詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    養育費の減額依頼

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    SAKUママ
    恋愛
    標題の依頼が元夫から来たのですが、
    こちらの言い分が間違っているのか意見頂きたく投稿致しました。

    私が再婚する際に「養育費減額」について
    元夫に尋ねたところ、
    現状はそのままの額で問題ないとの事でしたが
    相手も近々再婚予定があるのでその時にまた連絡すると言われました。

    その連絡が最近来たのですが、
    養育費を現在の半額でお願いしたいとの事でした。
    額は私も問題ないのですが、私から1つ条件を出した所、
    条件が気に入らない・自分勝手だという事からキレられてしまいました。

    その条件というのが「元夫が所有している家の
    連帯保証人を変更して欲しい」という事です。
    離婚時に抜けば良かったのですが、銀行に相談したところ
    代わりの保証人がいないと対応出来ないとの事で、
    離婚する際は条件付きで連帯保証人はそのままにしていました。
    ですが、元夫が再婚したら連帯保証人を、私から
    再婚相手へ変更するという内容で公正証書も作成しています。
    (銀行から再婚相手がいれば、抜きやすいとも聞いてましたので)

    上記の事から
    「減額対応はするので、連帯保証人を抜いてほしい。
    全て処理が終わってからの減額としてほしい」と返答したところ、
    「お前は自分の損益しか考えず、俺の状況も考えられ
    ないのか!」と電話で怒鳴られました。

    再婚相手が外国の方らしいので、
    そういう状況から連帯保証人を変更する事は難しいのかな?と思います。
    相手がどういう方であれ、再婚の事実は変わらないので
    私が申し出た条件に対して怒鳴られる筋合いは
    ないのかな?と思っているんですが私が間違ってますか?

    「離婚時に抜いておくべき」という事は分かっていましたが、
    1日でも早い離婚を望み私も納得した上で変更しなかった為
    そのようなご意見は遠慮願います。

    トピ内ID:1844243771

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ずっと前に間違っただけ

    しおりをつける
    blank
    くま
    >「お前は自分の損益しか考えず、俺の状況も考えられ
    ないのか!」

    なんか、なぜ離婚されたのか分かってしまったような。
    これ、そのまま元旦那につき返して良いセリフでしょう。

    元旦那が言うべきは「すまなかった、今までありがとう。早急に
    手続きする」だと思うんだけどねえ。
    つか、再婚云々以前に離婚成立後に、出来るだけ早く代わりの
    保証人探すだろ、普通。
    別れた妻が保証人のままって誰に知られる訳でなくても情けなく
    ないのかな?

    トピ内ID:1168158362

    閉じる× 閉じる×

    変更を認めるかどうかの権限は銀行にある

    しおりをつける
    blank
    セイウチ
    連帯保証人の変更については、貸し手である銀行が認めるかどうかが全てです。

    連帯保証人は借り手と同等の責任があり、いざというときに
    債務者に代わって借金が払える能力がないと付ける意味がありません。

    いくらトピ主さんや元夫さんが変更したいと言っても、
    元夫さんの再婚相手に資力がなければ、銀行は変更を認めないでしょう。

    従って、その公正証書の内容も「再婚したら変更を銀行に掛け合ってみる」
    までは履行する義務があるでしょうが、変えるかどうかを決定する権限が
    こちら側にない以上、結果を保証するような条項は実質無効だと思います。


    一方で、養育費は子どものためのものであり、関係者の限りある収入による恩恵を
    公平性を保って享受するために増減額を申し立てる仕組みがあります。

    連帯保証人の件は親の問題ですので、親の問題と子の問題は直接リンクしません。

    トピ内ID:8298415375

    閉じる× 閉じる×

    ひとつ問題あります

    しおりをつける
    blank
    タイム
    元夫が本当に外国の方と籍を入れるかです。 内縁関係のままだと 主さんの連帯保証人は抜けません。元夫の親は保証人にはなれないのでしょうか?


