにしようかと話しています。ふるさと納税は主人がやりたいので、主人任せですが…。

    トピ内ID:5972470613

    ...本文を表示

    足りな~い

    しおりをつける
    🐶
    アライグマ
    美容院代も、携帯代も、被服費も、朝や昼の食費も、コンタクトや医療費も、生活費ですね。

    小遣いというものは、我慢しても、仕事に支障が出ない項目の支出だと思いませんか?嗜好品やギャンブルや趣味などの。

    出産を予定されていらっしゃるならば、お財布をひとつに変えられるか、ふるさと納税代はトピ主さんが払われる方が、良いかと思います。妊娠も出産も産後も、女性だけが人生を終える可能性があると聞いたことはありませんか?産休育休という言葉は広まりましたが、お産のリスクについては、兄弟姉妹が多くないと、知る機会がないような気がしています。

    妊娠すると、ハードな運動ができないため、筋力が落ちてしまいますし、傷口は何週間も痛みますし、産後は1ヶ月外出しないことになっていましたり、湯船に浸かれないことになっているので、旦那さんが奥さんにしてあげられることは、金銭的な心配をさせないことぐらいですよ。私なんて、出産でもしものことがあったら、どうするのか、役所に問い合わせたり、絶対に再婚するように頼んだり、意味もなく不安になって、クレジットカードの限度額を下げたりしましたよ。

    トピ内ID:9404251305

    ...本文を表示

    それぞれ用意すればいい

    しおりをつける
    🙂
    小松菜
    総務から知らんと言われたら それぞれ消毒液のボトルをデスクに用意すれば?
    その方が使いやすいですし、たくさん使う人も少ししか使わない人もいるだろうし。
    800~700円くらいの消毒液買えばかなり持ちますよ。

    トピ内ID:5590952007

    ...本文を表示

    凄いっ

    しおりをつける
    🎂
    う~む
    たぶん、金があれば、あるだけ使うパターンだ
    金がなければ、否応なしに節約を迫られる
    金があれば、やっぱ自分の為に使いたいというのは人間の本能かな
    となると、妻の意見はごもっともなわけで足りないというわけだ
    そんなの、金がいくらあっても足りないすね
    それだけ稼ぎがあるから、そうなるわけで
    稼ぎが減るようなことでもあれば、必然的に見直しされると思うけど
    今は無理かもね
    金があれば、使っちゃうもん

    トピ内ID:5740904933

    ...本文を表示

    節約は感じない

    しおりをつける
    ミシン
    年収750万、ふるさと納税に10万使用、ボーナスのない職種です。

    今年は、マスクしても映えるメイク道具を買い足したり、けっこう散財したつもりでしたが、年間小遣い額は85万でした。普段はもう少し節約しています。

    >妻は「足りるわけない。

    散財しだしたらキリがありません。85万円で済ませようと思えば済むと思います。

    トピ内ID:5089846186

    ...本文を表示

    ひとそれぞれ

    しおりをつける
    🙂
    ともじ
    こればかりは人による、としか言えませんね。
    ただ、仕事をされているなら、それなりに身なりに気を使う必要はあるでしょうし、交際費もかかるでしょう。
    私はアラフォー正社員ですが、
    服飾費2万、化粧品1万、美容院1万、交際費1万、携帯代5千円くらい必要経費としてかかっているので、7万の小遣いがあっても自由に使えるお金って意外とないです。

    ただ、制服支給の職場だと服飾費はさほどかからないでしょうし、生まれつき肌が強いとか髪が綺麗とかなら化粧品も美容院もそんなにお金をかける必要はないでしょうから、必要経費って本当に人によるんですよ…

    トピ内ID:2878807106

    ...本文を表示

    ふるさと納税はやめたら

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    車や家の税金と違って、別にふるさと納税は義務じゃないし、奥さんがやりたかったらお小遣いで、お小遣いから出したくなかったらその年はやめたらいいのでは?

    トピ内ID:3338602077

    ...本文を表示

    それだけあるなら小遣いから出せばよい

    しおりをつける
    🙂
    普段は節約家
    ふるさと納税は奥さんの小遣いですればよいです。

    足りないなら他を減らせばよいだけの話。

    もしくは奥さんの年収が1千万円以上あるなら、小遣いをふやせばよいのでは。

    年収がお互いに1千万円、世帯収入が2千万円なら妥当なお小遣いですが、もっと収入があるなら小遣いを増やしたらどうですか。

    トピ内ID:1526592822

    ...本文を表示

    住民税の減額分はどこへ?

    しおりをつける
    🙂
    mai
    奥さまの手元にいくなら、奥さまのお小遣いで寄付を。

    家計費に入るなら、家計費から寄付を。

    トピ主さんのお小遣いからというのは一番違うと思います。
    減額分が戻る場所から出すのが筋だと思います。

    それと奥さまの金銭感覚とは全く違う話だと思います。
    7万円という額が多いか少ないかは全体のバランスの問題で、一概に言える物ではありません。

    今後不意の支出があるごとにどこから出すのかで揉めるようなら、財布を一つにしてしまった方が楽ではありませんか?
    そもそもトピ主さんご夫婦はお小遣いも同額ですし、デメリットは少ないように思います。

    子どものいる家庭で別財布制が上手くいくのは、
    お互いに
    出金の際の出所に不満を持たない、
    相手の金銭感覚に不安が無い、
    そういう夫婦だけだと思っています。

    そうでないと出費の度に揉めることになる。

    貯金だけ可視化しておけばトラブルは起きないと思います。

    現在月7万を使い切っても良い状態なら、何も問題はないです。
    出産後、小遣い減額が必至であることを奥さまが納得出来ているなら良いのです。
    良く話し合ってみて下さい。

    トピ内ID:3656723881

    ...本文を表示

    一人年間85万だよね??

