詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ワイン好きの方に質問

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🎶
    ルンルン
    話題
    ここ最近、ワインに興味を持ちはじめた者です。そこでワイン好き・ワイン通の皆様に質問です。

    1)みなさんにとってワインの魅力って何ですか?
    2)自分は時々ワインは飲みますが、基本的に「あ~おいしい♪」と思ったことがありません。
    そんなもんでしょうか?
    3)皆さんはワインをどのように楽しんでいますか?

    よろしくお願いします。

    トピ内ID:9008737230

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    気軽に

    しおりをつける
    blank
    フミ
    お酒はご自分が美味しいと思うお酒を飲むことが一番と思います
    ワインは苦手、日本酒のみという女性も結構いますし、断然ビール党の女性もいます
    男性も本当にお酒の好みは分かれます
    まずいろいろなカクテルなどから入られたらいかがでしょうか?
    また何かの機会に飲んだワインが美味しかった
    そこからワインが好きになったという人もいますよ
    お酒は気軽に楽しみましょう
    ちなみに自分は若い頃はワイン党で飲みはじめたら一本軽く開けるほどでしたが
    病気を機会に酒をやめ、今はたまにビール一杯くらいです

    トピ内ID:0767131641

    閉じる× 閉じる×

    家庭では難しいのかも

    しおりをつける
    アイラブワイン
    1)やはり美味しいこと、ですね。あと当たり外れがあることも。

    2)そんなも【ん】かもしれません。ちゃんとしたお店でちゃんとしたワインを飲むと、美味しいですが、家だと同じ銘柄でも、それなり、ですね。温度管理が甘いからでしょうか。

    3)お店で頼むこともあれば、スーパーで買って家で楽しむこともあります。


    私の人生で一番美味しかったのは、ハンガリーのトカイで白ワインのテイスティングをしたときです。
    ワインって、こんなに美味しかったっけ? と再認識しました。

    トピ内ID:3380578317

    閉じる× 閉じる×

    白が好き

    しおりをつける
    🙂
    こるとん
    私はワインの中でも白ワインが好きです。
    ワイン購入には基本的に自分の小遣いの範囲でしか購入できないので、
    高価なワインはなかなか口にできないのですが、
    そんな私でよろしければご質問にお答えさせていただきます。

    1)について。
    赤、白どちらも大変種類が多い。常に新しい出会いがあるところです。
    同じ造り手さん、同じ畑のワインでもヴィンテージによって差があります。
    最近になってその違いが判るようになってきました。
    一緒に食するツマミや料理によっても味が変わったりします。
    そんな多様性に富んだところが好きです。

    2)について。
    たまたま巡りあっていないだけでしょう。体質的にお酒ダメって事でなければ。
    1000円代のワインでも赤・白美味しいワインは星の数ほどあります。

    3)について。
    私の楽しみ方は「塩で食べるざるそばに合う白ワイン」を探すことです。
    そば・塩・ワインこの3つが完璧に融合する組み合わせを日々捜し求めています。

    主様にもワインの楽しみ方が見つかる事を祈ります。
    「ワイン」をキーワードに検索すると、他の方も色々質問してますので
    参考になるかもしれませんね。

    トピ内ID:0092736981

    閉じる× 閉じる×

    素人のワイン好きから、、、

    しおりをつける
    😠
    yoshi
    先ず、赤、白、どちらのワインでしょう。それとブドウの種類は?例えば、
    ボルドーの赤ワインは、カーバーネー・ソーヴィニョン、メルロー等のブドウを使用、色も濃く、やや強め。ブルゴーニュー地方の赤ワインは、ピノ・ノアーと言うブドウを100%使っています。色は透明感のあるピンク色、味も柔らか、一般に言って、ピノ・ノアーは高いです。
    白ワインもシャルドネー、ソーヴィニョン・ブラン等の種類がありますので、あなたがどのワインを飲んだかですね。
    因みに、自分は昔からワインです。夕方家で音楽を聴きながら、バーに行ってもワイン。勿論赤も白も嗜みますが、のんべいは赤が好き、とか聞いた事がありますが、確かに自分は赤が好きです。
    ワインを飲むとき、ブドウの種類を知ると良いですね。この方がやわらかい、こちらの方がコクがあって味が深いとか、自分なりに判断すれば良いと思います。
    それから、チリのワインはお勧めです。値段も手頃。赤も白もいけます。どの種類のブドウを使っているか、ラベルに書いてあります。
    ワインは、美味しいと言うより、うまいと言いたいです。
    うまいワインに出会いますよう。では、よし。