    公正証書を交わしていても内縁のままだと ただの紙切れになってしまいます。 主さんが減額請求に応じただけで 元夫が保証人を抜かない事も考えられます。 家の連帯保証人といえば何千万円の額になるので 下手に素人判断せず 法テラス(無料)へ相談されるのが確実です。 最寄りの法テラスをネットで検索して下さい。

    上手く事が運べるよう応援してます。

    トピ内ID:6303518534

    閉じる× 閉じる×

    正しいけど・・・

    しおりをつける
    blank
    後ろ髪
    普通再婚する時離婚して他人になった元夫の連帯保証人は辞めると思いますが貴方の都合でそのまま続けているので今回はいいチャンスです。私は人生長いですが保証人になるくらいなら関係を断つというスタンスで生きてきたので法的なことは分かりませんが、元夫は貴方の連帯保証人にしがみつくと思います。貴方は連帯保証で将来負うかもしれない金額より養育費の額が多いと判断して離婚しているので元夫の主張は仕方がないと思いますが、もう一度連帯保証で負うかもしれない金額と受け取る養育費とを計算し直してみてはどうですか。

    トピ内ID:0053090441

    閉じる× 閉じる×

    公正証書があるなら、そのまま進めましょう

    しおりをつける
    blank
    ももんが
    家のローンの残額はいくらでしょうか?
    ローンの残額と養育費とを比べてみて、ローンの残額が大きいなら早急に連帯保証人をはずしてもらってください。
    >お前は自分の損益しか考えず、俺の状況も考えられないのか!
    考えられませんとも。トピ主様にとって、元旦那は赤の他人ですから。
    このまま連帯保証人になっていて、トピ主様がローンの残額を被ればお子さんたちの将来にも影響が出るんですから。
    元旦那が怒鳴るなら、弁護士を入れて淡々と処理すればいいだけです。
    元旦那側に、話の分かる親戚はいませんか?
    その方から釘を刺してもらうのもいいかもしれませんね。
    養育費も大事ですが、連帯保証人を外す方がもっと緊急事態です。

    トピ内ID:0048953482

    閉じる× 閉じる×

    公正証書があるのなら、有利です

    しおりをつける
    🐧
    アクアマリン
    連帯保証人。
    厄介な事案が残っていますね~
    いくら公正証書があるからと言っても、これで強制変更はできません。

    しかし、交渉の際に有利である事は間違いないです。

    後は、もう弁護士に任せましょう。

    トピ内ID:3937702621

    閉じる× 閉じる×

    正当な要求です。

    しおりをつける
    blank
    いちこ
    養育費の減額がなくても、連帯保証人をはずして貰うのは、正当な要求です。

    ただ、これ外してもらうの大変。
    私は離婚時に外してもらいましたが、この手続きだけで半年かかりました。
    実際に手続きにこんなにかかったわけでなく、他の連帯保証人立ててもらうのに苦労したのですが。
    その後も、いっぱい書類書いて、しかも先に離婚届け出したから姓もかわってて、本籍も違うし、面倒でした。
    行政書士や登記の手数料もいるしね。

    こんな面倒なこと、相手にそうしなければならない理由があるときしかやってもらえません。
    ですから、トピ主さんにとって、今しかチャンスがないと思ったほうがいい。

    自分の都合ばかり押し付けているのは、元夫の方です。
    もう再婚するのですから、その辺きちんとしてもらいましょう。
    負けてはダメです。

    トピ内ID:1156463540

    閉じる× 閉じる×

    養育費減額と連帯保証の話は無関係なので取引に使えない

    しおりをつける
    😀
    カリスマ離乳児
    養育費の金額は 支払う親の生活水準によって変化するものですから、再婚に際して彼の生活水準が下がる(扶養する人数が増えて負担が増える)のならば減額は妥当でしょう。
    連帯保証の話は債権者(銀行)が許可しない限り動かないものですから、養育費とは全く別の問題で、これを取引材料に持ち出すこと自体に無理があります。

    トピ内ID:7533851799

    閉じる× 閉じる×

    理由を聞いてみれば?

    しおりをつける
    blank
    ひるあんどん
    男性です。

    申し出た条件に対して怒鳴られる筋合いはないです。

    >>「お前は自分の損益しか考えず、俺の状況も考えられ
    >>ないのか!」と電話で怒鳴られました。

    養育費はトピ主のためではなく自分の子供のためのもの。
    トピ主に対しては何らかの生活補償がされているのでしょうか?
    そうでないなら、元夫はトピ主のことは何も考えていないのも同然。離婚した男女の関係は単なる他人ですし、単なる他人に対して自分の権益・資産を守るのは当然です。

    最悪の場合、単なる他人に対して自分の資産を提供しなければならない理由って何?と聞いてみるのは如何ですか?相手は何も答えられないはずですよ。

    トピ内ID:2383075787

    閉じる× 閉じる×

    公正証書があるなら

    しおりをつける
    🐤
    花見月
    元夫さんは不利でしょうね。

    相手が怒ろうが 悲しもうが 知ったことではありませんので 減額と連帯保証人は ワンセット もしくは 家を売ってもらうでいいんじゃないですか。
    (家のローンですよね?)

