詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    キャリアより家庭を優先?

    お気に入り追加
    レス63
    (トピ主7
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    こねこねこ
    仕事
    30代、子どもが3人います。

    一人目の出産を機に、仕事を辞めました。
    キャリアとしてはこれからが本番!という時で、大きな仕事をやり遂げたので、上司から「さらに大きな仕事を任せてもいいか」と打診された矢先に、妊娠に気づきました。
    妊婦で人の上に立つのは迷惑をかけるだけだと考え、辞退しました。
    出産まではできる仕事を普通にやっていましたが、出産と夫の転勤が重なり、退職しました。

    その後8年間、専業主婦をしてきました。
    在宅で時々仕事を受けたりしながら、スキルは磨き続け、勉強も続けてきました。

    そして、一番下の子が幼稚園に入ったのを機に、フリーとして復職しました。
    大好きな仕事で、本当は出産後も続けたかったのもあって、勉強は欠かさなかったし、細々とではありますが、人脈も大事につないできました。

    そして、今、大きなチャンスがやってきました。
    妊娠した時に、とてもやりたかったのに辞退した仕事と同様か、それ以上のやりがいのある仕事です。

    やりたい!と思う反面、今はまだ、仕事に100%の力を向けられる状態ではないと感じています。
    私はあまり要領のいいほうではないので、何かに真剣になると、そのことばかり考えてしまいます。
    今、大きな仕事を始めれば、四六時中そのことで頭がいっぱいになるのは目に見えていて、自分は楽しいかもしれないけれど、家族が犠牲になるのでは・・・と思うのです。

    そこで、チャンスをものにした方や、自分のキャリアより家庭を優先させた方などの体験談をお聞きしたいです。
    最終的に、決断するのは自分だということは、よくわかっています。
    ただ、人生でもうこんなチャンスは来ないだろうなとも思います。
    自分の決断を後悔しないため、今は、思いっきり悩もうと思います。
    体験談をお聞かせいただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    トピ内ID:4471169341

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数63

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (7)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  63
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    やってみるべき

    しおりをつける
    😀
    nova
    40代男性です。
    文面を拝見するに、その仕事はあなたの人生にとって大切なチャンスだと思われます。
    やらないと、今後の人生で「あの時やっていれば...」という後悔が来ると思います。
    ですから、やってみるべきだと思います。
    但し、あなたが懸念されているように、家族への負担は必ず出てくると思います。
    これは、その仕事を請ける前に、家族に負担をかけることをはっきり話しておかなければなりません。
    その仕事がどれだけ大切なものか、どのような形で負担がかかるのかを家族に、特にご主人によくわかるように話しておく必要があると思います。
    その上で、家族には負担をあらかじめお願いしましょう。
    そして実際にやってみて、どうしても問題が出てきたなら、その時は家族を取りましょう。
    仕事は無くなっても、家族とは死ぬまで一緒です。ご主人も、お子さんもです。
    たとえあなたが病気で余命半年になっても家族はずっと一緒です。
    ですから“最後は家族を取る”。
    この覚悟があるならば、堂々と挑戦されたらよいと思います。
    成功をお祈りいたします。

    トピ内ID:0663580522

    閉じる× 閉じる×

    家庭は仕事なんかより大きい

    しおりをつける
    blank
    ぶーすけ
    所詮他人が経営する会社で所詮は単なる一つの駒として働く事なんかより
    家庭形成はよっぽど大きい物です。会社なんて何かあったら簡単に社員なんか捨てますし、所詮、企業の営利経済活動ですよ。
    家庭ってなんでしょう?そんな物なんかとは比べものにならないくらい大きいのではないですか?それに、特にお子さんにとって親の代わりになる人はいない。あなたは世界でたった一人の母親なんです。代わりの会社の馬車馬は掃いて捨てるくらいいるだろうし、あなたが消えても別に屁とも思わないでしょうけど。

    トピ内ID:5244338252

    閉じる× 閉じる×

    両方経験アリ

    しおりをつける
    blank
    バナナ
    チャンスをモノにしたことも、キャリアより家庭を優先させたことも。
    そして、大きなチャンスを見送ったことも逃したことも。

    結局は、自分がこれから先にどんな人生を生きたいかに尽きると思いますよ。

    今回のチャンスを見送っても、それ以上の幸せを見出だせると思うし。
    今回のチャンスを手にしても、それなりの結果がついてくると思うし。

    向上心があり努力が苦ではない人は、悩み抜いてどの道を選んだとしても「選んで良かった」と思えるように生きるものではありませんか?