    トピ内ID:4164957423

    閉じる× 閉じる×

    ワインよく飲みます

    しおりをつける
    blank
    さき
    主人がワイン好きなので普段からワインを飲んでいます。

    1)ワインの魅力は、収穫年、場所、醸造者 により味がさまざまであるから、これらを比較しながら飲むのが楽しいです。

    2)あ~美味しい! と感動できるワインは時々で会います。
     ルンルンさんがおいしいと思えないのは、ワインに慣れる段階を踏んでいないからじゃないでしょうか。
     まず白の甘口を試してください。これが入門編です。
     ドイツのリースリング種ならワインに慣れていなくてもおいしいと思えるはずです。 次のステップは白の辛口か赤のごくごく軽く若いワイン  そして上級編が赤ワインです。もちろん白の辛口にも上級編はありますが。

    3)普段の夕食時にも料理に合わせてワインを考えるのが楽しいです。もちろん、レストランでレアなワインを手の込んだお料理といただくときは最高です。 
    レストランへあらかじめワインを持ち込みをお願いしておき、ワインに合わせた料理を作ってもらうこともあります。持ち込み料をとられるので、高価なワイン(1本5~20万くらい)しか持ち込みませんが。

    トピ内ID:5994273724

    閉じる× 閉じる×

    ワイン好きです。

    しおりをつける
    blank
    まりも
    ワインが日常のテーブルにあたりまえに出てくる、世界的な生産地でもある、ヨーロッパの某国に長く暮らしていました。その間に様々なワインを飲むうちにすっかりワインが好きになりました。

    1)ワインは葡萄という農作物から作られる飲み物なので、同じ葡萄の品種(メルロー、カベルネ等々)であっても、産地、風土、気候、作り手(醸造家)が変われば味もがらりと変わります。細かく言えば、収穫する日が違っても味が変わります。まさに一期一会の面白さがあります。
    あとは赤ワインは、時間が経つと徐々に味が変化するところも魅力です。

    2)私はおいしい~と思いながら飲んでます。でもワイン歴の浅い夫は「おいしいのかどうか、よくわからない」と言います。ワイン歴を重ねると、おいしいと思うようになるのでは?

    3)食べ物とのコンビネーションですね。このワインはブリ大根に合うな~とか。レストランでも料理を決めてから、ワインを決めます。
    あとは、この値段でこのおいしさ?!というワインを見つけた時は、やった~~と思います。

    トピ内ID:3588541205

    閉じる× 閉じる×

    お酒全般好き

    しおりをつける
    blank
    ai
    1)食事に合うこと。パスタ、肉料理、など味の濃い料理がいいかなあ。
     色も美しいし、オシャレな気分で楽しめるところがいいと思います。

    2)最初はそんなもんだと思います。
    いろいろなワインを飲むうちに、おいしいと思うものに
    巡り会えると思います。甘いワインが好きな人もいるし、渋いものや
    酸味がきつい物がいいとか、いろいろありますから。

    3)最近はお酒を控えていますが、普通に居酒屋やバーで
    ハウスワインを飲んだりしますね。○いざりやとかでも。
    チーズと合わせて飲むのもいいですね。アテも楽しみなんで。
    家のみでは、酔いつぶれる目的で、400円くらいの
    安いワインをがぶ飲みしたりもします(笑)

    トピ内ID:1636819777

    閉じる× 閉じる×

    よく飲みますワイン。

    しおりをつける
    🐧
    penguin
    大好きですが、そんなに詳しくありません。
    家でも飲みますが、バーやレストランで飲むことが多いかも。

