現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ポスドクの彼氏との将来について悩んでいます

お芋
2017年3月26日 5:29

ポスドクの彼氏との将来について悩んでいます。同じような立場にあった先輩方から、自分ならこのようにした、こうして乗り越えた、諦めたという経験談をお伺いしたいです。

当方20代半ば社会人、彼氏は30代半ばの理系のポストドクターです。
研究をきっかけにお付き合いさせていただき、もうすぐ3年目を迎えようとしています。共に、「いつか結婚できたらいいね」という意思はあるのですが、具体的な話し合いはできていない状態です。
現在は同じ地域に住んでいますが、今年度で彼のポスドクの契約が切れることになり、かつ来年度の職が決まっていないため、今後は遠距離恋愛になるかと思われます。
さらに、彼の年齢の都合上、ポスドクに挑戦できても次が最後のチャンスなのではないかと双方判断しています。(上のポストは難しいそうです)

最近は私の周りの同級生も結婚や出産といった将来への計画を立て、正直なところ焦ってしまっている自分がいます。
もし、このまま結婚できたとしても、彼はいつパーマネントの職に就けるか分からない。ましてや、同じ地域に住むことは研究職である限り難しい。
また、双方子供がほしいとは思っているのですが、彼の収入では出産・子育てに向けた貯蓄は難しいと言われました。
幸い、私自身が大手企業に勤めており、養っていけるだけの給与は貰えるため、金銭面で私が大黒柱になることは構わないと思っています。
ただ、今働いている地域は実家から飛行機の距離であり、この先一人でフルタイムで働きながら、将来の夫とは別居で暮らし、誰の力も借りれない状態で子育てできるのかと思うと、不安でしょうがないです。

好きだからこそ支えてあげたいと思う反面、収入面でも、子育てでも、自分が第一線で頑張り続ける覚悟が持てずにおり、彼氏に申し訳ないです。
こんな意気地ない私に何かアドバイスいただけないでしょうか。

ユーザーID:6751132839  


お気に入り登録数:49
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:17本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
彼は結婚する気が無いのでは?携帯からの書き込み
ナツ
2017年3月26日 12:28

彼がずっと研究したいのなら結婚自体難しいですが、資産家のお嬢さんが専業主婦で彼を支えるなら可能かと思います。
なので、彼は結婚する気はないか、彼の夢を100%支えられる人としか結婚しないのでは?

あなたが彼と結婚してもほぼシングルマザーの状態になりますよね?
それ、幸せですか?
彼の愛情を感じますか?
いずれ離婚しませんか?

ユーザーID:1347978680
うーん
HIM
2017年3月26日 13:12

結婚しても変わらないかもしれませんが
子どもが出来たり産まれたりしたら、
相手がポスドク諦めて別の仕事始めるとか、
トピ主さんと一緒に暮らすようになるとか
何らか変わるような気がしますけど。。

ただ相手がポスドクやめた場合に
どんな職業につけそうな人なのか、が気がかりです。
トピ主さんがメインで仕事・相手が子育てメインとなれれば
相手の仕事がゆるくても大丈夫だと思いますが・・

ユーザーID:2560026611
よくある話です
りんご
2017年3月26日 13:14

一般に、このような場合、あなたの仕事を優先させます。
子どもが生まれた場合は、男性のほうが専業主夫となり、子どもの育児も夫が優先して担います。
子どもがある程度の年齢になれば、あなたの負担も軽減され、その時に夫となる人がどのようなポストに就いているのか?ということだと思います。
妻がフルタイムで働き、夫が非正規の仕事を一生続けているケースも少なくありません。
ただし、あなたの場合、彼と別居せざるを得ない状況のようですから、一般論とは違う選択をしなければなりません。
あなたはまだ若いから、別れることも選択肢の一つになると思います。