    ただ、旦那様や大切な子供がいる立場ゆえ、家族の理解と協力なくして自己実現は難しいはず。

    よくよく話し合うのは、自分自身とではなく家族と…ですかね。

    トピ内ID:9206304775

    閉じる× 閉じる×

    子供との時間を減らさないのがコツ

    しおりをつける
    blank
    とろろ
    仕事に集中すれば家族が犠牲に…は、なると思います。
    特に、今までほぼ家庭100%だったお母さんが仕事に注力することで
    一緒に過ごす時間や機会が減れば、寂しい思いはしますよ、絶対に。

    在宅なら、お子さんが寝てから仕事されればいいと思います。
    一級建築士など、在宅仕事をしている友人はそうしていますよ。
    下の子が小学校に入れば、日中も仕事できますし。

    トピ内ID:7431092647

    閉じる× 閉じる×

    答えはもう出ている。

    しおりをつける
    🐶
    51歳主婦
    >人生でもうこんなチャンスは来ないだろうなとも思います。

    これが全てでは。

    是非、「人生最大の、最後のチャンス」を掴みましょう。


    もし、チャンスを手に取らなかった時、三年後、五年後、十年後、二十年後・・・

    「あの時、子育てを選んで良かった」と心から思えるかどうか。

    いやいや。確率の問題ですが、まず後悔するのでは?

    トピ内ID:1037239957

    閉じる× 閉じる×

    サポート体制次第でしょうね

    しおりをつける
    blank
    らん
    私は二人目出産を機に退職しました。

    御主人はどのようにお考えですか?
    早い話、貴女に変わって家事や育児をしてくれる人がいれば
    (その人達に支払う経済的な力もあれば)
    何とかなることだと思います。
    御主人が主夫になることも、考えていらっしゃいますか?

    私にはそのような人もお金もなかったし、
    主人が家庭に入るという選択肢はほとんどない時代でしたので
    諦めました。
    1歳までは定時より1時間前に帰れるはずでしたが、実際には
    客先で私だけ先に帰れるはずもなく
    タクシーで保育園に乗りつける日が続きましたし、
    1歳以降は普通に働いてほしいと言われ(深夜近くまでのこともある)
    諦めました。

    そう、あの頃は本当に悩みました。
    悔い涙を流したこともあります。

    すぐに二人目に恵まれたので後悔はありませんが、
    女性がキャリアを積み、かつ子どもを育てる
    ことができる社会が来てほしいですね。

    トピ内ID:2038358895

    閉じる× 閉じる×

    貴女が

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    貴女が家族を大事と思うのと同じ様に、子供達だってそう、旦那さんだってそうなのでは?

    何が家族の負担で、何がプラスかなんて考えよう。
    子供の習い事だって家計からすれば負担だけど子供にとってプラスだからするんでしょ?
    貴女にとってプラスの事であれば、子供や旦那も協力する事はそんなにおかしな事ではない。

    ただ、説得できるかどうかの説明責任は貴女にあります。
    世の中のキャリアの女性の武勇伝を良いとこ取りして、頑張らないうちにうちの旦那はとか言うのはお門違い。

    使えるもの(第三者的なサポート)は何でも使う。
    家庭を最大限にかえりみる。
    要領悪いから、は言い訳です。被害を最小限にする策を張り巡らせてください。
    犠牲を犠牲のままにするか、これが我が家の幸せの形とするかは貴女の出方次第。

    少なくとも、旦那が駄目とか言ってるわけでも無い内に諦める理由はありませんね。
    子供も、やってみてもいない事を諦める理由に使われちゃかわいそうです。
    「ママが格好いいのは好きだよ」と言ってくれるかも知れないし。

    トピ内ID:1573702403

    閉じる× 閉じる×

    期間はどのくらいですか?