    外で飲むと多少高くつくんですけど、贅沢な気持ちになれるし、
    やっぱりプロについでもらうと美味しいって感じます。

    バーで、ちゃんとしたグラスで、プロについでもらう。
    ワインほど時間の経過で味が変わる飲み物はないので、
    1杯を30分以上かけて飲むこともよくあります。
    「こういう感じのワインが好き」と伝えたりもします。

    バーであれば、バーテンダーに「初心者なんです」と伝えて、
    ワインを使ったカクテルを飲んでみてもいいかも。
    色々飲んでると「この感じのワイン好きだな」っていうものがきっと分かりますよ~

    トピ内ID:2928221659

    閉じる× 閉じる×

    ワイン大好きです

    しおりをつける
    blank
    りん
    1.なんだろ、いろんな料理に合うし、料理に使える...後はやっぱりおいしい!果物好きってのもあるかもしれないです。
    2.お酒強いですか?強くない人がいきなり飲んでもきついと思います。デザートワインから初めてはいかがでしょう?度数も4、5%で、ジュースみたいな感じです。それから白やロゼ、で赤。赤を好きな人はお酒強い人が多いです。さっぱり系ならやっぱり白、ロゼがおすすめです。ブドウ以外の果物から作ったワインもいいですよ。甘いので飲みやすいです。
    ビールを初めて飲んで、「あ~おいしい!」って言う人あんまりいないと思います。ワインも同じく、飲んでるうちにおいしさが分かってくるんです。安くてもおいしいワインいくらでもありますよ。
    3.大抵食事と合わせますが、休日など昼間っからワインにつまみで飲んでます。海外在住ですが、お気に入りのワイナリーから直接ケースで買ってます。2人暮らしですが、毎日1本の割合で空けてます。

    トピ内ID:3545512849

    閉じる× 閉じる×

    大好き

    しおりをつける
    blank
    ワイン全く詳しくないですが、大好きです。友人にワイン通がいて私の自宅で飲み会をした時に色々教えてくれはまりました。それまでは”おいしい”と感じたこと無かったんですが・・・その友人はまず抜栓してすぐに飲ませてくれ、その後デキャンターで暫く空気に触れさせて飲ませてくれました。決して高いワインではなかったのですが、その味の変化と美味しさに参りました。それからは美味しいものを食べるときにはそれに合いそうなワインを飲んで楽しんでます。まだ暑いですが、これか冬になると生牡蠣にキンキンに冷やしたシャブリ(辛口の白、ピンきりで千円前後でも美味しいのがあります)なんか最高です。

    トピ内ID:3557903014

    閉じる× 閉じる×

    好きです

    しおりをつける
    blank
    じゅん
    1)おいしいこと、楽しいこと
    2)それは まだワインの魅力に目覚めてないからです
    3)一人では飲まない。誰かと飲むと、それだけで味が数段上がります。
      食べ物と一緒に。パンとチーズだけでもいいです。もちろんご馳走もよいです。ワインと一緒に食べると食べ物が美味しくなり、食べ物と一緒に飲むとワインが美味しくなります。

    以下は 私個人の考えですが、と断りが必要かもしれません
    まだワインに目覚めてない人は、安い物ではなく ある程度評価の確立した それなりの値段のもの(小売りで赤1万円、白5千円くらい)から手を出したほうがいいと思います。
    安くても美味しいワインがある、と言えるのは、ある程度経験を積んだ人だと思います。
    初心者がおそるおそる安物ばかり飲んでいても、美味しくないものにあたる確率のほうが高いと思います。
    それから、グル(導師)を見つけるといいです。
    一人で手探りしているよりも、はるかに効率よく美味しいワインを飲めます。

    トピ内ID:6083891692

    閉じる× 閉じる×

    さほど詳しくはありませんが、いろいろ飲みました。

    しおりをつける
    😍
    ソウイチ
     お酒全般好きですが、ワインは特に奥が深いです。

    1)⇒一番は美味しいこと!次に夢があること!超高級ワインからテーブルワインまで幅が広いですから、『将来、絶対ウン万のワインを飲んでやる!』とポジティブになれます。ウイスキー・日本酒(純米酒)等も良いですが、特にワインは個性も多様で飽きません。