ユーザーID:5151034864
大学の教員です
ゆりいか
2017年3月26日 19:31

理系で博士取得後、ポスドクを経て、任期なしの職につけた大学教員です。
その彼は30代半ばということですが、理系は、確かに任期なしの職に就くことは難しいかと思います(当方も運が大半だったと思います)。ただ、本当に研究者として優れている人は、何かしら求められるポジションがあります。
その彼は不本意かもしれませんが、稼ぎのしっかりされているトピ主さんを支える専業主夫になった方が良いのではないかと思います。
もはや博士取得者は多すぎて、研究職に就くのは困難を極めている状況です。
プライベートでトピ主さんのような素敵な女性に知り合えただけでも、その彼はラッキーな人生であるのではないかとも思います。
研究者以外の道も考えられることを私はその彼にお勧めしたいです。

ユーザーID:2633741539
相当覚悟が必要
大学教員
2017年3月26日 23:41

30代半ばでポスドクの彼。今後は「賭け」でしかありません。何歳以降で希望がなくなるのかは分野によって異なるので、何とも言えませんが、40歳を超えたら難しいというのが一般的なところです。理系だと、企業に就職する道もあったりするのではないでしょうか?30代半ばで無職になるというのは、なかなか研究の道では難しいところです。

ですが、この厳しさは、研究者なら誰でも経験することです。研究と仕事、勤務地、出産時期のことも共通の悩みです。

ただ、あなたが一人で抱え込みすぎている気がします。もっと彼と話し合って、二人で解決策を見つけるなり、どちらかが妥協するなりしなくてはいけません。彼は家庭のことを考えずに、ただ研究しているだけですか?そんなの自分勝手で、甘えです。

二人で何を優先するのか話し合うべきです。一緒にいることなのか、子供を持つことなのか、お互い活躍することなのか、全て手にする人もいるかもしれませんが、少ないです。全て実現しようとがむしゃらになって、体を壊してしまう人もいますから。

ユーザーID:3904114362
あなただけが焦っても無意味では。お相手の方とよく相談して。
りん
2017年3月27日 14:08

ポスドク(理系)の男性とトピ主様と似たような状況を経て結婚しました。

前提としてトピ主様のお相手の状況ですが、今後研究分野でパーマネントの職につくことは厳しいと思います。(私も主人と同職場だったため似た状況をいくつも見てきました)
専門分野によって異なるでしょうが、職を得るには周囲の助けやツテがなければ難しいです。
努力よりも運が今後の人生を左右すると思います。

主人は残念ながら運にめぐまれず、今は私が大黒柱となって家計を支えております。

結婚されるなら遠距離ではあなたに負担がかかりすぎで、かなり無理があります。
お一人で子育てをするのはトピ主様は勿論、子供にとっても不幸せでしょうし、お相手の方もあなたがどれほど辛いか、遠方では理解できないでしょう。
それについてお相手の方はなんと仰っていますか。
トピ文にはあなたのイメージしか描かれてないように思います。
まず将来像の共有が必要では。

覚悟なんて誰だって無いです。
未来は予測できないし結果は変えられない、後悔だってきっとする。
訪れる危機を乗り越えていけるほど相手のことを信頼できるか、自分を信じきれるか…のような気がします。

ユーザーID:7325147692
別居婚も結構いいものかもね
都内在住
2017年3月28日 16:09

30代半ばでポスドクということは、恐らくアカデミアでのパーマネント職は難しいでしょう。しかも、現在のボスは何も動いてくれていないから、来年度から無職になるのでしょう?

私も、元ポスドクの夫を持つので、ポスドクの厳しさはよくわかります。

ただ、それでもなんとか乗り越えてきてしまった今となってみれば、別居婚でも別にどうってことはないのでは?とも思います。研究者には結構多いです。そうしなければ生活が成り立たないので。

結婚相手としては、今の彼がいい。そして子供は持ちたい。というのなら、別居婚を覚悟するだけです。子供が小さい間は大変ですが、自分と子供だけなら、生活は結構楽になります。長い結婚生活ですから、ずーーーっと一緒というのもどうでしょうね。仕事を持っているのなら、覚悟をもって続けられるでしょう?