    しおりをつける
    blank
    たや
    大好きな仕事を再開され、チャンスが来た喜びが文章から伝わってきました。
    応援したい気持ちでレスしています。

    ただでさえ公私の線引きが曖昧になりがちな在宅のお仕事で、さらに小さなお子さんがいらっしゃる状況を考えるとためらう気持ちがわかります。

    もしとっても忙しくなるとしても、期間が定まっていて、それが比較的短いのならアリだと思いますが、旦那様はどのような反応でしょうか?

    私もフリーで仕事をしていて、時には数ヶ月かかりきりなことがあります。
    本当に忙しいときは、掃除、選択、食器洗いまで家電に任せ、食事は時短レシピで材料は宅配サービス、気分転換以外には家から出ないといった状態です。

    はじめは申し訳ない気持ちでいたのですが、夫から「個人で仕事を任されるのは凄いこと、できるだけ協力したい」といってもらえ、その後も問題は起きていないため、安心して仕事に取り組んでいます。

    さすがに365日となると無理があるので、1仕事終えるごとに休養期間を作って家に専念することにしていますが。

    旦那様とも、お子様とも事前に相談して、分担や最低限守る事等を決めておかれるとスムーズではないでしょうか。

    トピ内ID:4680277063

    閉じる× 閉じる×

    家族の理解次第だと思います

    しおりをつける
    🐤
    かっぱ
    今、まさに目の前にビッグなプレゼントが舞い降りてきた!
    このチャンスが最後かも、と悩む(うれしい悩みですよね)お気持ちよく理解できます。

    在宅で仕事を請けることができるということは、トビ主さんは何らかの専門職だと認識しております。

    トビ主さんの文章を拝見しておりますと、とても前向きで勉強熱心な方だと
    お見受けします。それだけに、家庭で専業主婦で収まるには無理があるかとも思います。人脈を繋ぎ、在宅でも受注できるということは、
    人当たりもいいし、人望で仕事を集めることも可能な有望な方なのでしょうね。

    ぜひ、仕事を続けて増やしていかれたらよいかと思います。
    人から必要とされればされるほど、よりがんばりたい、と感じるのでしょうね。

    ただし、家族(特にご主人)には、「あなたたちの理解があるから仕事ができるのよ、ありがとう」と感謝は常に言葉で伝えてください。
    そして、一人で仕事も家事も子育ても、と抱え込まずに少しずつご主人にも
    家事、子育てを分担していってもらえるよう、感謝の言葉と同時に手伝いもうまくシフトしていきましょう。

    私も、そうして子供ができてからキャリアアップできました。

    トピ内ID:4013931512

    閉じる× 閉じる×

    わたしも

    しおりをつける
    blank
    ゆたかな大地
    妊娠する直前までは そとで 働いて 仕事を こなしてきました。



    しかし 妊娠と 同時に 仕事は やめました。



    今は 専業主婦として 子どもの世話 主人への お世話 家事を こなしています。



    トピ主さまも 旦那様が 一生懸命 そとで 働けるように 旦那様を ささえて


    子どもさんたちの お世話も がんばっていらっしゃる ご様子ですので


    あなたも

    『陰・かげの 実力者』では ないですか ??



    今の 子どもたちが 将来の 未来を 作っていきますので


    たくさん 子どもさんたちに 愛情を ふりそそいであげて


    やさしい奥さま・あたたかい母親として


    どうか いつまでも すえ長く 旦那様と 子どもさんたちと、ぬくもりのある、あたたかい家庭を きずいてくださいね。



    旦那様とも 旦那様が 仕事が おやすみの日などに、しっかり 話しあって、思いやりのある あたたかい夫婦関係を きずいて、
    どうか いつまでも すえ長く 旦那様と 子どもさんたちと、ぬくもりのある、あたたかい家庭を きずいてくださいね。

    トピ内ID:7713494539

    閉じる× 閉じる×

    追い風は強くなってきてますか?