    2)⇒1000円ずつ上げて2万までの著名なワインやセカンドを飲むと、感動できるワインに出会えるかと。
     幸いながら、私は初めてのワインが大変美味しく、それからハマりました。
     その後も、数百本飲んで、何度も感動できるワインに出会いました。
     さほど高額なワインでもありませんでしたので、重ねて感動したのを覚えております。

    3)⇒自分で見つけてきたワインや、試飲したワインを、自宅で頂いてます。
     バー等で飲むのも良いですが、私は選ぶ過程も楽しんでいますし、ストレス解消の意味もありますので、仲間と飲んだり、1人で飲んだりとアットホームな形が多いですね。
     ちなみに、一番楽しかったのは、ワインの飲み比べです!同銘柄年代別、同国地域別、各国別等々。仲間とやると面白いですよ。

    トピ内ID:2791829553

    閉じる× 閉じる×

    ゴルフとおなじ・・・で

    しおりをつける
    😀
    鯨夢
    長い間の経験ではないでしょうか。」

    アルコール度は日本酒より少し弱いくらいですが、考える以上に酔っぱらいます。気をつけましょう。
    1)その魅力は日本酒以上に味の多様性です。日本酒の場合は原料が米で似ていますがブドウは品種、質に多様性があります。中には獣臭いブドウもあります。
    同じ醸造酒でありながらワイルドから洗練までの味がその魅力です。

    2)美味しいと感じるのは違うボトルを何杯も飲むことです。
     ウイスキーでも美味しいもの、そうでないものがあります。値段もあります。沢山ちがう味を味わってください。

    3)日本酒の代わりに呑んだり、毎回代表的なブドウ(基本的に5種位)の配合をベースに基本的な舌を養っています。
    まあ、葡萄酒ならば安いものでもデキャンタしたり1日置けばマイルドになります。この味の変化も楽しみです。

    トピ内ID:0513518413

    閉じる× 閉じる×

    自分がやりたいように自己流で楽しむ

    しおりをつける
    🙂
    りんりこりん
    1)甘すぎない点。食事と一緒に飲める点。種類が豊富で、どこの国にもある点。

    2)美味しくなければ飲む必要ないです。
    アルコールは、無理に飲むものじゃありません。
    無理にワインに的を絞らなくても、ご自身が素直に美味しいと思うお酒を、ご自身の五感で追及していく方が楽しいのではないですか?
    私は、気分に合うワインに当たった時、「あ~美味しい!」と思います。

    3)
    初心者:ラベル買い。もしくは、ブランド買いを繰り返す。
    少し慣れてきた頃:なんとなく、好みの味が出来てくる。あれは渋くて苦手だったとか、あれは甘すぎたとか、酸っぱかったとか。そのワインのブドウの種類、ワインの産地をだんだん覚えていく。
    だいぶ慣れてきた頃:ブドウの種類と、国、地域、熟成しているか新しいかで、なんとな~く味が想像できるようになります。自分がその日食べるお料理と、そのワインの味を想像してみて、自分的にマッチする組み合わせかどうかで決められるようになりますよ。

    あくまで自分が美味しいかどうかが全てなので、お肉には赤、とか決めないで色々チャレンジして楽しんでくださいね。

    トピ内ID:6258159355

    閉じる× 閉じる×

    ワイン好きです。

    しおりをつける
    😑
    El Sol
    1)みなさんにとってワインの魅力って何ですか?

    様々なぶどうの品種とワインの種類があって奥が深いです。白、赤、ロゼ、ポートワインや
    シェリー等本当に様々です。探究心、好奇心を満足させてくれることですかね。


    2)自分は時々ワインは飲みますが、基本的に「あ~おいしい♪」と思ったことがありません。

    ワインにはワインの美味しさがあります。例えばビールを飲む時にオレンジジュースのような
    美味しさを期待しても意味ないですよね?
    ワイン独特の香りの広がりや、滑らかな舌触り等が感じられれば、私は美味しいと感じるように
    なりました。

    3)皆さんはワインをどのように楽しんでいますか?

