詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    感情をコントロールできない人

    お気に入り追加
    レス29
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ぱんだ
    仕事
    「感情をコントロールできない人」
    いますよね。どう扱ったらよいか、コミュニケーションを取ったらいいかわからなくて悩んでおります。

    部下に注意するときには、相手の意見もきちんと聞き、その上で、明確に筋の通った説明をするように心がけていますが、「確かにおっしゃることはわかりますけどぉ、・・・」と感情的で支離滅裂な反論を受けることがあります。
    これでは、話し合いにならないので、こちらが譲歩して相手の(無茶な)意見を通してあげようとしても、葛藤を乗り越えられない自分をバカにされたように感じてしまうのか、「コロコロ言ってることを変えないでください!」と怒り出してしまいます。

    どうして欲しいのか、途方に暮れてしまいます。私は理系の数学・物理出身のせいか、このような非論理的な考え方があまり理解できず、正直、子供みたいに甘えているようにしか見えません。

    みなさんの中でこのような心理がわかる方、どうかアドバイスおねがいします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数29

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    大変ですが

    しおりをつける
    blank
    kn
    心理というよりも、その人物の視野が狭いので、何を言っても通じないのです。考え方が客観的ではなく自分中心なのです。

    仕事上で感情的になるのは子供っぽい甘え、確かにそうおっしゃるとおりです。
    妥協しても通じない相手ですから、その人物の性質を良く知って対処するしかないでしょうね。

    大変ですけれど、ああいえばこう言う、こういえばああ言うタイプでしょうから、話が堂々巡りになりがちです。トピ主さんが、もっとオトナになって広い視野で見るということしかないでしょうね。

    大変ですね。同情いたします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    逃げ道を作ってあげてはいかがですか?

    しおりをつける
    blank
    miwa
    注意するときに、相手の逃げ道を作ってみてはいかがですか。

    ミスをしたなら、「マニュアルが読みにくかったから」とか、「説明がきちんとしていなかったから」とか、本当に小さな事でも、欠点を一言添えてみるのです。
    自分以外にも責任があったという事で、聞き入れやすくなります。

    たぶん理系出身との事なので、注意は正確で隙がないのでしょう。ですが、その注意を全て素直に受け入れる事ができる人は、まれだと思います。
     
    全面的に自分が悪くても、それを理路整然と述べられては、ぐうの音もでなくなり苦しくなります。
    プライドも傷つきますし、言われた事に腹が立つこともあります。頭では理解しても、注意された事自身が許せないんですね。だから、相手は支離滅裂な反論しかできないのです。

    女性の部下への注意方法など、この手のコミュニケーションで悩む男性は多いみたいです。その分対処方法の書籍は豊富に出ていますヨ。一度、自己啓発関連の書棚を覗いてみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかります

    しおりをつける
    blank
    いますね、そういう人。結構多いように思います。

    感情論や、甘い、薄っぺらな論理で仕事上の意見を言われても困ってしまいますよね。
    あと、論点を把握できない人も困ります。

    私も、非論理的なタイプは苦手なんです…
    一方、論理的な人は説得力もあるし、問題を的確に把握しているので安心です。私の考えと違っていても、この人の言うことも尤もかなぁと思えます。

    思うに、論理的思考ができる人とそうでない人の違いは、過去の勉強量にあると思います。こういうと学歴差別のようですが、学歴がない人でも日々勉強を重ね、自分で考える訓練をしている人はやはり違います。

    私もよく逆切れされますが、相手の意見の矛盾や明確な誤りなどを指摘していると、「もういい!」などと逆切れされます。

    恐らく、本人も自分の考えが浅いことにそこで気づくのではないでしょうか。それで、バカにされたような、恥ずかしいような気持ちになるのではないでしょうか。

    いずれにせよ、困りますね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    話は早めに切り上げて

    しおりをつける
    blank
    求職中K
    そのような人はおそらく変にプライドが高く、相手が冷静でしかも筋が通っていると分かると、悔しくてキーッ!っとなってしまうのです。ミスしたことが悔しくて、指摘されたことも悔しくて、謝るのも悔しい。謝る前に、何か一言でも、あなたが首を縦に振ってくれるようなことを言いたいのでしょう。
    私の場合、職場では冷静になれますが、プライベートでは多少感情的になることがあり、その時の私の気持ちは、上記のような感じです。その困った人と似ていますか?