    しおりをつける
    💰
    さくらもち
    私も3番目の子どもが年長のときにビッグチャンスがめぐってきました。

    資格も何も無い一般事務のOLだったので専業主婦の間にコツコツと
    資格取得に励んでいました。
    それが果たして日の目をみることがあるのかもわからないまま、とにかく再就職の足がかりになるものをひとつでも多くとやっていました。

    ある日友人から
    「さくらもちにぴったりのセミナーがある。今まで取っていた資格に関連すると思う」
    と誘いを受けました。
    一度断ったのですが再度「絶対良いと思うよ」とセミナーの要項をわざわざ
    持ってきてくれました。

    何かを感じ、約1ヶ月間のセミナーを受け資格試験に合格。
    受講者名簿を見た現職場から求人の電話がきました。
    年長の末っ子が気になりましたが
    追い風がびゅんびゅん吹いてきて目の前に船が流れてきて
    「乗りなさい!」
    と言われている心境になり、乗りました。

    今8年が過ぎました。
    上の子の時には行った学校行事に末っ子の時は
    行けなかったり病気のときに義母に孫守を頼んだり、家族に迷惑をかけましたがあの時思い切って良かったと心から思ってます。

    トピ内ID:7522255518

    閉じる× 閉じる×

    犠牲にするとか。。。

    しおりをつける
    🐤
    ラッキー7
    犠牲にするとか、どちらかを優先させるとかいう見方、考え方をやめればいいんじゃないですか?わざわざ、自分を悪者にしたててるように聞こえます。家庭も仕事も自分が持ってる100%をつぎ込んでそれでも都合がつかないときはご主人様や、両親、友達、公共機関にお世話になればいいんです。
    頭を切り替えるのが苦手とおっしゃっていますが、家庭にしわ寄せがいくのがいやなのであれば、頑張って切り替える努力をしましょう。

    トピ内ID:3605796239

    閉じる× 閉じる×

    追い風は吹いてきましたか?2

    しおりをつける
    💰
    さくらもち
    トピ主さんは今、追い風を感じていますか?
    私は迷っていたときにたまたまテレビで某ホテルチェーンのオーナーが
    「飛べるときには飛べ」
    と座右の銘を披露しているのを見て、それにも追い風を感じました。

    専業主婦で家庭優先の生活を続けていると、自分の仕事(用事)で学校行事などに穴をあけると罪悪感を感じることがあります。
    子どもが病気のときに義母に孫守を頼むことに後ろめたさと申し訳なさでいっぱいになりました。

    でも8年たった今、子どもが成長し教育費がマックス状態になったときに
    自分に収入があるということが家庭の、家族にためになっていることに気づきました。
    キャリアは家庭にも還元されるんです。

    また物事の優先順位は変わります。
    自分の仕事、子どもの受験、親の介護、夫の健康。
    その都度、現状に合わせて優先順位を変えていけばいいんです。

    「飛べるときには飛べ」
    「思いを温め時を待つ」

    私はこの二つを座右の銘にして家庭と仕事の比重、優先度を年単位で使い分けています。

    どうぞ、十分悩んで答えを出してください。

    トピ内ID:7522255518

    閉じる× 閉じる×

    とてもわかります

    しおりをつける
    🐱
    ハル
    家庭を優先してこられたのですね。
    細かいところでは違うところもありますが、わたしも
    おおむねトピ主さんと似ています。
    不器用で一つのことに専念してしまうところも。

    私の下の子がまだ入園前ですが、不況やいろいろかさなり
    働きたくて手だてを探りましたが、保育園も入れず、(激戦地)
    結果的にですが、あと1年半先の幼稚園入園までは外に出るのは難しく、自宅で仕事を請けられる機会もありましたが、ソフトウェア開発に集中するのには、2歳の子どもの育児をしながらするのはどちらもだめになりそうで、一旦あきらめました。

    入園してからまた自宅などで請け負える機会があれば、
    がんばろうと思います。しかし、(上の子もいるので)
    勉強をみてやったり、一緒に料理したりするのも大事な事
    と切り替えて生活しているところです。
    本心では、仕事に出たいとも思いますが、自分の性格的に、子供達の学習面、生活面、おろそかになりそうで、
    そこは、自分の欲求と、子供の将来と区別しなくては
    と、私は考えました。(生活のためではないから)
    このあたりは、器用な方だとうまくやるのかもしれませんね。
    難しいところです。

    トピ内ID:1087904170

    閉じる× 閉じる×

    私は家庭を取りました

    しおりをつける
    blank
    めい
    夫が転勤族だったので、転勤が決まった時には悩みました。
    バリバリ働いていたので、退職を告げた時に同僚には
    「単身赴任させるのかと思ってた」
    と驚かれました。

