詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    変形性膝関節症のリハビリの治療について

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    とり五目
    ヘルス
    私は、膝痛と骨粗鬆症で悩んでいる60代の主婦です。 変形性膝関節症のリハビリについてご存じ方がいらっしゃいましたら、ご意見を伺いたくご相談いたします。 今日、近くの総合病院に行って膝のレントゲンをあらゆる角度から撮ってみていただきました。 先生からは、変形性膝関節症は、治らないと言われました。 7~8年前から、膝痛で2、3軒、整形外科に通って、投薬治療や張り薬他を行い、骨粗鬆症の治療でプラリアという半年に一度注射をしてビタミンDを服用する治療をしていました。 今は、階段昇降は、手すりにつかまって、1段ずつ、歩行も不安定で正座もできません。最近、主人にもわかるほど、悪化してきました。 家の中でも転びそうになったりします。 私は、治らなくても、少しでも長く、悪化を防いで自分の足で歩きたいと思います。 それで、整形外科のリハビリをやってみたいと考えています。 また、整体や整骨院も、少し、考えていますが、料金が少しお高めなので考え中です。 リハビリや、整体で膝の可動域は広がるのでしょうか? リハビリについて、ご経験の方や、ご存じの方がいらしたら、教えて頂きたいのですが... よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:1841041283

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 16 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    筋トレとダイエットです

    しおりをつける
    🙂
    ともみ
    私も変形性膝関節症です。 加齢によるもので、骨折のように治るものではありません。 ずっと整形外科にリハビリに通っています。 電気治療の他は訓練で、具体的には少しのマッサージと筋トレです。 もちろんその時だけでは、何もしないよりマシかも、なので 日常的に筋トレしています。 ダイエットは太っている場合には必須です。 軽い方が関節にかかる負担が減りますからね。 正座はできなくてもかまいません。 私はできるけれどしないようにしています。 膝が悪くない人にとっても負担のかかる体勢なので。 とにかく筋トレです。 整形外科の中でもリハビリに力を入れているところ、 スポーツクリニックと名乗っているところがいいと思います。 膝の可動域を増やすのではなく、筋肉を伸ばししまょう。 凝り固まっている筋肉をほぐしてやるだけで 膝は曲げやすくなります。 その運動のやり方は整形外科の訓練で教えてもらえますよ。

    トピ内ID:5842380597

    閉じる× 閉じる×

    同年代です

    しおりをつける
    blank
    マグネシウム
    他の方も書いてますが、ダイエットと筋トレです。 ダイエットで体重を減らして膝にかかる負担を軽くする。 同時に筋肉をつけて筋力で体重を支えて膝にかかる負担を減らす。 もしトピ主さんが体重が多めでしたら、いきなりハードな運動をするのはよくないので、水中ウォーキングがお勧め。 適正体重でしたら、ウォーキングやスクワットがお勧め。 正しいスクワットのやり方はネット検索して下さい。 骨粗鬆症には縄跳びがいいですが、これも過体重の人にはお勧めできません。 ともかく筋肉のコルセットで体重を支えることを意識して下さい。 また、タンパク質とカルシウムを意識してとることが大事です。

    トピ内ID:0488568720

    閉じる× 閉じる×

    私は骨切りという手術をしました

    しおりをつける
    🙂
    みなこ61歳
    兵庫県在住です 近所の整形外科で人工関節をうんざりするほど勧められましたが 別の病院で骨切りを勧められ兵庫医大を紹介されました 素晴らしい先生と出会い私の人生は変わりました。 今は両足とも手術して頂き、痛みもなく散歩も買物も自由にできるようになりました。 骨切り術で調べてみて下さい。

