詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    贈与税について、詳しい方教えて下さい。

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    桜もち
    話題
    祖母が高齢で、認知症も出始めました。
    すると伯母から生前贈与をするべきと私の父に連絡が来たそうです。
    父の兄弟は、伯母、父、叔母の3人兄弟です。
    祖母は父家族と暮らしており、叔母と伯母は結婚し遠くに住んでいます。祖父は亡くなっています。

    この伯母が昔からお金にがめつい人でした。
    遺産のことについては父と祖母で話をしていたようで、叔母とも相談し、祖母に言われていた伯母の分500万を振り込んだそうです。
    それでもまだ出せと言っている様ですが‥
    内容は兄弟で500万ずつ、残りは葬式や介護用に父へとのことでした。

    伯母は色々大変な方なので、振り込んだ後は縁を切るつもりだと父は言っています。

    私が気になるのは贈与税についてです。
    年に110万を超えた超えた贈与は、贈与税がかかると思います。
    もし伯母が贈与税を払わなかった場合「知らなかった」などと父にお金を要求することが考えられます。
    父に贈与税を払う義務は出てきますか?
    伯母からのお金を要求するメールなどは保存させ、いくら支払ったかも証拠に残すよう言っています。

    今後なにか気をつけておくことややる事はありますか?

    トピ内ID:8921773313

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 31 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 8 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    贈与税を払うべき人は

    しおりをつける
    🐤
    ICHICO
    贈与を受けた人なので伯母様本人が払うべきですし、他の人に請求が行くことはありません。

    >もし伯母が贈与税を払わなかった場合「知らなかった」などと父にお金を要求することが考えられます。

    請求があって、プラスで贈与税分のお金を伯母さまが受け取りますと、その金額分がさらに贈与されたお金として加算されますから、更に贈与税がかかるのよ。

    注意点は「必ず証拠の残る口座送金」であることですね。

    それから、500万円の出どころは祖母の口座からですよね。
    お祖母様の委任は受けておられますか?
    もし委任を受けてもいないのに勝手に大金を移動させる行為は犯罪ですよ。

    認知症初期段階なのであれば、今のうちに贈与契約書を作成しましょう。

    トピ内ID:4966068356

    ...本文を表示

    払わなくても

    しおりをつける
    🙂
    ぴー上海
    相続時精算課税制度というの知ってますか?

    これを利用すれば税金は払わずに済むかもしれませんよ。贈与 が 祖母が亡くなった時に相続として精算できる制度です。たぶん二千数百万まで非課税だった

    と思いますが、、、、

    伯母の件は無茶なので突っぱねればよいと思います。

    トピ内ID:3609140536

    ...本文を表示

    面倒ですね

    しおりをつける
    🙂
    よつば
    普通は相続税を節約するために生前贈与するのですが、3年以内にお祖母様が亡くなると贈与税と相続税の両方がかかるので、むしろ損になります。

    次に、節税かどうかにかかわらず、「生前贈与したから相続は対象外」とはなりません。
    もちろん、生前贈与は特別受益として考慮されるべきですが、がめついのですから素直にハンコを押すとは思えません。
    ハンコを押してくれないと誰も相続財産を受け取れません。

    安心材料としては、贈与税は受け取った人が払うべき物です。
    振込で通帳に記録を残したなら、これ以上贈与した側がすべきことはありません。

    また、贈与税の対象となるかどうかは伯母様次第です。例えばお子さん、お孫さんの学費がかかっており「500万円は叔父からの支援だ」と言って認められれば相続税はかかりません。(1年で学費として500万使い切れるかどうかは別として)

    気になるのは振込の名義です。お祖母様名義なら問題ありませんが、万が一お父様名義だとすると、相続に何の関係も無いことになります。
    つまり、500万円はあくまで兄弟間の贈与であり、相続は等分しろと言われても反論できません。

    もう遅いですが、振り込まずに「もう長くはないんだから待ってろ」と言って時間を稼ぐべきでした。

    500万円貰ったことは忘れて三等分が伯母様の狙いだと思います。

    トピ内ID:0437215711

    ...本文を表示

    基本もらった人が払う

    しおりをつける
    🐱
    とろりん
    ただ、誰のお財布から納税されても税務署から見れば関係なく、あくまで納税されればおっけい、「知らなかった」で済まされないように叔母には納税義務について事前に念押ししておくべきでしょう、申告義務もありますよ。

    それにしても初めに払った500万にも贈与税はかかるはず、そっちは「知らなかった」でうやむやになっているのですか?一応時効は7年だったかと思いますが、発覚すれば利息や追徴が付くのでそっちも懸念材料。

    祖母に残る老後資金がいくらくらいかわかりませんが、今分ける必要が?そもそも認知症の人の財産を勝手に動かすのはそれはそれで違法、祖母の了解は取ってあるのですか?祖母死後にもめない対策も必要ですね、縁切りしても遺産分割時に叔母のハンコが必要です、ハンコ代を要求してくる可能性だってある、残りの財産を再び分割要求してくるかもですよ。

    贈与の税制や書面のかわし方、後見人の指定等、気にすべきことは多々あるので調べてみることをお勧めします。相続放棄は祖母存命中にはできませんが念書くらいは取っておいたら?