    しおりをつける
    blank
    りんこ
    で12で割って一人毎月7万円のお小遣いと言うことですよね??
    お小遣いって手取りの一割が妥当と言われているので一般的には多いと思いますが、低い方のボーナス手取り額しか書かれていないので、トピ主さん夫婦のお小遣いが多いのか少ないのかは分かりません。
    奥様があればあるだけ使っちゃうタイプなら例えお小遣い10万円でも足りないと思いますし。
    携帯コンタクト昼食代は毎月ほぼ固定額でしょうが、美容や服飾代は上を見ればキリがありませんから。
    毎月美容院に行ったり、毎月服を沢山買ったり、高いお化粧品を使っているのかな。

    ただふるさと納税って税金ですから、お小遣いから出すと言うのはちょっとおかしいかなと思います。

    トピ内ID:5228811119

    ...本文を表示

    問題を分けて考えましょう

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    ふるさと納税は実質的には税金の前払いです。家計上は所得税や住民税といった税金の支払いと同じ扱いにしておけば良いと思います。
    サラリーマン家庭なら一般的に源泉徴収ですから、各自の収入から先に引き、残った分を手取りと考えれば良いのではないでしょうか。

    一方で小遣いが月に7万円ですが、個人の生活費も含めての支出になってますね。そのうえでその額が妥当かですが、今後子育ての予定があるなら全体的に支出額を抑えたほうが良いと思います。
    世帯収入次第なのですが、仮に1000万円だとして手取りはおそらく700万円台でしょう。今後家を買ったり子供の教育費や老後資金を貯めるために、年間200万円くらい貯蓄すると、使えるのは500万円程度です。月に40万円で、子供二人の標準世帯で考えると一人当たり使える額は10万円です。この中には住居費、光熱費、食費などトピ主さんの小遣いに入っていない支出も含んでです。

    想像より使えるお金は少ないと感じるはずですが、妻にそれを理解してもらう必要があります。こういった場合夫婦で議論を戦わせて仲が悪くなるようなら第3者つまりFPを間に入れましょう。

    トピ内ID:5004449296

    ...本文を表示

    どちらも家計から出す

    しおりをつける
    blank
    さんさん
    共働きでそれぞれに所得税・住民税が課税されているのですよね。

    お2人とも家計からお出しになればよろしいのです。
    トピ主さんは自分のお小遣いで、奥様は家計から、
    或いは奥様の分もトピ主さんのお小遣いから支払う、
    これは、ちとズルい。
    お小遣いが余っているのはトピ主さんが始末して来たからですから、
    大切に貯蓄なさった方がよろしいと思います。

    トピ内ID:9174943714

    ...本文を表示

    ないならないなりの生活をする

    しおりをつける
    🙂
    育児中男性
    ふるさと納税はどの様な内容でしょうか。
    返礼品があるとして、ふるさと納税で手に入れなかった場合に、家計で購入するはずだったものでしょうか。
    それとも別に買う必要のない物でしょうか。
    それぞれの小遣いで買うような物でしょうか。

    税控除で戻ったお金はどこにいきますか。
    それぞれの給与口座に戻ってそのまま小遣いとしてしまっているならば、ふるさと納税も小遣いからするのが自然かと思います。


    産休・育休および時短勤務になった後に今の小遣いの金額は恐らく維持できないかと思います。
    少なくとも奥様の収入では無理だと思いますが、その際はトピ主様の給与から出してあげるつもりでしょうか。
    子供の養育費・教育費もかかる様になり将来的に支出は右肩上がりかと思います。

    現時点の小遣いの額が一般家庭より多いのは、トピ主様夫婦の決め事なので良いと思います。
    お子様のご予定があるとのことなので、月々の支出をもう少し抑える工夫をした方が良いかと思います。
    先にも書きました通り、奥様の収入が下がる期間の対応についても、よく話し合っておいた方が良いかと思います。

    今後もトピ主様一家が幸せにすごされますように。

    トピ内ID:1481574262

    ...本文を表示

    ふるさと納税=体の良い通販と思っている??

    しおりをつける
    💰
    泡沫の夢
    本来、お住まいの自治体に納める個人住民税を他の自治体へ別納することで
    お礼の品が届く仕組みですが、それを理解されていますか?

    なので毎月給与から徴収される「特別徴収」か納税通知書を使って4回で
    納める「普通徴収」になっているはずですが、そのときも小遣いから
    支払っているのですか?

    ふるさと納税はどのみち納めなければいけない税金ですから、
    扱いは他の税金と同じにする方が合理的だと思います。

    トピ内ID:1323506488

    ...本文を表示

    我が家の場合は…

    しおりをつける
    🙂
    もも
    我が家は20代後半共働き夫婦です。
    賞与含めお互いの給与を全て家計に入れて、家計から小遣い各々5万ずつ出しています。


    小遣いの使い道も全く同じです。
    お互いに余ることが多いのでそれぞれ貯めています。


    以下、私の使い道です……

    美容院は2~3ヶ月に1回14,000円、被服はユニクロやネットでセール品が多く、1シーズン10,000円~20,000円購入します。
    靴やアウターなどお金をかけたいものは余った小遣い貯金から捻出していますが、買い足すのは年に一度あるかないか。

    美容代はスキンケア~メイク用品までデパコスを定価で購入しますが、金額が大きくなっても大体毎月の余った小遣いでやりくりでききています。
    通信費は格安で月3,000円です。
    私の場合は流行りがあるものと仕事のブラウスやパンツはプチプラでそろえるので被服費が安いかもしれません。
    ただ、コンタクトは月々5,800円なので他の人より高いと思います。


    月々7万円あれば十分足りると思いますが、趣味でお金がかかるのでしょうか?
    我が家は夫婦ともにゴルフが趣味なので、ラウンド代は主人のバースデー券が使える時は小遣いから、会員権がないゴルフ場は家計費から出してます。

    あとは、被服費や食費がかさんでいるかもしれませんね。
    ブラウス1枚で10,000円近いなんてザラにありますから、1シーズン2~3着買い足したりランチで奮発したらあっという間にお小遣いなくなっちゃいますよね。


    うちは小遣い50,000円ずつということと、主人の方が圧倒的に高収入なのでふるさと納税は家計から出し、返礼品は仲良く頂くことにしました。

    我が家も来年第一子を出産予定です。
    子供が生まれたら家計がどうなるかわからないですが、お互い頑張りましょう!