    人生、いろんな転機がありますよね。

    あれから10年以上経ち、子どもにも恵まれましたが、いまだに仕事して
    いる夢を見ることがあります。とても好きだったので。

    でも、後悔はしていません。

    私は、いつも誰かに「すみません」と謝っているような毎日を
    送りたくなかった。

    「すみません、子どもの熱で」
    「ごめんね、仕事が終わらなくて」

    時間できり上げられる仕事なら両立は可能だったかもしれませんが、
    私の仕事でそれは無理でした。

    でも、いろいろなやり方があります。

    旦那さんが協力的で、実家などの応援も頼めて、保育園などの
    環境が整えば、無理ではないかもしれません。

    よく考えて下さい。
    決めるのはあなた。

    そして、決めたら、絶対に後悔しないことです。

    トピ内ID:6508175616

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      とろろさんに賛成

      しおりをつける
      🐧
      まりっぺ
      母がキャリアの先駆けだった私は、周囲に「お母さんが働いてて寂しくない?」とたまに聞かれました。でも、物心ついた頃から母が働いているのは当たり前だったし、他のお母さんと違ってキラキラしてる母が自慢だったし、一緒の時間は100%母親に徹してくれていたので、「寂しいってなに?」といつも不思議に思っていたものです。

      なので、自分もキャリアの中断は微塵も考えませんでした。夫や子供にとって、私が働いてることはごく自然で当たり前の日常です。

      でも、パートではなく本気モードで働き始めたママ友は、やはり大変そうです。我が家では私が働いてるのが当たり前なように、そういう家庭ではママが家にいるのが当たり前だったのですから、どんなに事前に話してても、子供は心では受け止めづらいようです。ママ自身も、短い時間で子供に対応することに慣れておらず、四苦八苦が見えます。

      なので、とろろさんのご提案通り、最初は家庭内のリズムを崩さず、仕事はお子さんが不在(or睡眠)中に集中した方がよろしいかと。下のお子さんももう幼稚園とのこと。数年で昼間に労働できますよ。

      トピ内ID:1135441842

      閉じる× 閉じる×

      要領の悪いタイプ??

      しおりをつける
      🐧
      のりぽん
      お子さんが3人いて、欠かさず勉強をして
      スキル磨いて人脈をつないできたトピ主さん。
      とても要領の悪いタイプには見えません。

      トピ主さんが8年間愛情をかけて育ててきたお子さんたちには
      年齢相応の悩みがいつまでも付きまとうでしょうが、
      お仕事にもぜひチャレンジしてみては?と思います。

      下のお子さんは上のお子さんがフォローしてくれるかもしれません。
      お子さんたちにも新たな成長があるかもしれません。
      仕事で生き生きしている母の姿、必ずしも悪影響とは思えません。
      もしお子さんに娘さんがいらっしゃったら
      将来同じように悩んだときに相談に乗れるかもしれません。

      トピ主さんの仕事内容も仕事量も知らずに偉そうなことばっかり言いますが
      仕事はトピ主さんがやると決めない限りはトピ主さんとは無関係です。
      でも、お子さんは一生トピ主さんのお子さん。
      お互いに影響し合って、我慢することも泣くこともあるかもしれないけど
      それなりに大きくなっていくでしょう。

      私は保育園に預けて働いています。
      いいことばかりでも悪いことばかりでもないです。
      でも仕事にも子供にもかかわれていることは幸せです。

      トピ内ID:4444525499

      閉じる× 閉じる×

      正解はありません

      しおりをつける
      blank
      しょう
      何か選ぶ時を優先順位でとよく言いますが生きていく上で順位を決めかねる同時進行の方が多い気がします。
      100%の力の振り分けをするのは難しいでしょうか?

      おそらく どちらを選んでも良かったと思えるのは自分だけで後悔するのも自分だけ。

      家族のせいで諦めた、仕事のせいで家庭がダメだ…
      どちらか選んで上手くいったにせよ自己満足なんですから言い訳をしないで生きていくしかないのでは?

