詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    逆流性食道炎、噴門部の緩みについて

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    say
    ヘルス
    37歳主婦です。
    腹痛、むかつき、胸焼けなどで胃腸科を受診、内視鏡検査の結果、
    逆流性食道炎と診断されました。
    確かに、食道が赤みを帯びて炎症を起こしていました。
    逆流性食道炎の原因のひとつとして、噴門部の緩みを指摘されました。
    こちらも自分の目で確認しましたが、確かに、カメラの周囲に隙間があり、
    このせいで胃液などが逆流しやすいとの事でしたが、
    こちらは体質、ストレス、加齢によるものだそうで、
    どうしようもない?というような診断でした。

    胆汁も逆流していたようです。
    (胃カメラ後で、少し頭がぼっとしていて、あまり突っ込んで先生に質問できませんでした)

    2週間分、パリエットとナウゼリンを処方され、
    食事や生活習慣にも気をつけているつもりですが、
    良くなってない気がします。

    タイトルにあるように噴門部が緩いと言うのが凄く気になるのですが、
    こちらは、何か鍛えたり、運動などで閉めるトレーニングのような物は
    無いのでしょうか?

    早く治したいとつい焦ってしまいます。
    完治する方法もありましたら教えて下さい。

    トピ内ID:7860692007

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 10 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    完治は難しい

    しおりをつける
    私も逆食
    35歳です。昨年発症して1年半経ちます。今も毎日PPIを飲んでます。

    発病したての頃が一番ひどくてひどくて、途方にくれてました。なによりもヒリヒリするような痛みが辛くて、朝から晩まで軽い吐き気でまともに食べれないし、体重もみるみる落ちるし、どうなることかと。

    今も空腹時にみぞおちあたりに空気が入ったような張り感や、痛みがあったりしますが、ちょっと症状は落ち着いているような感じです。そこで調子にのって食べ過ぎるとまたひどくなるんですけどね。

    噴門に関しては鍛えようがないと思います。「一度伸びてしまったゴムはもとには戻らない」ってことらしいです。

    でも噴門自体がゆるゆるになってしまっていることのほかに、噴門を開け閉めする自律神経がうまく働かなくなっていることもあるようです。もしそうならストレスをなくして自律神経がうまく働くようになれば、また噴門がきちんと閉じるようになるかもしれないですね。ただ、どうすれば自律神経を鍛えられるのかっていうのがなかなか難しいですね。

    とにかく厄介な病気だとおもいます。考えるとへこみますね。

    トピ内ID:5859870716

    閉じる× 閉じる×

    「リンカーン」で特集してました

    しおりをつける
    blank
    こっこ
    さまぁ~ずの大竹氏も患者のようです。(といってもごく軽度のようでしたが)

    主な原因として、以下が挙げられていました。
    1.喫煙
    2.遅い時間の食事
    3.油っこいものが好き
    4.辛い食べ物が好き
    5.老化

    1~4を避ければよくなるようなことを言われていましたが、噴門を締めるためにできることはないようです。
    手術すれば閉じることはできるようですが、手術になるのはひどい場合のみのようです。

    あと、吐くのは噴門に圧力がかかってよくないらしいです。

    トピ内ID:1758656652

    閉じる× 閉じる×

    お辛いですよね

    しおりをつける
    blank
    さら
    私は20代前半で数年この病気と闘っています。文字数の関係上言い切りの文体ですいません。逆流性食道炎は、胃食道逆流症という病気の一つで食道に炎症を起こす逆流性食道炎と炎症をおこさない非びらん性食道症に分類.難治性.症状:吐き気.嘔吐.胸焼.のどの痛み.げっぷ.胃痛(個人差有)原因:ストレス(胃液をたくさん出してしまう)や加齢.食生活。胃の入り口の筋肉の緩みにより、胃液が逆流しやすくなり食道を傷つけ炎症。時として、胃の出口の筋肉の緩みで、膵液や胆汁の逆流有。膵液はアルカリ性でタンパク質の分解。膵液で炎症を起こすことはなく胃液を中和するが栄養を吸収する小腸の前の胃でタンパク質を分解するので、体重減少の可能性有。治療:胃酸分泌を抑えたり、粘膜を保護する薬で症状の緩和中心。ひどい場合や希望をするなら手術。この薬を自己判断でやめたりすると再発のリスク大なので注意です。放置してればバレット食道となり胃がんになる可能性有。油ものやチョコ酒スナック菓子を控え満腹にならない,食後すぐ前屈や横にならないことです。寝るときは頭を少し上げると少し楽です!薬でほぼ症状除去することも可能なので一緒に頑張りましょう。

    トピ内ID:1962699515

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    say
    トピ主です。
    質問しておきながら、不調や多忙により、自分のトピを検索する
    余裕すらありませんでした。

    結局あれから、パリエット、ナウゼリンを飲んでいましたが、
    副作用で母乳が出てきてしまったため、服用を中止しています。

    長くかかる病気とのことで、漢方薬で治したいと思います。
    いままで胃腸が丈夫なのだけがとりえだったのに、悲しいです。

    アドバイスありがとうございました。
    頑張ります。

    トピ内ID:7860692007

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0