    トピ内ID:9043153271

    ...本文を表示

    素人ですが

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    「生前贈与」は相続税を少しでも減らすため、贈与税を減らす制度を使って贈与するのが基本だと思います。

    ネットをみると、いくつかの方法が書いてありますが、「叔母に500万を一度に振り込んだ」のなら、普通に贈与税がかかると思います。

    ただ、贈与税は贈与された本人に請求が行くので、与えたお父様に請求はなく支払う義務もないはずです。

    「その分の上乗せを欲しい」と叔母に言われたら、渡すことも可能ですが、上乗せ分にも(叔母に)贈与税がかかります。

    親から500万の贈与(親の預金か現金から500万を叔母の通帳に振り込んだ)なら、「直系尊属より受ける贈与」の表で、基礎控除110万、残り390万に15%課税、さらに10万控除され

    (500-110)×0.15-10=48.5(万)の贈与税になるそうです。

    なお、生前贈与をしても、残った最終の遺産は「遺産分割協議書」を作り、相続人全員の署名と実印の捺印が必要でしょう。(でないと、祖母名義の預金が下ろせない解約できない)

    祖母名義の預金は既に解約済みで、資産もゼロならなんとかなるのかもしれませんが。

    でも、税務署が来ても相続額を証明できるような(解約済み)通帳などの書類は必要だと思います。

    あと、叔母とやりとりした書面やメールは紙で保管。振り込んだ記録も保管するなどしましょう。

    トピ内ID:0462339740

    ...本文を表示

    基本の基本ですが…。

    しおりをつける
    🙂
    油揚げ
    贈与税は、贈与を受けた側が支払う税金です。

    伯母が贈与を受けたのですから、贈与税は伯母が支払うべきものです。

    ただし、贈与を受けた側が贈与税を支払わない、支払えない場合は贈与した側に連帯納付義務が生じます。

    これは、相続税法の中で定められています。

    おそらく、贈与側に連帯納付義務を問うまでには、贈与を受けた側に税務署から調査や督促、差押え等が入ると思いますし、伯母が独身か既婚か分かりませんが、そんなことにでもなれば家族も無関係ではいられないと思いますから、伯母の家族が何とかする…という可能性もあると思いますが。

    そして、連帯納付義務が問われるのは贈与した側ですから、おばあ様の生前贈与をしたのであれば、万が一その責任が問われるとしたらおばあ様のはずです。

    ただ、伯母には既に支払い済みとのことですが、振込名義は誰になっているのでしょうか。
    お父様名義での振込みであるなら、お父様が伯母に贈与したと判断される可能性もあるような気がしますし、振込みの手続きをしただけで、お金の出所はおばあ様である、おばあ様の財産の生前分与であるということを立証できる資料は必要な気がします。

    実際の相続が発生した時にも揉めそうな気がしますから、専門家に相談をして、法的な効力のある書類等を作成しておいた方がいいように思いますよ。

    トピ内ID:0135818712

    ...本文を表示

    贈与税は受けた側が支払うもの

    しおりをつける
    🙂
    ロック54
    贈与税は贈与を受けた側、つまり伯母さんが支払う税です。
    お父さんに原則支払い義務はありません。

    で、トピの文章でいろいろ破綻というか、
    言葉おかしいところがあるので訂正しますけど、

    この伯母さんに贈与した500万円というのは祖母の
    お金なんですよね?でしたら祖母はまだ存命ですから「遺産」では
    ありません。遺産なら「贈与」ではなく「相続」です。

    もしお父さんに伯母さんに贈与した贈与税の支払いの
    可能性があるとしたら、伯母さんの死去のタイミングでしょう。
    伯母さんの夫が伯母よりも先に他界していて、
    且つ、伯母さんの子供も他界、あるいは相続放棄した場合、、、
    だろうと思います。

    つまり伯母さんの支払いやら納税負債というマイナスの財産を
    相続順位的に誰も相続出来ない場合は、その兄弟姉妹にまで
    かかる、ということです。

    まあ、その場合でもお父さんがまだ存命ならお父さんの時点で
    (伯母の遺産の)相続放棄手続きをすれば良い。
    お父さんが相続放棄をすればトピ主さん(トピ主さんの兄弟姉妹にも)
    にはもう関係ない話になりますから(親が相続放棄をすればその子らに
    相続権は移行しない)。

    トピ内ID:5880516965

    ...本文を表示

    少し読み間違えてました

    しおりをつける
    🐱
    とろりん
    500万振り込んでさらに500万要求してきたと思ってレスしましたが違ってましたね、ま、贈与税は確実にかかりますので,今からでも申告、納税をお勧めします。前レスで誰のお財布から支払ってもおっけいとは言いましたが、納付書名義は叔母あてです、支払い義務は叔母にありますが、叔母から祖母へ「知らない代わりに払え」と言ってくる可能性はゼロではないということです。

    しかし、税務署も贈与の有り無しや金額をくまなくチェックし把握しているわけではないので、もしかしたら時効まで督促や調査が入ることがない場合もあります。

    いったん返金してもらい暦年贈与を5年に分けてやり直すという裏技もありますが、それが税務署に通るのかどうかまではわかりません。祖母が完全に認知症になってしまったとき、祖母の資産は亡くなるまで動かせないことを考えると、主さん父側も今のうち資産を賢く移してておくことも考えておかないと、介護費用、葬儀代、その他諸費用を立て替えることになりますよ、そこは大丈夫ですか?

    トピ内ID:9043153271

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0