      無理だと感じるならやらなきゃいいし やってみてダメならやめればいい。
      何よりご主人とご家族と話し合って下さい。メリット・デメリットを含めて あなたは どうしたいのかを。

      トピ内ID:3399996597

      閉じる× 閉じる×

      家庭を優先した母に

      しおりをつける
      blank
      ゆうこ
      「天職で大好きで、一生続けたいと思っていたけれど」
      「子供のためにキャリアを捨てた」母に育てられました。

      正直、子供はたまりません。
      自分という存在が、大好きな母親の
      「天職」を奪ったんだという罪悪感は大変なものですから。


      ただね、トピ主さん。

      私も大人になった今、分かるのです。
      母の性格上その職業は母の「天職」ではあり得なかったことが。
      本当は子育てを口実に仕事から「逃げた」ことが。

      トピ主さんも、本当は子供がどうこう以前に
      自分が怖いから逃げたいんじゃないですか?
      責めているのではありません。
      ブランクの後に大きなチャンスが来たら
      怖くなるのは当然です。

      だけど、100%のチャンスなんて
      子供がいなくても何処にもありません。

      8年もの間、ずっと勉強して人脈も繋いできたのに
      ここで逃げて、後悔しませんか?
      後にお子さんに仕事の事を聞かれたときに誇りをもって語れますか?

      トピ内ID:1411661355

      閉じる× 閉じる×

      家族の協力次第

      しおりをつける
      blank
      たまゆら
      私は、4年前に偶然来た仕事を今も続けていています。あの時に仕事を受けて本当に良かった!と思ってます。当時、34才、子供は4才と1才、週2だけの仕事なので一年目は親に見てもらって、翌年に二人とも保育園に入れました。今は週4。

      今、38になって「これが30後半のガクッとくるってやつか~」と感じてます。ここ一年で本当に、疲れからの回復が遅くなってしまいました。知人から40でもっと来るよ、と脅かされてますが。

      転職は35才まで、って本当だなと思います。エイヤッと何かを始めるための気力と体力が、そのくらいまでが充実してるのでしょう。


      ただ、ご家族の協力は必須です。家事育児を分担できますか?トピ主さんの心理的な面も含めて。
      人にやってもらうなら、ある程度は目を瞑る覚悟がいりますから。私は専業も兼業もママ友がいますが、やっぱり専業さんは全般的に時間がゆったり、自分のペースで生活してる(家を仕切ってる)感じが出てます。

      家事育児をご家族なり外注なりにどれくらい任せられるかじゃないでしょうか。今まで通り家事育児をしてプラス仕事は無理です。家族が協力し合う姿を見せたほうがお子さんの為にも良いです

      トピ内ID:9466959382

      閉じる× 閉じる×

      応援します、がんばれ

      しおりをつける
      blank
      仕事命
      キャリアか家庭かという選択は男性にはないものですよね。なぜ女性だけがそういうプレッシャーをかけられなくてはならないのか不思議に思います。

      ただ、ご主人その他の協力は不可欠。私はスーパーウーマンがごろごろいる職場にいますが、ご主人も超多忙な方々ですので、家政婦さんやベビーシッターなどお金で解決できるところは全てお金で対応していますよ。そういう母親をもった息子さんや娘さんが犠牲になったとは決して思えません。というのも成長するにつれて母親が社会でいかに尊敬されているかを悟り、結局はほとんどが同業を選んでいるからです。

      下の子ももう幼稚園なんでしょ? こんな好機ってまたとないかもですよ。お子さんだって、大きくなるにつれて社会で一生懸命に働く母親を尊敬するようになるでしょうね。そして成人して同等な社会人として議論のできる母親がいることをとても恵みに思うでしょう。

      トピ主さん、がんばれ。今やらなければ必ず後悔しますよ。生涯それを悔やみ続けることになると思います。できないかもしれないなんて言ってないで、何とかなるって大きな心で始めてみたら? 