    ソムリエの友人にお願いしてワイン会を開いてもらい、そこで飲み比べ。ソムリエの解説と
    その場で比較できることから、ワインの奥の深さがよく分かります。
    あとはレストランで料理に合わせて貰うワインを楽しんでいます。

    その他はつまみと一緒に。
    様々なチーズや生ハムと合わせると、また一段と味わいが増しますよ。
    やっぱり一人ではなく、妻や友人との飲みが一番ですね。

    トピ内ID:0696971921

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      「出会い」と「目覚め」

      しおりをつける
      🎶
      お酒全般OK
      私も始めの頃は「ん・・ん??」と特にありがたみが分かりませんでしたが、
      とある人にとあるワインを教えてもらって飲んだら、
      「おぉ~~~!おいしーー!!!」と目が覚める思いでした。

      1)みなさんにとってワインの魅力って何ですか?
      色、味、香り、そして一緒に飲む人との雰囲気まで味わえること♪
      一人で飲むならばワインよりは泡系。
      値段が高いからおいしいわけではないのも魅力です。
      (温度管理や、あわせるお料理などにもよる)

      2)そんなもんでしょうか?
      そんなもんじゃないと思います(笑)
      数百円のテーブルワインから万単位の値段がつくものまで様々ですよね。
      ブドウの品種や産地も数あり、自分の求める味に出会えた時の衝撃は
      まさに運命、思わず甘い言葉をうっとりささやいてしまいそうなほど
      しっくりと馴染んで心地よく酔えてしまいます・・・(ヨダレ

      3)皆さんはワインをどのように楽しんでいますか?
      食べたいお料理に合わせて飲むワインを選んだり、
      一緒に飲む相手の好みを考えて泡白赤の組み合わせを考えたり…

      おすすめは何でもよいのでシラーズです。

      トピ内ID:0315761694

      閉じる× 閉じる×

      飲んだら寝る前に歯磨きか口すすぎを(翌朝歯がねっとりします)

      しおりをつける
      🛳
      車斗尾丸后
      1)ワイン単独での味も好きですし、料理(素材から味付けまで多岐に及ぶ)との相性がぴったりだった時の喜び。

      2)初心者はまず手頃な物から、と考えがちですが、思い切ってある程度値の張る、葡萄の特徴がはっきりしている物を幾つか飲み比べるのがお勧めです。安いワインは大抵ブレンド具合が良くも悪くもクセを軽減しますので。

      3) 1)と同じ。体を伸ばせる浴槽につかりながら一杯、も格別。

      尚、フランス産ワインに関しては、ラベルがフランス語表記の物を選ぶ方が外れが少ないです。たまに英語表記の低価格品を見かけますが、あからさまに輸出用、「異国のお前等にワインなんぞ分からんだろ!」が透けて見え、出荷以前の段階から保存が今イチだったのでは?という出会いが私には結構あります。

      トピ主さんが苦手でないならば、チーズ専門店で好みのチーズ(試食できる事も多い)を購入し、それに良く合うワインを紹介してもらうのも手です。こういうお店の店員さんは、お若い方でも両方を大変良く勉強なされています。

      現在私はワインアドバイザーの資格を持っていますが、上記は全て取得以前で素人目線の頃から不変です。

      トピ内ID:1271541698

      閉じる× 閉じる×

      まずは慣れが一番か

      しおりをつける
      💡
      ピノ・グリ
      ワインは経験によって嗜好が変わるお酒です。子供にとって最初ビールが苦いのと同じ。
      納豆やぬか漬け、味噌・醤油、ナンプラーも経験によって美味しさが育まれます。
      1,000円前後のものを飲み比べて自分にあったものを決め、それを自分のベンチマークとしましょう。

      あとは特に赤系で、開栓してすぐ飲む時とそれを放置して時間を置いて飲んでみて、味や香りの違いや、
      特に格段に美味しくなったと気がついた時…貴女はワイン道にハマりかかっています。

      トピ内ID:8306407383

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0