    ここで妥協しては いつ連帯保証人を辞めれるかわからないので 絶対頑張るべきです。

    元夫は 子供の父親ではありますが あなたから見れば他人です。

    他人の懐事情など 考えないほうがいいです。 連帯保証人は怖いです。

    トピ内ID:1232265807

    閉じる× 閉じる×

    相手が約束を実行するのが先です。

    しおりをつける
    blank
    めろめろん
    私でしたら、元夫が連帯保証人の変更手続きを行ってから、養育費の減額に応じます。

    再婚相手が外国人だからといって、それが公約証書を反故にする理由にはなりません。
    再婚相手が駄目なら、元夫の両親だって連帯保証人になることが出来るのですから。
    連帯保証人って、怖ろしいものです。
    もう離婚したのだし、何時までもそんな危険なものに縛られている義理はありません。

    相手が怒鳴ろうと、知ったこっちゃないですね。
    他人なんですから、自分の損益しか考えないと言われてもねぇ。
    約束は約束ですから、守ってもらいます。

    トピ内ID:9353804940

    閉じる× 閉じる×

    元ご主人がトピ主さんに甘えていますね。

    しおりをつける
    blank
    マリオン
    元ご主人の言い分は撥ねつけていいと思います。
    元妻が連帯保証人で現妻が何の責任も負わないというのは、筋としておかしいです。
    現妻となる人が外国人だろうが何だろうが、トピ主さんの知った事じゃありませんよね。
    トピ主さんの要求は当たり前のものだと思います。

    トピ内ID:3176144858

    閉じる× 閉じる×

    離婚して正解でしたね

    しおりをつける
    blank
    やさぐれパンダ
    >ですが、元夫が再婚したら連帯保証人を、私から
    >再婚相手へ変更するという内容で公正証書も作成しています。

    公正証書を何だとおもっているのですか?と返答しましょう。

    >「お前は自分の損益しか考えず、俺の状況も考えられないのか!」

    離婚した旦那の状況を別れた妻が考えてあげなくちゃならない理由が思いつきませんね。よほどの円満離婚ならば考えてあげる人もいるかも知れませんが、そんなものは好意であって、考慮してもらう側が低姿勢でお願いする分にはともかく、逆切れする権利など微塵もないと思います。

    そういう「状況」を考慮するのは法の役目であって、私では無い、と突っぱねて良いと思います。

    離婚時に弁護士さん等にお世話になっているのであれば、この件についても代理人になっていただくのがもっとも良い方法かなとは思いますが。

    トピ内ID:0740062425

    閉じる× 閉じる×

    別々の契約(約定)です

    しおりをつける
    blank
    はげDEおじさん
    一つの流れとしてと行ったのでごっちゃになってませんか?

    まずは養育費
    これはお子さんの権利ですので保証人の件とは別です。
    元のご主人が再婚や収入減が有った場合は認められます。
    ですが、双方の合意がない場合は裁判になります。

    保証人
    公正証書を作成されたとの事ですが、これに法曹のプロの介入はありましたか?
    履行されなかった場合のくだりはどうなってますか?
    その約定がないのなら、現状は「お互いがこう約束したよね。」っとの確認書に過ぎません。
    履行されなかった場合の条件が書いてあればそれを執行しすれば良いだけです。

    履行条件が指定されてないなら意味はありません。
    どのみち養育費は減額されるでしょうから、さっさと保証人から抜ける算段をつけるべきです。

    でもまだ道はありますよ。
    1再婚されて履行されなかった場合、民放96辺りが適応可能かと思います。
    2債権者の承諾。これは現状でも債権者に訴える事は可能かと思います。また再婚されたら上記をたてに交渉する事も可能かと思います。
    まずは直に保証人を外すべきでしょうから、その事を法律相談された方が良いかと思います。