      トピ内ID:7856853431

      閉じる× 閉じる×

      どちらもやれる

      しおりをつける
      blank
      haru
      海外在住です。こちらの女性は専業鵜主婦が少なく、日本ほど子供か仕事かという選択を迫られる
      感じがありません。育児しながら学校に戻る人も多いです。

      よく見ていると、要領が良いです。キャリアも家庭もしっかりやろうと思ったら体が持ちません。
      そこで、家庭の中の何を優先するか優先順位をつけます。おそらく育児だろうと思われます。
      子供が小さい頃は、それ以外の事は外注して乗り越えます。

      大型食器洗い機、洗濯乾燥機などはどこの家にもあるし、共働きなら週に一度は家政婦を雇っていますよ。

      トピ内ID:0316991074

      閉じる× 閉じる×

      親は無くとも子は育つ!これからは、仕事に没頭しましょう

      しおりをつける
      💤
      gario2
      文面を拝見するに、そのお仕事はトピ主自身ですね。
      ならば、子供に尽くすために仕事を犠牲にすることは、トピ主自身を犠牲にすることです。母親だからというだけで、そんなことまでする謂れはありません。
      お子さんが大きくなって「あなた達のためにお母さんは自分の人生を犠牲にしたのよ」なんて言われたら、彼らはどう思うでしょうか?
      勿論、感謝はしてくれるでしょうが、「そんなことまで頼んでない」「重い」という反応でも文句は言えません。
      自分の払った犠牲を盾に子供を縛り付けるような親にだけはなりたくないですよね?であれば、子供のために過度な犠牲を払ってはいけません。
      いつまでも子育てに専念していていいのは、犠牲にするほどの何かをハナから持ち合わせない人だけです。

      それに、トピ主は既に多大な犠牲を払ったのですから、復職後、もし子供が寂しいのなら、今度は夫氏に時間を割いて貰うべきです。

      何より、子供は少しくらい寂しい思いをした方が健全に育ちます。その方が親の有難味もわかろうというもの。

      トピ内ID:3891478404

      閉じる× 閉じる×

      期間によるかも

      しおりをつける
      blank
      ゆき
      そのお仕事が3か月で終わるものならあっという間でしょうが、3年続くならさすがに子どもたちへの影響が心配です。

      また、お子さんが3人いらっしゃるのであれば、お友だち家庭に知らないうちにお世話になることもあると思うので、仕事始まりと終わりに礼を尽くすことも大切かと思います。

      家庭や学校幼稚園のこともよく計画準備、シミュレーションしてリスク対応してみれば乗り越えられるかどうかが見えてくるのではないでしょうか。

      トピ内ID:3153667820

      閉じる× 閉じる×

      人間はマルチに生きることができる

      しおりをつける
      🙂
      ai
      お母さんだから、妻だから、といって人生の中のウェイトが
      家庭100%である必要はないし
      仕事をしているから、お給料や業務料をもらう立場だからといって
      仕事100%である必要もありません。

      家族も犠牲になんてならないですよね。
      トピ主さんが働いて稼いだお金で、よりより生活が
      できるわけですから。全く犠牲になってないでしょう。

      トピ主さん、やめるべきときにはすぱっとやめる。
      でもできる限りの勉強を続けていた。そしてこのチャンスで
      仕事復帰しようとしている。メリハリのついた人生だと
      思います。せっかくのチャンスがきたんだからトライしてみましょう!
      きっとできると思います。

      トピ内ID:5136750224

      閉じる× 閉じる×

      キャリア・職場ランキング

        その他も見る その他も見る

        家族にとってもチャンスになるかもよ

        しおりをつける
        🙂
        4児の兼業母
        母親が働くことが「犠牲」だとは思いません。
        時間がないぶん、創意工夫でのりきるしかありません。
        私だったら最後のチャンスは逃しません。

        「仕事をしていてごめんね」よりも、「仕事をしているママ、こんなことができるよ」と伝えてあげてください。卑屈に考えているお母さんより、自信をもっているお母さんのほうがいいです。

        下の子が幼稚園なら、上の子は小学生でしょうか?
        家族のための役割を与え、自立させて、それを自信に思えるようになるチャンスかもしれません。

        トピ内ID:4478393189

        閉じる× 閉じる×

        どちらが「幸せ」か

        しおりをつける
        💰
        パパイヤ
        40代、二人の子どもを育てながら働いている女性です。
        人間は誰もが「幸せ」になるために生きているんですよ。
        だから、まずは、自分にとって、このチャンスを掴むことと
        家族のためにいること、どちらに幸せを感じるかを考えると
        いいと思います。で、「やっぱり家族と一緒にいること」のほうが幸せなら、そうするのが一番いいし、「仕事をするのが幸せ」と思うなら、
        家族にそれを説明して協力してもらうことだろうと思ういます。
        「幸せ」は時と共に変わります。今回、大きなチャンスが
        きたように、「仕事をすることが幸せ」と思ったときに
        またチャンスだってやってくるかもしれない。
        チャンスに目を向けるのではなく、「自分が一番幸せに感じること」
        をまず決めれば、どんな選択をしたって、後悔しません。
        一度きりの人生、楽しく生きましょう!