    トピ内ID:8916744125

    ...本文を表示

    小遣い一割が一般的ですが女性は我儘

    しおりをつける
    🙂
    あかい
    夫の小遣いは一割だと言うのに、自分が一割だと足りないと叫ぶのが女性です。ダブルスタンダードが当たり前だとでも考えているのかは知りませんが。

    個人にかかる費用ではなく、お互いに自由になる金額を小遣いにしたらいいのではないでしょうか。
    世間の男性は一割と言う少ない小遣いの中でやりくりしているので女性にも当然やりくりして貰いましょう。

    トピ内ID:9886460063

    ...本文を表示

    利益は誰が享受しているのか

    しおりをつける
    🙂
    パンピ
    小遣い全般については、それぞれのご家庭の考え方があるので、多い少ないは言いません。私の場合は月額7万円で、スマホ代もそこから出していました。

    ふるさと納税の負担についてですが、ふるさと納税をすることによって得られる利益はどちらが享受しているのでしょうか。

    返礼品は誰のものですか。

    控除される所得税・住民税は、そのことによって納税額が減っているのはどちらですか。

    ふるさと納税をするということは、それによって得られるメリットがあるからしているのですね。誰にとってのメリットでしょうか。
    それに、納税した分は、所得税・住民税から控除されるわけですから、持ち出しの負担ではないはずですね。
    そこをはっきりさせないと結論は出せません。

    トピ内ID:8768496887

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    waive
    トピ主です。
    皆様貴重なご意見、沢山ありがとうございます。少し回答がふるさと納税に引っ張られている感があるのと、前提が間違っている方が散見されますのでここでひとつ補足させていただきます。

    ■働く環境:
    同じ会社勤めで、給与形態も全く同じです。職責の分私の方が多く貰ってます。

    ■小遣い:
    2人で85万ではなく、1人85万/年です。参考までに自由に使える小遣いの基準を手取りの1割とすると、1人4万程度となります。

    ■生活費:
    共通でかかる食費、日用品は4万、その他光熱費、ネット代、2人の外食費は家計から支払いです。

    ふるさと納税はひとつの例であり、ボーナス時にがっつり引かれる所得税が減税されるので来年の小遣い(ボーナス手取り)がその分増えるのでそこまで影響は無いと思います。

    トピ内ID:3011066524

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    はて?

    しおりをつける
    blank
    あーけーど
    小遣いが多いか少ないかは総収入によって変わるので感想は言えません。

    既に指摘が出ていますが、ふるさと納税は税金の前払いでしかないので、どちらの名義で納税し、どちらの税金に戻るかって話なので、お小遣いにはなり得ません。

    お小遣い以外は共通の家計に入るのですよね?
    もしお小遣いで出すなら、お小遣いが減り、税金が家計に戻るってだけの話。
    だったらお小遣いから出す方が損でしかない訳で、最初から家計費から出すのが宜しいかと。
    返礼品もどちらのものでもなく、2人で楽しく分け合ったらいいんです。

    これならどちらも損をしないし、どちらも気兼ねなく返礼品を楽しめる。
    まあ、返礼品を独り占めって話なら小遣いからでもいいけどさ。

    トピ内ID:6030778969

    ...本文を表示

    私なら余って貯金出来る

    しおりをつける
    blank
    葉子
    私は足りるけど、こればっかりは本当に人それぞれなのかな。

    私は手取り18万で独り暮らししてましたので、家賃光熱費食費日用品に使うと、小遣いに7万も使えないです。
    そんなに使えないから、ある範囲でやりくりするしかないでしょう。
    だから7万なら余らせる事が楽に出来ます。

    ところが奥様は7万が当たり前なので、足りないと思ってしまう。

    でもそれって結局、本当に「足りない」のではなく「それだけ使いたい」だけなんですよ。
    化粧品だって美容院だって幾らでも安く済ませられるし、外食止めて弁当作って持参したらいい。
    それを「出来ない」と思い込んでいるのです。

    もしお子さんを考えていないならこのままでもいいと思います。
    しかしお子さんを育てたいと思うなら、
    自分の為の消費を減らしてお子さんの為の貯金に回すべきだと思います。

    大切な事は使う額ではなく、どれだけ貯金出来るかです。
    具体的に「○○年後いくら貯金が必要か?」を試算し、そこから年間の必要貯蓄額を計算。
    その分の貯金を確保したうえで小遣い額を設定してはいかがでしょうか。

    トピ内ID:3110892470

    ...本文を表示

    多くはない

    しおりをつける
    🐤
    いつのまにかアラサー
    まずそもそもふるさと納税って税金の前払いなので、税金を小遣いから出すことが???です。

    それはさておき、年間の小遣い85万で足りるか?についてですが、多くはないけど足りなくもないかなという感じです。
    私自身は年収950万で小遣い額は年間100万程度(ただし年2回程度の国内旅行費用を含む)です。
    旅行費用を引けば85万より少し少ないくらいかと。
    小遣い多い自覚はありますし、割と好きにお金を使えてます。

    ただ、朝食代、美容費、携帯代、コンタクト代、薬代は別です。これらは一定程度までは必要経費とみなすべきではありませんか?必要以上に高いものであれば差額は小遣いからで良いと思いますが…

    私は上記だけで年間30万近くかかるので、それも全部85万の中からと思うとあまり余裕はないかも。

    まあ貯金がしっかりできていれば小遣いが多少多くてもいいと思いますけどね。
    私自身も世の中でよく言われる「小遣いは手取りの1割」は超えていますが、他の部分で節約をしているので貯金額は相応にあります。
    あまり他人に左右されても仕方ないかと。

    トピ内ID:0045432889

    ...本文を表示

    そういうことではない

    しおりをつける
    🙂
    40代主婦
    小遣いになんでもかんでも含めすぎです。

    美容院なら私(妻)は年1回程度しかカットしないので年で2000円程度です。
    夫は年6回カットで1万円以上かかります。

    化粧品も私は敏感肌で化粧をしないので保湿で月2000円くらい。
    夫はフケや髭や体臭にそれぞれ石鹸だのクリームだの香水だの必要で私の何倍もかかります。
    シャンプーなんか私は500円、夫は2千円。

    男とか女とか関係ないんですよ。

    人によって必要な物(必須)、欲しい物(趣味娯楽)、管理能力、消費欲は全然違うのに、小遣いという1つの括りに全部詰め込んで雑に管理していたら、本当に必要な金額が足りなくなる人もいるでしょうし、節約できずに減額できない人もいるでしょう。