    トピ内ID:5118379621

    閉じる× 閉じる×

    無関係な事を条件には使えない

    しおりをつける
    🎂
    shinsen
    ご主人の減額は状況的に認められるでしょうが、納得いかなければそれなりのところで話し合い。認められた主張に従う。

    主様の主張は、別案件として進める。そして銀行がNOと言ったら、諦めるしかない。

    お互い、無関係ですので、条件や取引としては使えない。

    逆に、減額されなくても、連帯保証人を切り替える手続きは進める事ができる。

    条件みたいに言うから脅しのよう聞こえるし、相手の弱みに付け込んだ印象を持たれて怒られるんじゃないですか。

    トピ内ID:0213527243

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      収入のある外国人が保証人になるのは可能です

      しおりをつける
      blank
      つまま
      再婚相手が外国人であろうと収入があれば保証人にはなれますよ。

      私の夫は日本人ではなく、住宅購入の際は私の名前で借り、夫が連帯保証人でした。夫の方が若干収入が多かったですが、永住権すらない外国人が住宅ローンを組むことはできない、といわれたのでそうしました。

      元夫さんは収入のない外国人と再婚しようとしているのかしら?

      再婚相手が保証人になることができるのを知らないだけかもしれませんよ。

      なければ、家を売る、しか思いつきませんが、現在の状況は元夫にとって都合のよい状態なので難しいかな。

      とにかく様子を探ってはいかがですか?

      トピ内ID:9348051020

      閉じる× 閉じる×

      うーん

      しおりをつける
      💍
      いずみ
      トピ主さんの提案は妥当だとは思いますが、基本的に養育費減額と連帯保証人は別の話です。
      連帯保証人の話に関係なく、元夫の経済状況が変わったら養育費の減額交渉は当然の権利です。養育費の問題は養育費の問題として交渉すべき問題だし、連帯保証人の話は再婚したということに対して交渉すべき問題です。

      トピ主さんの主張は一見筋が通っているようですが、大きな欠点が一箇所あります。
      連帯保証人は原則として本人の同意が必要だということです。公正証書を交わしているのはあくまで元夫とのこと。連帯保証人になるのは再婚した妻です。公正証書は再婚相手の意思は確認していません。当事者の意思を無視した契約は無効です。
      要するに、再婚相手が嫌だと言ったらそれ以上強く言えないんですよ。連帯保証人は再婚相手の方の同意が必要なんですから。再婚相手はトピ主さんと約束していないのですから元夫との約束を守る義務はありません。

      契約に詳しい方ならその点を突いてくるだろうし、そうなるとトピ主さんは不利です。
      トピ主さんの要望の方が厄介ですから強気は禁物です。相手の機嫌を伺いながら粘り強く交渉するしかないですよ。

      トピ内ID:2724243131

      閉じる× 閉じる×

      全く別の問題

      しおりをつける
      blank
      アロマ
      養育費減額に関しては、夫の再婚による減額は認められていますので、これはこれとして成立します。

      連帯保証人の変更に関しては、その公正証書が効果を発揮するのは「夫の再婚相手が連帯保証人になること了承し、実際になれた場合」のみでは?
      公正証書に同意したのは元夫であり、再婚相手の意思は何一つ反映されていないので、現時点では全く意味をなさないものです。元夫の再婚相手が条件的に連帯保証人になれるとは限らないし、再婚相手には「連帯保証人にはならない」という権利もあります。

      いずれにしても、これらは全く別々の問題であり、養育費減額の交換条件とはならないでしょう。現時点で正当性があるのは、元夫からあなたへの養育費減額請求。これは受け入れるしかありません。
      あなたから元夫への連帯保証人変更の請求は、夫の再婚相手の条件的問題と本人の意思が明確になってからです。もし銀行が再婚相手を保証人と認めなかった場合や、本人が拒否した場合、保証人の変更は諦めるしかないのでは。

