詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    大嫌いな人を好きになることってある…?

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    ユー
    恋愛
    約三年半仕事を共にした人です。

    前評判がかなり悪く、年下で女性で職制も下の私がうまくやれるか心配でした。
    案の定かなり厳しくて細かくて、毎回容赦なく突っ込まれ、かなり嫌でした。

    しかし、時が経つと、細かく口うるさいながらも色々と動いてくださる性格が解り、どちらかと言うとじっくり型の私と話が合うところもありました。しかし大半は反発を感じていました。

    今年度もお互いに異動がなく引き続き仕事させてもらっていましたが、七月に先方部署で担当換えがあり、先方は担当を去りました。その時、「良かったねぇ、うるさい奴がいなくなって」と本人から言われました。

    今は後任者と仕事をしています。内容は変わりませんが、担当同士の関わりはかなりあっさりしたものになりました。確かに何もなければ報告書類の提出だけですし。

    しかし、夏以降なんか物足りない感のあることに気付きました。寂しいなと思う自分もいます。

    これはいったいどうしたのだろうと、自分自身戸惑っています。また話がしたいなと思ったりします。

    もしかして、これは恋愛感情なのでしょうか…?
    それともただの感傷でしょうか?

    今一つ、解りません。

    トピ内ID:2646274254

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    異性なら、あるでしょ。恋の始まりはいつも勘違いから。

    しおりをつける
    ぽこ
    大嫌いから始まって好きになったのなら、だいだいだーい好きになりますよ、きっと。異性ならなおさらかも。

    トピ主さんの場合は、一度連絡をとって、食事でもご一緒してみてはいかがですか?彼のことを気にしているのが、たとえ大いなる勘違いだったとしても、恋ってそういうところから始まるもんじゃないですか?
    彼は仕事に厳しい人なんでしょう。ならば、一緒に仕事している以上、トピ主さんとお付き合いして公私混同してはいけない、と考えていたかも。今は離れたし、そろそろ秋、ひと肌恋しい季節だし、ちょうど良い時期じゃないですか?
    合うか合わないか、恋愛感情なのかどうかなんて、付き合ってから決めれば良いじゃありませんか。
    がんばって。

    ちなみに、私の大親友(同性)は、第一印象(中学生の頃)ではお互い嫌ってました。地理的にはすごく遠いけど、大人になっても付き合いは続いています。そんなこともあるってことで。

    トピ内ID:3383708461

    閉じる× 閉じる×

    あはは

    しおりをつける
    🙂
    梨好き
    大嫌いは大好きになりますよ!
    その逆に大好きは大嫌いにも…

    関心のない人にはいつまでたってもその関係は変わりませんね。

    不思議ですね人間って!

    以上半世紀生きてきて実感したことです。
    専門家ではないので真偽の程は定かではありませんので悪しからず!

    トピ内ID:3390798385

    閉じる× 閉じる×

    進め!トピ主さん

    しおりをつける
    アラ子
    直接関わることはなくなったんだし、これはチャンスなんじゃないでしょうか。

    取り敢えず、食事にでも誘ってみましょうよ。
    大変お世話になったのでって。
    年下の女性に慕われて?嬉しくない男性はいませんよ。そしてちょっと心にもないくらい褒めておきましょう。

    たとえトピ主さんの勘違いだったと判断がついても、無礼を働かないように気を付ければ、後々の人間関係に響くことも無いと思います。

    トピ内ID:4777122552

    閉じる× 閉じる×

    なるかもね。

    しおりをつける
    🐷
    ソラマメジェラート
    好きも嫌いも
    ベクトルが違うだけで「意識している」のは一緒ですもの。
    最初ダイッキライ!でケンカばかりしてた相手が、いまや大親友、とか結婚しちゃった、とかはよく聞く話です。
    私も、20年来の親友とは、知り合った当初は反発しあってました。

    トピ主さんとその元担当さんも、お互いにほっとけないタイプであったことは確かでしょうね。元担当さんだって、トピ主さんのことどうでもいいなら口うるさくはしなかったと思うし。

    また話がしたいなら、とりあえず連絡とってみては?
    そういう風に思える相手って結構貴重だと思いますよ。

    トピ内ID:9556510640

    閉じる× 閉じる×

    多分じゃなく好きなのでは?

    しおりをつける
    🐱
    neko
    好きと嫌いは真逆

    嫌いから始まった方が好きになった時より好きになると思いますよ。
    印象がマイナスからのスタートはそれ以上下がらないし後は良い所しか
    見えなくなるのではないでしょうかね。。

    一度食事でも誘って2人で会って話して自分の気持ちとも向き合ってみては?

    トピ内ID:9896206247

    閉じる× 閉じる×

    「嫌い」というより「自分に都合が悪い」相手だった?

    しおりをつける
    blank
    Papillon
    トピ主さんがその人が「嫌い」だと思ったのは、前評判という名の先入観と
    仕事に対するその人の態度が自分には都合の悪いものだったからですよね。
    人柄に問題があるわけではなかったから「細かく口うるさいながらも色々と
    動いてくれる」部分を評価することができたのでしょう。

    > 「良かったねぇ、うるさい奴がいなくなって」

    その人だって、自分のやり方が煙たがられることは承知だったのでしょう。
    それでも、仕事の上では必要だと割り切っていたのではないでしょうか。

    仕事って毎日のことですから、同じようなことがそれまでよりも楽に
    できればそれに越したことはないでしょうが、その人との仕事は決して
    嫌なことばかりではなかったんですよね。
    「自分の」至らないところを指摘されるのが不快なだけだったとか?

    それが恋愛感情であるか否かを決めてしまう必要はないと思います。
    相手の年がかなり上なら「父親のような頼もしさ」を感じたのでしょうし
    そこまででないなら「人として信頼できる」相手だったのかも。

    恋愛して差し支えない相手なら、動いてみてもいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:7122729607

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    🐶
    ユー
    皆様のレスを嬉しく拝見しました。

    確かに、大嫌いから始まったため、ちょっと気の効いた事や優しい言葉をかけてもらうと、拍子抜けというか、見直すところもありました。

    私とその方との取り組みになってから、過去から保留状態になっていた事を関係部署を含めて詰め直したり、マニュアルを整えて、説明会で2人で前に立ち研修講師をしました。それが一番の思い出です。研修打ち合わせの名目で、一度終業後に食事をしました。ご馳走していただきました。


    しかし、意見があわなかったり、向こうのつっけんどんな態度に私が抗議したり、就業間際にかかってくる書類の質問に延々一時間電話だとかと、色々ありました。

    先週、研修でお会いし、偶然席が隣だったので、久々に話しましたが、なんか懐かしかったです。向こうは淡々としていつもどおりでした。

    もう少し自分の気持ちを整理してみます。

    つたない報告ですみません。

    トピ内ID:2646274254

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0