    トピの場合、奥様が本当に必要なのか節約できないのか知りませんが、今の金額を目いっぱい使う習慣がついてしまっている奥様には減額できないのです。

    減額できないのかしないのか、そこを話し合うにもこんなに何でもかんでも小遣いに含めてしまっていては整理が大変です。

    最初にこんな雑な管理にしてしまった以上、今さら「今より使える小遣いを減らす」というのは奥様にとっては苦痛なのです。

    トピ主、自分は足りてるから「だから妻も俺に合わせろ」はとても一方的で酷いと思います。

    余裕が無いから節約するしかないというなら別ですが、生活に困っていないなら人の小遣いをどうにかしようとしないで、トピ主が自分で勝手にふるさと納税でもなんでもすればいいと思いました。

    もし困ってはないけど節約はしたほうがいいということなら、まずこの雑な管理方法から考え直すべきかと思います。

    トピ内ID:0844644227

    ...本文を表示

    例が良くない

    しおりをつける
    🙂
    よつば
    ふるさと納税を例に出したのは良くないのですが、その説明も間違っているのが気になります。

    確定申告をしない場合はワンストップ特例ということなので、翌年の住民税から毎月ほぼ均等に減税されます。

    確定申告をする場合は還付金で4月くらいに一括で振り込まれます。

    なので、どちらを選んでも翌年のボーナスに影響することはありません。


    ついでに本題を答えておくと、他の方のご指摘通りで、程度の問題はともかく、美容代、化粧品代、服飾代、コンタクト代、薬代は家計から出します。
    その上で小遣いは手取りの1割程度にするのが良いと思います。

    トピ内ID:2237839731

    ...本文を表示

    よく稼ぎ、よく消費する

    しおりをつける
    🙂
    よもこ
    私だったら、5年分くらいのおこづかいになりそうです。
    ちなみに、稼ぎはありません。

    トピ主さんの奥さんは女性にしては結構稼いでるのでしょ。
    働いていると、出ていくお金も多い。
    キレイにしているべきだし、
    自分にご褒美もいる。

    よく稼ぎ、よく消費して経済回してくれてありがとうございます。

    化粧品にしても服飾品にしても、
    ピンキリですから。
    奥さんは安っぽいもので我慢する気が無いと思います。

    でも、トピ主さんはそういう奥さんをステキと思って
    結婚したんでしょう?

    子供が生まれたら、節約すると思いますか?

    可愛い我が子には上質な服を着せたくなるし、
    習い事だってさせて、能力を伸ばしたい。
    お受験だってしたくなれば、
    食べるものだって、国産や無添加にこだわりたい。

    まあ、おこづかいの範疇ではないですが、
    ますますお金はかかると思います。

    奥さんはそこそこ稼いでいる自負があるし、
    安物を買うことや、節約、やりくりなんて
    自分にはふさわしくないと思っていると思います。
    だから足りないんです。

    トピ内ID:8356352019

    ...本文を表示

    同業ならば

    しおりをつける
    🐶
    アライグマ
    奥さんの収入を無いものと考えるのがベストかもしれませんよ。

    数年前、求職活動中に就業支援の面談の場所に向かって歩いておりましたら、広い通りの反対側の歩道で、お勤めらしき女性2人組から、専業主婦みたい!!と大声で喧嘩を売られたことがあり、働く女性の幸福度の低さを実感したことがありました。

    びっくりしたのですが、その時の私は、仕事があっても、不幸なのか。と、何となく救われ、共働きの難しさを知りました。

    トピ主さんの奥さんが、共働きのまま幸福でいるためには、トピ主さんの、お金に執着しない、深い愛情が必須だと思います。

    トピ内ID:9404251305

    ...本文を表示

    足りません

    しおりをつける
    50台専業主婦
    ・美容代 美容院1万円
    ・化粧品代 2万円
    ・予定外の朝、昼食代 1万円
    ・携帯代 5千円
    ・服飾代 3万円
    ・コンタクト代 1万円
    ・薬代、、等 サプリ1.5万円、薬5千円

    こんな感じで、10万円はかかってます。
    私は、習い事でプラス5万円。

    美容院も、年に何度かストレートパーマをかけるので、その時は2万円超えるし、友達とランチなどでの交際費に、後2万円ほど使う月もあります。洋服は、年に4回ほどは10万円強百貨店で使います。

    専業主婦です。

    トピ内ID:9350857937

    ...本文を表示

    生活費や貯金額を同じにして、残りを自由に使う

    しおりをつける
    🙂
    生き物の世話係
    お金は、稼いだ人のモノです。
    その稼いだ中から、お互いの生活費や貯金を同額だして、後は自由に使えば文句無いのでは?
    それを我慢して貯めて、何買おうが、美容だ服だと使っても、それぞれの自由。
    ふるさと納税も使える分から出して、還付されたら返してもらえばいいのです。
    また、ふるさと納税の返礼品は出した人の物とすればスッキリします。

    トピ内ID:2071587482

    ...本文を表示

    ふるさと納税は家計からじゃないの?

    しおりをつける
    🙂
    ほぼ専業主婦
    うちはふるさと納税の返礼品は全て食べ物で家族で消費するので家計からでいいと思いますが。何を頼むのでしょうか。
    お小遣いが多いか少ないかは人によるでしょうがフルタイムでお勤めでしたら美容費や服飾費は専業主婦よりかなりかかってしまうのではないでしょうか。
    うちの場合夫の方が断然使っていますがそれは私がほぼ家にいて夫は人と会うことが多いのでそういうものだと思いますし、夫は稼ぐ額も多いのでいいのですが(私は別に人と頻繁に会うわけでないので最低限でよい)、同じ会社でしたら女性への方が色々条件は厳しいのできちんと使えるお小遣いはあげて欲しいかも。女性が男性と同じように働くのは男性よりハードルが高いですから。
    あまり細かいことを言うとせっかくの稼げる奥さん婚姻生活嫌になっちゃうかも。
    ある程度ゆとりを持たせてあげて欲しいです。

    トピ内ID:9243663856

    ...本文を表示

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    waive
    トピ主です、たびたび失礼します。
    まだ誤解が多い様ですので再度補足します。