      当人同士以外の第三者が絡む公正証書は、作成時に第三者が特定されておらず、第三者の意思も不明な為、法的効果も薄いと聞いたことがありますが。

      トピ内ID:1148763471

      閉じる× 閉じる×

      全く別の話

      しおりをつける
      🙂
      momoiro
      他の方も言っていますが、全く別次元の話です

      まず、養育費は双方の状況に合わせて(収入や扶養家族の増減)に合わせて変更が可能です。
      双方折り合いがつかないなら、裁判で決めるまでです。

      ただ、相手に扶養家族が増えたとか自分が再婚して再婚相手と養子縁組をしたとかだと、相場の範囲で認められる可能性が高いですね。

      で、これと連帯保証人は全く別の話なんですよ。

      勿論、双方の話し合いで交渉道具として使うのは自由ですが、裁判をしても取引材料にはなりません。
      全く別の話です。

      更に言えば、連帯保証人を変えられるかどうかを夫もあなたも決めることができません
      銀行が「ダメ」と言ったらそれまでです。
      ですので、あなたがいくら変えて欲しいと言っても、銀行が認めるかどうかは元夫の責任ではありません。

      更に「家を売ってもらう」と平気で言う人がいますが、売却価格<ローン残高だと、現時点で連帯保証人であるトピ主さんに残額請求が来る可能性もあるのでご注意を

      更に言えば
      「そのようなご意見は遠慮願います 」
      って言う考え自体おかしいですよ。だってそれが根本なんですから

      トピ内ID:4277568165

      閉じる× 閉じる×

      質問に回答します

      しおりをつける
      blank
      岡目八目
      怒鳴られる筋合いはないということは、半分間違っています。

      まず、どんな理由にせよ、怒鳴ることは元夫が間違っています。淡々と手続きを進めれば良いだけなので。

      次に、公正証書は、署名当事者を縛りますが、内容を知らない、またはそのときは無関係だった人は縛れません。トピ主様が間違っています。

      連帯保証人は抜けるかもしれませんし、拒否されるかもしれません。例えば他国籍であることや、収入が無いか少ないことを理由に銀行は拒否する可能性は高いでしょう。再婚相手は公正証書に従わなくても強制できません。また、元夫から公正証書を守らないための慰謝料も取れないでしょう。

      養育費の減額は、連帯保証人の問題と無関係な子の問題です。トピ主様が再婚していること、元夫が再婚することから、調停になり、裁判になるとトピ主様が不利な状況です。この2者を混同した点は間違っています。

      連帯保証人については、元夫の家を売り、現金化した財産を分ければ問題解決です。問題点は、おそらく負の財産が残ることですが、それは連帯保証人の知ったことではありません。

      トピ内ID:9659285973

      閉じる× 閉じる×

      実質的には無効

      しおりをつける
      blank
      ソーミャ
      その公正証書の効力としては、せいぜい「元夫は再婚相手に連帯保証人になることを働きかける」程度のもの。

      公正証書作成時点では特定されていない再婚相手を法的に縛ることは、当然不可能です。また、夫がいくら働きかけたとしても、再婚相手の意思、銀行の判断など、公正証書の内容とは全く関係のないところに左右されるので、その公正証書は実質的には無効です。

      養育費の減額請求については法的に正当性があり、連帯保証人の件とは全く無関係に認められると思われます。

      なお、家を売るという話もありますが、連帯保証人であっても強制する権限はありません。現時点でトピ主に損害が出ていない以上、債務不履行責任の追及を受けることもなく、現実的には現状維持となる可能性が高いでしょう。

      トピ内ID:2061611923

      閉じる× 閉じる×

      いい加減なこと言っちゃだめです

      しおりをつける
      🙂
      momoiro
      >連帯保証人については、元夫の家を売り、現金化した財産を分ければ問題解決です。
      >問題点は、おそらく負の財産が残ることですが、それは連帯保証人の知ったことではありません。

      あまりいい加減なことを言わない方が良いと思いますが。

      まず、間違いなく家は抵当に入っていますよね。
      売却するには、銀行が認めなきゃなりません。
      それは「ローン残高をすべてその場で決済する」ことです。
      それまで、トピ主の連帯保証は解消されません。


      では考えてみましょう。

      家を売却しようとします。
      当然銀行(貸主)は一括返済を求めます。
      その時求める相手は「連帯保証人」も含めます。
      つまり、夫が払えなかった当然ですが、連帯ですから銀行は「夫が払えても、それでもトピ主に返済を先に求めること」が可能なんです。

      トピ主さんも、養育費と連帯保証人は別問題だと認識することが先です。

      ちなみに連帯保証人とは
      「借主が返済を滞らせたら、借主の財力や支払い能力と全く関係なく、銀行が借主と連帯保証人どちらに請求するか全く自由」
      という、借主と同じ義務を負ったということですよ。

      トピ内ID:4277568165

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0