    トピ内ID:9487729324

    閉じる× 閉じる×

    膝関節の専門医

    しおりをつける
    🙂
    ビオラ
    治りませんと言われて無治療ですか? 痛みがあると動くのが辛く生活の質が落ち辛いと思います。 変形性膝関節症は軟骨がすり減った状態、O脚なら膝への体重が均等に掛かるように整形外科で足底盤が保険適用で作れます。定期的なヒアルロン酸の注射、関節の炎症を抑える、必要に応じて軟骨表面を整えるとか痛みをとる治療法はあります。最終的には骨切り術や人工関節置換術。 骨粗鬆症は体重が少ない(負荷が少ない)人もハイリスク。 どちらでも筋肉筋力をつけることは必要。横になっても椅子に座ってもできる軽い運動を毎日根気よく続けると年齢に関係なく筋力がつきます。これもしっかりと指導してもらうといいのですが。 近くに人工関節置換術をしている膝関節の専門医のいる病院を探して受診してはいかでしょうか? 転倒しないように十分気をつけてください。

    トピ内ID:7772902871

    閉じる× 閉じる×

    人口関節

    しおりをつける
    blank
    吹雪
    母(七十代)が腰椎骨折で一部人口骨、姉(五十代)が両股関節に人口関節を入れる手術をしました。 母は激痛と、下半身麻痺で歩けなくなっていたのが歩けるように、 姉も激痛で高齢者よりも遅いスピードでしか歩けなかったのが、普通に生活ができるようになりました。 人口股関節が入っているとは全く分かりません。 どちらも複数の病院を周りましたが、リハビリや薬、注射を繰り返し大変辛い日々でした。 地元(田舎です)の市立総合病院に行ったところ、すぐに手術をすすめられ行ったところ良好な結果となりました。 どちらの家からも、一番近い病院だったのでもっと早く行けば良かったと言っています。 コロナ前だったのでお見舞いに行け、他の患者さん(膝に人口関節等)やご家族の方とも良く話したのですが 人口関節なんて怖くて仕方なかったけど、本当にやって良かった、もっと早くやれば良かったと皆さん話していました。 また、姉の主治医は大学病院からの応援医でしたが、 こちらの先生も、ほとんどの患者さんが手術をして良かったと言ってくれると話していました。 医師の腕や考えもあると思いますが、 病院をいくつか周り、それぞれの医師に痛みと苦痛を相談し手術という選択も考えてみてはと思います。

    トピ内ID:7795525863

    閉じる× 閉じる×

    レス、ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    とり五目
    <ともみ様> ダイエットで減量し膝の負担を軽くするのと併せて、筋トレをすると良いとの事。 私は、身長からの標準体重より、10キロも太っているので、ダイエットを試みながらも、今まで、痩せられませんでした。でも、これから先の人生、歩くことも困難に なったらと思うと減量ですね。筋トレは、動画サイトで、軽くやっていました。 昨日、フィットネスバイクを注文しました。 頑張っているかたの助言を読ませて頂いて有難かったです。 ありがとうございます。 <マグネシウム様> 私は、体重が多めなので、水中ウォーキングールが合うかもしれません。 近くに、市民プール(温水)があります。膝を守るためにも良いと思います。ご助言ありがとうございます、 また、タンパク質とカルシウムを意識して摂ると良いとの事。骨粗鬆症で骨折とか、怖いので参考になりました。 ありがとうございます。 <みなこ61歳様> 骨切り術を受けられて、痛みもなく散歩・買い物も自由に出来るとの事。 そういう手術もあるんですね。 今まで知りませんでした。 ネットで、しっかり調べてみます。 ありがとうございます。 <ビオラ様> わたしは、O脚のため足底盤は試した事があります。 筋肉筋力をつけることが必要との事。 椅子に座ったままできる「ごぼう先生のDVD」を買い、毎日ではないですがやっています。 今まで、私の考え方の甘さから根気よく毎日は出来ませんでした。 膝関節の専門医に診てもらいたいとおもっています。 ありがとうございます。 <吹雪様> お母さまとお姉さまが手術を受けられ、共に普通の生活ができるようになられたとの事。 大変良くなり、手術を受けられた病院にもっと早く行けば良かったと思われているとの事。 今まで、人口関節は、怖いと思っていましたが、早く、良い先生をみつけて、考えてみます。 有難うございます。

    トピ内ID:1841041283

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]