    まず、この雑な管理方法を設定したのは妻の方で、私は皆さんのおっしゃる様な家計の管理(支出が家計なのか小遣いなのかの棚卸しをしてから小遣いを決める)が今後のライフプランニングのためにも必要と、結婚当初から思っており提案もしてます。
    ただ、それを絶対として受け入れないのは妻の方であり、支出を見直そうにも美容にいくらかかってるのか、その他何にお金をいくらずつ使ってるのか、聞いてもはぐらかし、答えようとしないのです。
    なので現状の小遣い制になってる次第です。

    どこまでが家計でどこからが小遣いなのか、その線引きが出来てないのが問題なのは重々分かってますし、家計の管理方法についての回答が欲しいわけではございません。

    世の中の夫婦は感覚的に年間85万円で、まあ使い切るかな、といった感覚なのか、少ない/多いなのか。当然所得もよるとは思いますが、我が家への指摘ではなく、感想を頂けると幸いです。

    トピ内ID:3011066524

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    7万なら残らない

    しおりをつける
    blank
    サバ
    美容院 17k(毎月)
    パラジェルネイル 14k(3週間毎)
    被服費 20k(隔月)
    ヘアケア用品(シャンプー、アウトバストリートメントなど) 15k(毎月)
    化粧品 10k(毎月)
    本代(電子書籍含む) 20k(毎月)

    毎月使うお小遣いはこれで全てではないけれど、これだけでもう予算オーバー。
    ネイルも、職場環境的に見渡す限り全員しているので、していないとスーツなのにストッキングはいていない素足・裸足の人みたいになってしまいます。
    好きか嫌いかに関係なく、するのが身嗜みのような空気はあります。
    あと、会食に二度同じ服は着ないみたいな暗黙のルールのようなものがあります。
    これはコスメ系も扱う企業なので仕方がないのかも。

    ちなみに私はどなたかがレスしたような男性に手取りの何パーセントのお小遣いでやりくりしろと要求することはありません。ダブスタではないです。
    というか、ネットでは同じ人が言っているとは限らないので確認せずにダブスタもなにもないですね。

    ふるさと納税は私なら家計ですね。
    我が家は節税対策で寄付もしていますがそれらは家計からです。
    税金類は相続によるものでもない限りは家計からです。

    トピ内ID:3730901078

    ...本文を表示

    ふるさと納税の問題じゃなく

    しおりをつける
    🙂
    ななこ
    単純に二人ともお金使いすぎでは?
    お小遣いはもちろんのこと
    夫婦ふたちで日用品四万
    食費別。。
    毎月いくら貯金しているのでしょう。
    親御さんから大幅な援助がもらえるタイプのご家庭でしょうか?
    収入の割に全ての出費が少しづつ多くて
    正直二人とも軽く一千万越えのカップルのような収支だと思いました

    トピ内ID:4560949142

    ...本文を表示

    人による

    しおりをつける
    🙂
    せら
    こればかりは「人による」としか。

    敏感肌であるとかアレルギー体質だとか髪質が特殊だとか、一定水準以上の化粧品や美容代をかけざるを得ない人もいます。

    化粧品なんて数百円~千円程度のプチプラから数千~数万円の高価なものまで様々です。
    美容室だって1000円カットから数万するカットまであるわけです。

    ここで「髪は1000円カット、化粧品はプチプラ」という人が多かったからといって、奥様が無駄遣いだった、とはならないと思います。
    上を見ればキリがない訳で、足りない人は足りないし、余る人は余る、としか言えません。
    奥様が月7万円を上限にやりくりしているなら、無駄遣いではないんじゃないでしょうか。

    まぁない袖は振れませので、家計の見直しが必要なのであれば、お互いが小遣いを減らすしかないんじゃないでしょうか。

    トピ内ID:9505282015

    ...本文を表示

    ご自身で書かれている通り

    しおりをつける
    ミシン
    >自由に使える小遣いの基準を手取りの1割とすると、1人4万程度

    これが基準で、トピ主さん夫婦はそれより多く使っているのだから、多いと思います。

    一般的には、30代の手取り平均は23-25万だそうなので、その1割なら月2.5万、年間30万の小遣いが平均的となります。

    それを抜きにして、個人的に年間85万円と聞くと、多いなと感じます。我が家は手取り1割でいえば夫9万、妻6万の世帯ですが、限度いっぱいまで使い切りはしません。奥様みたいな方は「浪費家」という認識です。

    ただ、

    ・日本は夫婦別産なので、最低限の家計負担をすれば、相手の収入の使い道を管理する権利はない
    ・家計と家事の負担割合によって話が変わる

    と思うので、例えば奥様が家事ワンオペなら年間85万円では足りないかもしれません。

    トピ内ID:5089846186

    ...本文を表示

    ボーナスの手取りは変わらない

    しおりをつける
    🐷
    フッと去る
    ふるさと納税をしても、ボーナスの手取りに影響はありません。
    減税のメインは住民税なので、手取りに影響が出るのは月給です。

    確定申告をすれば所得税からも還付がありますが、それはあくまで確定申告時に還付されるだけで、ボーナス支給時の計算には無関係です。


    ちなみに私の考えを言えば、小遣い年85万円と決めたなら、その使途には互いに口を出すべきでないと思います。
    決められた範囲内で使うなら、どう使ったっていいでしょう。

    もちろん、小遣いの増額を求めているのなら、本当に足りないのかどうか内容を精査する必要があります。
    しかし、家計から出すか小遣いから出すかの綱引きであれば、家計から出す妥当性を精査するだけで十分です。
    妥当性が不足してるとなれば、家計からは出さないと決めればいいだけの事ですから。

    妥当性の観点から申し上げれば、ボーナスに影響のないふるさと納税については、月給の手取りが増える事で家計にプラスになる事から、家計から出す妥当性は十分と考えます。
    ただ、それでもトピ主が家計から出したくないと思っているのなら、妻にふるさと納税を強要しなければいいだけの事です。
    トピ主はふるさと納税をしてもいいし、妻はふるさと納税をしなくてもいい。
    それではいけないのでしょうか。

    トピ内ID:8028618693

    ...本文を表示

    2人ならば

    しおりをつける
    🐶
    アライグマ
    どう暮らそうとも、赤字にならないと思います。

    けれど、子供が生まれるならば、住む家の広さも考えなければなりませんし、学費の工面もしなければなりません。衣食住の環境を整えてあげても、子供にも物欲があったり、親の仲や金銭面を心配したりしてしまいますので、親が求める子供らしさは、ある程度お金を掛けてあげる必要があります。