自分の人生を自分で舵取りして生きられること、って結構気持ちいいと思いますよ。
そこに、一応夫という存在もいるのだし。。

若い時は一人で大丈夫だろうか・・・なんて考えてしまいがちですが、人生は長い!子育て期間も長い!年とともに強く、たくましくなりますよ。

ユーザーID:5505631125
叱咤激励ありがとうございます。
お芋(トピ主)
2017年3月28日 20:54

トピ主です。ナツさん、HIMさん、りんごさん、ゆりいかさん、大学教員さん、りんさん、様々な立場から声をかけてくださり、ありがとうございました。
本当は個別にお礼を申し上げたい所ですが、まとめての形で失礼致します。
皆様からの意見を受け止め、私自身が考えたことや彼の立場を記します。

まず、彼は結婚する気があるのかどうかという点に関してですが、現状では気持ちとしては確かにあるものの、将来の収入が見込みにくいという自らの立場上、言い出しにくいのかなと感じています。

また、研究者以外の道もあるのではないかという点に関してですが、率直な所、正社員として働くのは難しいだろうなと思います。研究が企業で応用しにくい分野のため、(地球、素粒子、天文といった理学の内容です)この業界から民間会社に再就職できた例はあまり聞きません。彼も、再就職するなら、塾講師や家庭教師なのかなと考えているそうです。ただ、今はまだ研究の道を進みたいとのことですので、応援してあげたいと思っています。

長くなり、申し訳ございません。もう少し続きます。

ユーザーID:6751132839
続きです。
お芋(トピ主)
2017年3月28日 21:15

彼がどう考えているのか二人で話し合うべきだというご意見に関してですが、おっしゃる通りだと思います。本当は今すぐにでも話し合いたいと思っているのですが、彼がポスドクを続けたいと願っており、次のポストを探しているこのタイミングが適切なのかどうかでかなり悩んでいます。現状、彼は自分のことで精一杯な状況なのに、ここでさらに焦らせてプレッシャーをかけてしまうのではないかといった不安があり、見守っている状態でした。

レスを拝見させていただくと、ゆりいかさん、大学教員さん、りんさんや皆様の配偶者が大学教員の立場にいらっしゃるのかなと感じたのですが、皆様はどのタイミングで将来設計について話し合われたのでしょうか。よろしければお教えください。

最後に、彼には専業主夫という道もあるという提案ですが、私も彼がそのように希望するならお願いしたいと思っています。ただ、彼自身は10歳以上年下の女性に養ってもらうということに関して抵抗を感じているようです。私が気にしなくても、やはり世間体を考えてしまうのかなと感じられます。

皆様のご意見を受け止め、もう少し適切なタイミングで話し合えたらと思います。

ユーザーID:6751132839
ジャンルにもよりますが…私の周りのケース
私も大学教員
2017年3月29日 11:49

私も現在は任期なしの大学専任講師をしています。
専門は医療系、地方国立の大学院博士課程を修了後、休職した助手の代理の後は
アカポスがなかなか得られず、専門を生かした外資系企業勤務を経て
現在はひょんなご縁があり、地方私大で教鞭を取っています。

理系と一口に言っても、ジャンルによりポストの得られやすさはかなり違います。
特に、生命科学系では、研究者人口とポストの数に乖離があり
なかなかアカポスが得られていないケースが多いです。
これらの分野であれば、今後よほどの事がなければパーマネントは得られにくいかと思います。

もし、トピ主さんの彼が生命科学系で、かつアカポスを諦める勇気があるようなら
実験機器メーカーへの転職をお勧めします。
会社により程度は違いますが、高学歴でもテクニックがあれば採用されやすいです。
本社はその多くが首都圏ですので、トピ主さんとの同居も可能かと思われます。
私の前の勤務先には、私の他にもオーバードクターやポスドクからの転職組もいました。
ご参考まで。

