詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    肺結節について

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    朧月夜
    ヘルス
    お読みくださいましてありがとうございます。 48歳女性です。 半年前にCT検査をしましたところ、肺の上右部に直径4ミリの結節があるという診断を受けました。悪性のものか、ただの炎症であるか、判断がつきかねるとのことで、半年後に再検査となり、昨日同じ検査を受けましたところ、状況(結節の大きさ等)が全く変わっていないとのことで、更に半年後に再検査をすることになりました。 「ちょっと長いスパンで、経過観察に通ってもらうことになりそうだね」と主治医先生からは言われました。 又、何度もCT撮りに来るのも嫌だったら手術してしまうのもありだけど、ということも言われましたが、今回は当然と言いましょうか、経過観察を選びました。 はっきりと悪性の腫瘍等と診断されなくて肺に結節が出来たと診断されました方、どんな治療、どんなフォローをされましたでしょうか。ご経験されましたことをお教え頂けますでしょうか。 よろしくどうぞお願いいたします。

    トピ内ID:5042517724

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    並び順:古い順

    すりガラス陰影増大

    しおりをつける
    🙂
    PON
    去年同じ様な経験をしました。 色々と心配な事と思いますが参考になれば思いレスさせて頂きます。 去年1月の検診の際にレントゲンにて結節影があり肺癌疑いでCT撮影。 指摘箇所に所見はありませんでしたが、別の場所にガラス影が見つかり経過観察3ヶ月後に検査予定でしたがコロナ禍の為、6月再検し放射線医師よりすりガラス陰影増大との事で専門病院へ。 腫瘍マーカー検査、ヘルカリCT検査、炎症反応検査等の検査を行いましたが腫瘍とも炎症とも確定出来ず。再度半年後にCT検査を行い陰影は消えておりました。経過観察は終了との事でしたが原因不明な為、今でも落ち着かない気持ちではあります。 医師からはトピ主様と同様なお話がありました。経過観察を行い異常影の変化(増大、不変、縮小、消滅)により次に打つ手を決めるとの事でした。 私自身1番辛かったのは診断もつかずに、もし癌だとしたら早期治療の機会を逸しているのでは無いかといった焦りや不安を抱えながらの生活でした。 トピ主様も心配は尽きない事とお察しいたしますがご自愛下さい。

    トピ内ID:9066010782

    閉じる× 閉じる×

    PON様。

    しおりをつける
    blank
    朧月夜
    トピの内容上、なかなかレスもつかないよねえと苦笑しておりましたが、とても参考に、そして励みになりますお返事をありがとうございました。 すりガラス状の文字を見てハラハラしながら読みましたが、陰影が消えたとのこと、良かったですね!そうなんですね、PON様のようなケースもあるものなのですね。 焦りや不安の件りも、本当に想像つきシンクロ出来過ぎて。。最初に診断を受けた時は、何も手につかないほどでした。 もちろん今も心配は尽きませんが、現実を受け入れよう、と思っております。 大袈裟かもしれませんが、診断を受けたことで、健康にこの世界に居れるということの有り難さを実感しております。 きっと、時間を置かれての定期的なものとしての検診をまたお受けになりますよね、PON様もどうぞ、ご自愛を下さいませ。

    トピ内ID:5042517724

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    レスします

    しおりをつける
    家人はセカンドオピニオンの末、がんに特化した病院に転院し、肺がんの外科的手術を受け下葉を切除しました。10年後、同じ右肺に影が見られ経過観察の後、二度目の外科的手術を受けています。 転移ではなく二次癌と呼ぶそうです。腫瘍マーカーも変化なく、PET検査を受けても主治医の判断は微妙なものでしたが。。2年経過後、少し大きくなっているので話し合いの末、手術を受け無事に寛解しました……。 しかし8年後の2年前に、またまた影が見つかり現在、経過観察中です。血液検査や腫瘍マーカーからも、がんの兆候は見られず、さすがに本人も私も不安よりは慣れと申しましょうか、がんと共に生きてきたので、ドッシリと構えています。生活も普段通りです。 トピ主さんも不安であれば、セカンドオピニオンを受けても良いかもしれませんね。私も呼吸器に疾患があり、現在は信頼出来る素晴らしいドクターに診てもらっています。 以前そのドクターは私に、セカンドオピニオンするなら高名な先生を紹介しますよ、なんて言うんですけどね(笑)

    トピ内ID:7193116833

    閉じる× 閉じる×

    ユ様。

    しおりをつける
    blank
    朧月夜
    ご家人様は勿論、お支えになられましたユ様にとっても、本当に大変なご経験談をありがとうございました。 長く戦い、付き合い、共存することも考えなくてはならないかもしれないのですよね。本人も家族も、ずっと低い嫌な気持ちでいるわけにもいきませんものね。 おっしゃいますように、セカンドオピニオンのことを、はい、帰りの電車の中で考えておりました、どこかのタイミングで考えなくてはならないかも、と。 ご家人様は特に、コロナでご心配かと存じ上げます。どうぞくれぐれもお気をつけてお過ごし下さいませ。

    トピ内ID:5042517724

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]