    子供が生まれてから、男性が急に変われる訳がないので、まずは、奥さんに使ってみられるんですよ。惜しくなかったら、親になっても子供が困りません。前回のレスポンスは、家計管理への指摘ではなく、夫婦円満の秘訣です。トピ主さんのレスが読みやすかったから、愛される方法を伝授したくなってしまいました。

    妻にお金をじゃんじゃん使え。なんて、親は教えてくれないじゃないですか。今は、デートでも割り勘の人が増えているじゃないですか。でも、結婚をすると、女性は、姻族から大事にされなかったり、産後、悲しいくらい体型を戻せなかったりして、夢と希望なんて、どこかに行ってしまうから、旦那さんが、じゃんじゃんお金を使ってくれたり、金銭管理を任せたいと思うくらい能力を高く評価している。ということが大切なんだと思うんですよね。

    納得いかないな。と思われますでしょう?女の子のお父さんになられたら、トピ主さんの価値観は、180度変わるかもしれません。お嬢さんが、どんな人と暮らして欲しいかと望まれた時に、御自身もその基準を超えていらっしゃるならば、今のままで良いと思いますが、そうではないならば、お金を相手に使われる方が、夫婦仲は良好だと思います。そもそも、色々買ってあげたくない人と、結婚されていないと思いますので、配偶者という1番の味方が敵になってしまうのか、味方は味方のままなのかは、トピ主さん次第です。

    トピ内ID:9404251305

    ...本文を表示

    寄付は、自分の使えるお金で

    しおりをつける
    🙂
    ちょぱ
    ふるさと納税は。税じゃなくて寄付。税金が戻る人が寄付して、返礼品も管理する。これで解決。

    トピ内ID:7054617513

    ...本文を表示

    結婚は夫婦別財布でいい

    しおりをつける
    🙂
    こばと
    奥さんの働いた分から
    好きなもの買えばいいし
    毎月毎月使わなくても
    服なんか特に何ヶ月か着るでしょう。
    浮いた月は貯めとけばいいよ、とだけ言って
    放置でいいと思う。
    そのかわり
    老後に破綻したとしても
    夫婦だから面倒看るとかやだよって
    釘さして
    終い。

    結婚てさ、家具家財が1つでいいし
    家も然り。だからするものでしょう?

    古い観念のいいとこ取りで
    部分的に
    いまどきの結婚って。そんなの不細工ですよ。
    男女平等もあったもんやないでしょう。

    いろんな形の結婚がそれぞれのペアであまたあっていいと思う。

    自分の貯金や実親からの支援は
    分けておいて正解だというのは
    30年前から私は心ある方から言われていました。だから隠す方がいいです。

    お金は
    どんな愛しい人でも豹変さす
    媚薬だから、
    理屈やないんです。

    とにかく
    収入額が合致してない
    トピ主の家庭(どこもそうです)
    そしてトピ主の方が多いのだから
    合算して家計を括るべきやないと感じました。

    本来は光熱費も
    多分ドライヤーなどの美容費で
    女性の方が
    多く使っているようですよね。

    そこは細かく言わず
    折半ですが
    将来的なものは全く二人別に
    管理するしかないかな。

    奥さんはお金の使い道で
    とやかく言われるのは
    気分がそがれるのでしょう。

    トピ主さんが不公平と感じる所を指摘して是正し
    分けて考えた上で
    ほっといてあげてはいかが?

    男女問わず
    細かいこと言われるのは
    男らしくないとか、
    だから女は細かい、とかね。
    ムカシは言われたものです。
    あなたがしてるのはそれ。

    男女平等の世の中にするのが流行りの昨今だし言い方を変えると
    細かいこと言われるのは人類共通してうざいですよね。

    トピ内ID:2850796055

    ...本文を表示

    区分けが曖昧なので

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    多いか少ないかちょっと判断出来かねます。昼食代や病院もそうですが、家計から出る食費日用品が夫婦で4万とするとかなり少ないので、美容費の中にいわば食費日用品的なモノも大分混ざってますよね。携帯代や出掛けた際の交通費等細々考えたら充分あり得る金額かなと思います。

    トピ内ID:6180882767

    ...本文を表示

    つまり

    しおりをつける
    🙂
    よつば
    美容+化粧品+1人の外食+携帯代+服飾代+コンタクト代+薬代+小遣い
    で85万円で足りるかどうかという質問ですね?

    「我が家では小遣いにあれもこれも含むんだ!」
    ではなく、一般的な費目で書いてくれないから回答が混乱するのです。

    我が家だとそれらの費目を全部足すと月12万円(2人分)です。
    つまり、年144万円なので一応足りることになります。

    ただ、化粧品とかは妻だけの費用なので、妻85万はちょうどかもしれません。
    そうすると10万円弱をポンと出すのは難しいでしょう。

    トピ内ID:2237839731

    ...本文を表示

    少し書き方が悪かったのかと

    しおりをつける
    blank
    りんこ
    追加レス二つ目まで読みました。
    トピ文でふるさと納税を小遣いから出すか出さないかで揉めていると書かれていたので、皆さんふるさと納税は税金だから家計から出すべきと回答が多かったのは仕方ないと思いますよ。

    追加レスで給料の一割だと約4万とあったので、お二人共手取り約40万程あるのですよね。
    昼食携帯コンタクト代で3万円位はかかるかなと思うので(残り自由に使えるお金は約4万円)、それらを含めて7万円は妥当かなと思いました。
    が参考までに、私なら4万円(上記の自由に使えるお金)は使いきれません。
    化粧品は毎月約5千円、美容院は3ヶ月に一回約1万円、服はプチプラファッションでワンシーズン1万円位です。
    先のレスにも書きましたが、美容服飾代は上を見ればキリがないので、4万で足りる人もいれば足りない人もいる、人それぞれとしか言いようがありません。
    子供が産まれれば子供にかかる費用は増えますが、お二人で約80万の手取り月収があるようだし、毎月それなりの額を貯金できていれば今のままでいいんじゃないかと思いますよ。
    ただ奥さんが産休育休中はお給料が減ってしまうし、その期間のお小遣いの額はどうするのか話し合われては??
    たぶん減額は拒否されそうですが。