        トピ内ID:9452005047

        閉じる× 閉じる×

        家族の応援を得て

        しおりをつける
        blank
        Tora
        私もNoveさんに意見に賛成です。
        仕事を断ったときのことを考えてみてください。やりたい気持ちを抑えて断ってもその気持ちを引きずるだけで、家族にとっても良いことではありません。母親が好きな仕事に打ち込んで努力をしている姿は子供にとってもすばらしいことです。好きな仕事に取り組むお母さんは生き生きして、大変でも気持ちは満たされていると思います。お母さんが幸せな気持ちでなかったら、家族は幸せになれません。
        大事なことは家族みんながその決断を理解していることです。家族全員の前でご自分の気持ちを説明して、家事や家族の世話がおろそかになるかもしれないが、やりたいので応援してくれるか、と聞いてみてはいかがでしょう。これはプロジェクトのようなお仕事のようですから、何ヶ月かで終わるものなら、なおさらです。仕事が終わって、家族と一緒に喜べたらそんなすてきなことはありません。お母さんの株もあがるし、家族の絆も強くなると思いますよ。

        トピ内ID:6639741175

        閉じる× 閉じる×

        仕事をすることは、家族を犠牲にするのではない。けれど。

        しおりをつける
        赤かぶ
        働く母です。

        仕事=家族を犠牲という短絡的な考え方には真っ向から反対です。
        私は働く実母から学ぶことが多くありました。
        身近に教育の成功例があったから、勉学にも自然に身が入りました。
        今では、専業育ちだから兼業生活に思い悩んだり、
        働き続ける自分を想像できないと言う友人に同情しています。

        とはいえ、他のレスにもありますが、今まで専業だったママが
        働き始めたら、やっぱり家族は大変だと思います。
        犠牲にさせられた、と感じるお子さんやご主人もいるでしょう。
        決して仕事を開始することは反対しません。
        むしろ賛成です。応援します。

        が、最初からエンジン全開は止めましょう。
        私も第一子の育休明けに、上司に言われました。
        「最初からアクセルを踏み過ぎると、大事なものを見落とすし、
         後で絶対に失速する。君にはずっと働いてほしいのだから、
         上手にスピードコントロールして息長く続けられるペースやリズムを
         確立してほしい」と。

        仕事再開を本気で考えればこそ、家族に無理をかけることなく
        長く続けられるペース管理は必須項目です。

        トピ内ID:9434609878

        閉じる× 閉じる×

        自分と家族のために、と考えたら?

        しおりをつける
        blank
        おばば
        よっぽど経済的に恵まれてるんでしょうか?
        うちは共稼ぎですが、それでも子どもたちの教育費は相当痛いです。
        塾の費用、私立校の学費。年間いくらかかっているか。
        本人が望むなら、行かせてやりたいから。
        お子さん3人ですよね?
        経済的な事情で選択肢を狭める可能性はないんでしょうか?

        「子ども達を育てきってから仕事に専念する」という選択肢もあるでしょうが、
        よほどの力量と運がないと難しいでしょう。
        一般的には、あまり専門性や経験値を必要としない職業を選択せざるを得なくなる。
        子育てに割いていた時間とエネルギーを、持て余すのではないでしょうか?
        生涯賃金がどのくらい違うでしょうか?

        お子さんのために、自分の希望や磨いてきたスキルを捨てるのも良いと思う。
        でも、外で働く母もカッコイイと思います。わたしはそう思って納得してる。
        うちの子たちは情けないくらい適当に育ててしまいましたが、
        働くことの大事さは、何となく理解してくれているようです。

        子どもの性格や、家族の協力など、違いはあるでしょう。
        どちらにせよ、自分の選択を信じて頑張ってください。

        トピ内ID:9561760456

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  63
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (7)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0