ユーザーID:7637387756
物理でしたか・・・そりゃ大変だわ。
私も大学教員
2017年3月31日 12:35

28日のトピ主様レスがアップされる前に29日にレスしてしまったので
的外れなアドバイスになってすみません。

物理も、ここ数年ノーベル賞受賞で脚光を浴びている割に
研究者人口とパーマネントのポストの数に乖離が大きいですね。
素粒子を専門としていた物理屋さんが
数学やコンピューターの能力を活かして
大学の別分野(情報処理系など)でアカポスを得たケースを複数知っています。
その多くは、先輩のつてで引っ張ってもらったのと
近年のノーベル賞研究に絡んでいます。

厳しい事を言いますが、トピ主さんの彼氏に人望がないか
(大規模なグループで研究する事もあると聞いており、能力と共に協調性も必須だと思われます。
私の知っている人は、いずれもコミュ力がとても高いです。)
素粒子の分野でメインストリームにいないため、次がないのだと思われます。
アカポスはそろそろ諦め時ではないかと。

あとは研究テーマそのものでなくても
研究手法(実験なり計算なり)が活かせる企業があるといいですね。
意外な所で需要があるかも知れないので
技術系に特化した人材紹介会社への登録を勧めます。
私も登録して3か月で決まりました。

ユーザーID:7637387756
レス拝見しました
大学教員
2017年4月1日 10:39

私は納得のいく職場に割と早く入れて、その後に主人(別業種)と出会ったのであまり参考にならないかもしれません。互いの勤務地は同じ市というわけにはいきませんが、同じ家から通える範囲なのでやっていけています。

男性研究者がパーマネントな職についてから近場で相手を見つける、というパターンが割とすんなりいってるようです。30代後半のことが多いですね。

研究者同士だと、パーマネントな職につく前から結婚してる場合もありますよ。子供を数人持っている場合もあります。おそらく実家の援助があると思いますが。どちらかというと奥さんにバイタリティがあり、旦那が就職できなくても自分は絶対大丈夫!くらいの自信がある感じです。

就活してる彼の邪魔をしたくない・・・と思っているといつになるかわかりませんよ。押し切る必要はないと思いますが、真面目な話としてお互いの気持ちを確認しておいたほうがいいかもしれません。

ユーザーID:1840573426
ポスドクってシステムは、酷ですね。
2017年4月3日 0:56

娘が結婚した時、彼はポスドクでした。娘は大手企業に勤めており、彼は遠距離の大学にいましたので、別居結婚に踏み切りました。
その後、2人とも30代後半になりましたが、彼はポスドクのまま。
このままでは子供を育てることも難しい、と、悩んだ結果、彼は民間に就職しました。
幸い、専門分野を活かした仕事に就くことができ、今は、2人の子供に恵まれ、家族仲良く暮らしています。
彼は、研究を取るか、家庭を取るか、かなり悩んだようですが、2人で話し合って決めたようです。
いつかはまた、そちらに関わっていけたら・・・との夢はあるようですが、今の仕事でもかなり会社で認められて来ており、転職して成功だったと言っております。
家庭を取るか、研究を取るか、本当に難しいと思いますが、どこまで家庭生活を重視するかが、決心のしどころではないでしょうか?
年齢はあっという間に重ねられていきます。
また、転職する時、信頼できる先輩に相談した結果「その分野で、大学に残って講師等に進むのはかなり厳しい」との助言を受けたことも、転職に踏み切った要因だったそうです。

ユーザーID:1809573092
けっこうバラバラ
元研究者
2017年4月4日 12:42

ポスドクの間に結婚して子供を作る人も多いですし、晩婚の人もいます。
配偶者は専業主婦の場合、転勤に付いていく家が多いですが、
相方が定職を持っている場合は、その近くでポストを探し、ダメなら単身赴任という感じです。
やっぱり子供は30前後になってからという人が多いですね。