    トピ内ID:5228811119

    ...本文を表示

    ふるさと納税に引っ張られるなと言われても、

    しおりをつける
    🙂
    mai
    ふるさと納税の認識、間違っていると思いますが!?
    なぜ住民税が賞与時に還付されるのでしょう。
    特別徴収の額は春に確定して、それに従い会社は6月から毎月徴収するだけです。

    トピ主さんのお宅の家計管理に言及せず、
    回答者の収入に関係なく、
    ともかくお小遣い年85万を多いと思うか、少ないと思うかという感想が欲しいということでしたら、
    私は少ないと思います。

    我が家ではお小遣いは交際費という位置付けです。
    夫婦それぞれ月5万円です。
    家族以外の人との会食、飲み会、レジャーに使う費用です。

    今年は使うことが出来ないので、お小遣いが貯まる一方という人は多いと思います。

    薬、携帯代、生活消耗品、服飾、美容費等は家計費です。

    トピ内ID:3656723881

    ...本文を表示

    なぜ最初から年収を書かないのか

    しおりをつける
    🙂
    普段は節約家
    手取り一割が4万円なら、年収700万円ぐらいということですか。

    なら、月に7万円、年間85万円なら多すぎますね。なので、その一般的な小遣いの2倍の額の小遣いからふるさと納税をすればよいと思います。


    しかし、トピ主は説明が下手ですね。

    小遣いが多いかどうかは収入次第なのに年収を書かないし、夫婦どちらも年収700万円ぐらいなのか、どちからが多いけど世帯年収で考えているのか、とか疑問があるから、皆さんふるさと納税の話をするしかないのですよ。


    説明が下手だから奥さんとの話し合いもできないのだと思います。

    もうすこし説明、話し方の訓練をしたほうがよいと思います。重要な情報を隠すような説明で、仕事の会議とかできているのか心配になるレベルです。

    トピ内ID:1526592822

    ...本文を表示

    感想です

    しおりをつける
    🙂
    匿名希望
    85万円が多いか少ないかの感想をということなので書いてみますが、トピ主さんの投稿から次の類推をしていることを予め断っておきます。

    小遣いが手取りの1割とすれば4万円という記述から、トピ主家では月の手取り(可処分所得)が一人当たり40万円、二人で80万円、年間二人でおよそ1000万円の手取りと類推されます。世帯年収だと1400-1500万円でしょうか。妻より夫のほうが給与が多いという記述もあるのでもう少し上かもしれませんが、とりあえずこの数字で考えてみます。

    家計調査で可処分所得80万円程度の世帯の消費支出からトピ主家の小遣いには当たらないと思われる食料、住居、水道光熱費、家具家電、教育、娯楽を除くと残額はおよそ23万円と出てきました。これには衣服、健康医療、交通通信、その他(小遣い、交際費等)が含まれます。
    トピ主家の収入だと二人で割った11.5万円程度が日本全国の標準かもしれませんね。そう考えると一人当たり7万円は少ないという奥様の意見もわからなくはありません。

    これはあくまで統計上の平均ですから実際はそれぞれの家庭の事情により異なってくると思います。例えば都心に住んでいれば住居費が増える分、ほかの費用は下げる必要があります。子供が生まれてしばらく妻の収入が減るならそれも考慮する必要があります。そもそも子供が生まれたら家族は3人になるわけで、23万円を3人で割った7万円が一人当たりの「小遣い」としては妥当とも考えられます。

    しかし7万円からふるさと納税を払えというのはやりすぎかなというのが私の感想です。

    逆にトピ主さんにお聞きしたいのは、なぜ85万円の「小遣い」が高いと思ったかです。おそらくトピ主家特有の理由があると思うのですが、それを書いてもらったほうが有意義な回答が来る気がします。

    トピ内ID:5004449296

    ...本文を表示

    感想のつもりです

    しおりをつける
    🙂
    よもこ
    トピ主の家庭では、一点張りが有効なのだな、と。
    夫が何を言おうが、妻の主張が通るのだと。

    お小遣いの範囲が雑な制度であるというのが妻のやり方である、と。

    別に誤解はしてませんけどね。
    ただ、みなさん「変なの」「ならば判断が難しい」と
    感じるだけで、夫の方針でも妻の方針でもどっちでもいいですよ。

    何を言っても妻の主張が通るトピ主家庭ですから、
    奥さんを変えるのはトピ主さんには無理ですよ。

    ここで「足りる」という意見が多ければ、奥さんを論破出来ると
    思ったんですか?
    そんなのすでに何人もの人が回答している
    「人による」としか言えないですよ。
    生活レベルって人によって全然違うんですから。

    自分がどんなレスが返ってくることを期待していたのか。
    (心の奥底で)
    それと違うと、「誤解です」とか「前提が間違っている」とか
    いうトピ主レスになるんですよ。
    ふるさと納税やめれば?っていうレスも
    参考にしたらいいですよ。
    本当に聞きたいことと違ったとしても。

    トピ内ID:8356352019

    ...本文を表示

    我が家の場合ですが

    しおりをつける
    🙂
    還暦
    ただ単に小遣い85万円で足りるか足りないかを聞きたかったという事ですね?

    定年退職後、再就職年収450万円の夫の小遣いは月6万円、
    賞与はないので
    年間72万円の小遣いです。ほかに彼個人の収入が100万円ほどありそれは彼の小遣いなので、170万円ほどが彼の小遣い。

    私専業主婦で、携帯代被服費は家計から(夫もです)
    飲食(友人と出かけたとき)理美容、習い事で月3万円で年36万円
    そのほか、友人との旅行(今年は国内だけでしたが)で年平均40万円

    就労収入は現役時代の三分の一以下ですが、中々家計は小さくなりません。
    個人年金や不労所得が少々あるので何とかなっていますけれど・・

    働いている奥様の携帯やらコンタクトやら、さらに被服費まで込みで85万円なら足りないのも頷けます。

    トピ内ID:6407938200

    ...本文を表示

    貴方の奥さんには足りない

    しおりをつける
    🙂
    レボーグ
    収入やお金の始末の良さ、浪費癖など
    こればかりは人によって違うから
    世間一般を聞いても仕方がないですよね?

    よく聞くのは、収入の1割が小遣い
    昼食代や携帯代などは含まないんじゃないのかな
    被服費も通常の範疇なら家計からでしょう。

    コンタクトや生理用品、薬なども家計からだと私は考えますが
    それも、家庭によって、小遣いの範疇かどうかは分かれるでしょうか。

    あくまで予算を組んで、その中からの支出で
    家計の予算で賄えないものに関しては、小遣いを貯めて購入でしょうけれど。

    ふるさと納税関係なかったですね・・・

    子供を予定しているそうですが、家計管理に関して夫婦で同じ方向を見ていないと、争議の元です。
    此処の意見が一致しないと、家族ではいられなくなるかもしれないので、
    よくよく話し合って同じ方向を定めてから子作りされたほうが良いと思います。

    トピ内ID:4570840362

    ...本文を表示

    足りるかと言われると

    しおりをつける
    🙂
    まるこ
    足りないかもね。
    携帯代と美容費、化粧品代で2万。
    それに昼食代500円×22日で11000円
    服飾費1万円、雑費と引いて行くと残るのは3万ちょっと。
    コンタクト購入や飲み会があると足りないでしょうね。

    ほとんどノーメイクも同然の私でも化粧品月3000円
    美容院月5000円位はかかるものなので。

    ふるさと納税してないのでどういう使い方なのかわからないのですが
    食材をリターンしてもらうのなら食費じゃないの?
    また手続きした人は控除されて、しなければそのままなら
    トピ主さんだけ利用されて、奥さまはやめとけばいいだけの話です。
    お小遣いの運用は個人の裁量っていうなら、口出ししないのがいいんじゃないかな。

    トピ内ID:5433943204

    ...本文を表示

    奥さんの感覚は普通

    しおりをつける
    🙂
    番茶
    年収を考慮すると、それだけの個人分の生活費を含んでの月7万は慎ましいくらい。ほぼ同じ年収の自分も、それくらい使っているけど、独身時代からFP基準を超える貯金を継続してできていて、やや始末屋寄りという認識です。ちなみに、その内訳だと純粋な小遣いは2万も残りません。今はコロナのせいで、もう少し残りますけど。

    食費日用品で4万という暮らしぶりなら、月手取り80万の半分以上、妻側の給与手取りに近いくらい貯められるはずですから、夫婦2人の間は現状維持でいいのでは。妊娠後はライフスタイルが変わるので減額を受け入れやすくなるはずです。

    それと、高所得世帯の共働きで行くなら、妻の収入減の時期をどうするかの問題はあるものの、先に大物出費積み立てと貯金を抜いて残で暮らすというアバウトな家計設計もありだと思います。重要なのは貯金額ですから。

    トピ内ID:6238808085

    ...本文を表示

    会社員なら足りないと思う

    しおりをつける
    😀
    40代専業主婦
    美容室はカットのみ。(カラーやパーマする方は、もっと高くなるはず)
    化粧品、サプリ、シャンプー・トリートメントはまとめ買いしているため、
    すべて美容関連の項目に入れてあります。アレルギー体質で、無添加や
    無香料にこだわっているので、やや高めかも。
    服飾費は普段着、部屋着、下着類などが主で、コートなどの高価な服は
    買わないと仮定した場合です。
    身体が弱い為、医療費はもっとかかる月もあります。
    今はメガネですが、コンタクトの時は更に月5千円くらいプラスでした。


    美容室     0.5万円
    美容関連    2.5万円
    服飾費     0.5万円
    通信・交通費  0.5万円
    医療費     1.0万円

    習い事     1.0万円(現在お休み中)

    習い事をせず、友人とも会わない(交際費なし)と仮定した場合に、
    月に5万円です。でもこれ、私の感覚では生活費(維持費)であり、
    「お小遣い」という感覚ではないです。
    月7万円しかなかったら、会社勤めの女性だと足りないでしょうね。
    交際費、昼食代、服飾費が掛かるでしょうから。

    「雑な管理方法」になるのは、奥様には線引きが難しいからなのでは?
    ふるさと納税は、、意味不明ですね。。
    「お金にうるさく面倒くさそうな夫で、奥様さぞかし大変だろうな」
    というのが私の感想です。

    トピ内ID:9535766464

    ...本文を表示

    すごぉい!

    しおりをつける
    🙂
    りんこ
    うちは子供二人いますので、夫婦共に30歳ですが、妻側はほんと、ユニクロでのお買い物も久々にする、くらいしてないです(笑)

    夫は月に、3万円。
    ですが、あまり使わず財布の中でどんどん増えてます。
    コロナで、飲み会もありませんしね。

    子供がうまれたら、自分になんてなかなか使えないですから、使えるときに使うのはありだと思います☆

    トピ内ID:0688715735

    ...本文を表示

    ここで本トピックスは締めさせて頂きます。

    しおりをつける
    🙂
    waive
    トピ主です。
    皆様、思っていた以上に数多くの、様々なご意見を下さり有り難うございました。
    私としては十分なご意見が集まったかと思いますので、ここでこちらのトピックスは締めさせて頂こうかと思います。

    さて、まずは、こちらのサイトを初めて使うもので、どこまで記載して良いものか分からず投稿の内容も中途半端で伝わりにくくなってしまったこと、お詫び申し上げます。
    一番多かったご意見としては、(ふるさと納税を除き)
    ・世帯年収の記載が無かったり、家計と小遣いの区分が分かれていないため自身と比較できない
    ・美容や服飾、交際費など上を目指せばいくらでも目指せるので使う個人による
     (更には年代によっても異なる)
    といったところですね。当然と言えば当然、、

    一部、細かな内訳まで記載いただいてる方もいらっしゃり、私は妻が何にどれくらいの費用をかけているのか想像もついておりませんでしたが、何となくのイメージを掴むことができました。大変有り難かったです。

    また、夫婦円満のアドバイスを下さった方。
    「例えば娘が生まれて娘が結婚した時のことを考える」
    なるほど、、大変心に響きました。
    今の自分、妻との関係を見直すきっかけになりそうです。
    貴重なアドバイス本当に有り難うございました。

    じき子供も出産しますし、マイホームの購入計画もありますため、これを良い機会に小遣い/生活費の線引きを我が家なりに話し合って決めてこうと思います。

    厳しいご意見も多数ございましたが、活発なトピックスとなり幸いです。
    改めて、有難うございました。

    トピ内ID:3011066524

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0