うちの場合、先にポスドクを脱した方に合わせることに決めていました。
35歳を過ぎてもポスドクだったら、アカポスは諦めるべし、という期限も決めていました。
ただうちは2人とも子供は欲しくなかったので、子供の期限は決めていませんでした。
ほかのポスドクで子供の欲しい人は30までにと決めていましたし、
欲しい場合はやっぱり早い方が良いでしょう。

重要なことは、優先順位を決めることです。
研究なのか、一緒にいることなのか、子供なのか、住居なのか。
産んでからは実はなんとかなるもんです。

ユーザーID:8131332828
お答えします
ダビガトラン
2017年6月18日 18:22

>収入面でも、子育てでも、自分が第一線で頑張り続ける覚悟が持てずにおり、彼氏に申し訳ないです。

んじゃ、結婚したら彼氏の足を引っ張るだけですね。

ポスドクが生活の保障を立てにくいのはわかってんでしょ。
だったらなんですぐ結婚しようとか言いだすのさ。
彼氏がポスドクの立場から、正規のポジションにつけるようになったら
結婚すればいいだけの話。
すぐ結婚したいのはただのあなたのわがままに過ぎません。そんなものに
彼氏の人生を巻き込まないでほしいですね。

ユーザーID:9943508961
塾講師も楽しそうですよ。(前編)
門前の小僧
2017年8月2日 23:30

物理系、数学系でアカデミックに残るのは至難の技ですよね。予備校の数学や物理の講師は超難関大出身の理学博士がゴロゴロしています。かく言う私の主人も塾講師です。(始めの3年は大手予備校に席を置き、その後、独立しました)

幸い、私の主人は子供が好きで、毎日子供達相手に色んな物理実験を披露して楽しそうです。今の時期は夏休みの自由研究にかり出され忙しそうです。最近は、個人で実験動画配信や学習アプリ制作などの方法もあり、一口に塾講師と言っても様々です。

主人は数年前から塾に併設してカフェを始めました。『鉄道カフェ』とか『編み物カフェ』の科学版みたいな感じです。高等物理を熱く語れるカフェのマスターになるのが夢だったそうです。
流行り廃りがあるので長くは続けられないかもしれませんが、今のところ順調なようです。大手コーヒー店を追い出された学生が集まってきていて、レポートのアドバイスを求められたり、卒業後の進路相談を受けることもあるそうです。まさにトピ主さんの彼のような立場にいる人の相談にのることも多いとか。主人は「自分が楽しく過ごしている姿を見て勇気を持ってもらいたい」と言っています。

ユーザーID:9502570468
塾講師も楽しそうですよ。(後編)
門前の小僧
2017年8月2日 23:35

もちろん大変なことはたくさんあります。収入は不安定ですし、平日夜や土日祝日が稼ぎ時なので、一般事務職の私とは完全にすれ違い生活で、子供が小さいうちは特に大変でした。
でも、安定した職に就いていてもリストラの不安はつきまとうし、夫が激務で妻がワンオペ育児なんてよくある話です。塾講師だけが特別大変だとは思いません。
もちろん、塾講師以外でもこれまでの経歴を活かしつつ、今から始められる仕事はあります。色んな可能性を模索してみてください。

責任感が強い方の場合、女性が「いざとなれば私が稼ぐから大丈夫」と言っても逆効果になる事があります。それよりも、「貴方なら他の道に進んでもうまくやれる」と背中を押してあげた方が気持ちの整理がつきやすいのではないでしょうか。研究者以外でもやっていけそう、それなりに楽しそうと希望を持つことができれば、研究者を諦める事への心理的ハードルが下がり、前向きに次に進めるのではないでしょうか。
また、「いざとなれば○○も悪くない」と思う余裕が出てくれば、今の研究に集中することができ、研究職に残る道が拓けるかもしれません。

ユーザーID:9502570468
 
現在位置は
です