    対処法は、早めに会話を切り上げることでしょうか。話が長引くほど、相手は引っ込みがつかなくなり、エキサイトします。ぱんださんは相手の意見を聞いた上で注意されているので、それは良いと思います。でも相手の反論をあまりまともに受けずに、サラッと注意したら「この話はこれで終わりです。じゃこれ、直しておいてね」とか、「次からは気をつけてね」などと言って話を終わらせて良いと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あなたの立場が上

    しおりをつける
    blank
    も~ん
    お二人の間で、あなたの立場が上なようなので、気を遣わないことです。
    あなたは毅然として指示してください。相手が納得していなくても、ご自分の言うことが正しいと思うのならそれで問題ないです。
    あなたは譲歩しているつもりかもしれませんが、相手からしたら違う指示をだして混乱させているだけです。「言ってることがコロコロ変わる」と怒る人は、つまり、指示に忠実な方なのですよ。
    そもそも、指示内容を変えるときに、譲歩するってことをちゃんと伝えましたか?人のことを見下してないで、コミュニケーション能力を磨いてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    参考書との相性

    しおりをつける
    blank
    レネ
    もともと、器用な子・頭のいい子。そして努力で勉強の仕方の技術を磨きぬいてきた子なら、
    有名どころの参考書ならどの出版社ものを使っても大差がないかもしれませんが、
    物事ののみこみが悪い子、勉強じたいに余り興味の無い子は出会う参考書によって格段に結果がかわると思います。

    仕事にも、もしかしたら通じるかもしれません。
    あんまり言ってわからないなら相性の問題かもしれません。
    他の人にバトンをわたせるようならそうした方がお互いにいいかもしれません。
    難しいようならご自分が疲れない程度に頑張ってください。
    大人なら自分のご機嫌は自分で責任をとらなくてはいけませんしね。
    相手のご機嫌取りにばかり気を取られていると消耗するだけです。

    参考書ではなく会社の人に業務上の大事なことを説明してもらっているのによく
    そんな態度とれるものだな~と不思議に思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    共同作業

    しおりをつける
    blank
    max
    まず、本人から話を聞くまでは「答え」を持たないこと。何故ミスが発生したのかを当事者と共に考える姿勢が必要です。「理論の応酬」では仕事のミスは解消されません。同じミスが起きない様にするにはどうすれば良いのか、前向きな検討を一緒にしていかないと、同じ事は繰り返されます。「注意」ではなく「改善」を白紙の状態から共に考えていく作業が、お互いの理解を深めますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まずは共感

    しおりをつける
    blank
    QT
    そういう人は、気持ちを少しでも分かってくれる相手の言うことだったらとても素直に聞きますよ。理論的な人より扱いやすいと感じます。

    一言二言、気持ちを思いやる言葉をはさむだけで随分違いますよ。「こういう仕事って消耗しちゃうよね」とか「あの人も、何もあんなにきつい言葉をつかわなくてもいいのにね」とか。

    まずは感情的に「自分のもの」にしてしまえば、相手は喜んであなたに従ってくれます。理論的な人より扱いやすいのは何故かというと、「自分が丸め込まれた」ことに気づかないから!

    あなたは理論的な自分は優れていて、感情的な彼女たちは劣っていると思ってますが、そういう考えもいかがなものかと思います。仕事上の注意や叱責というのは、相手の人格を査定・否定するためにやっているわけじゃなくて、問題解決のためでしょう? 上司たるもの、軽蔑という感情にだらだらと流されてはいけないと思うのですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どこにでもいますね。

    しおりをつける
    blank
    くわん
    私の身の周りにもいますよ。
    とにかく「自己中」なんですよね。
    自分がすっきりすればいい、これは自己主張だから他人には迷惑をかけてない。わがままじゃない。
    といつも本人は言ってます。

    どれだけ自分の行動が周りに迷惑をかけているかなんて自覚がないし、自分は正しいと思い込んでいる。

    そしてなぜか議論好き。
    議論というか、わけのわかんない理論を振りかざして
    悦に入っています。
    ごめんなさい、愚痴でした。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    相手が悪い

    しおりをつける
    blank
    ぎんねこ
    ということもあります。
    病院やサービス業のようなところでは、相手が悪ければ、ひどい目にあいます。所詮、人間は理解力や教養の高さが等しいわけではないし、人の言うことを傾聴するというスタンスを持った人間ばかりではありません。

    だいたい、感情的な反論を指示を仰いでいる最中にするというのは、自己中心的、未熟な人間がほとんどです。自分さえ良ければよいという、自己都合でものを言っていて、理性的な仕事のしていない証拠です。
    私だったら、譲歩なんてしませんね。変じゃないか、おかしいんじゃないか、と追及の手を緩めません。

    向こうが、子供をなだめるような口調でごまかしながらしゃべるなら、もう終わりに近いですが、話してわかる相手なら、きちんと言います。
    それが社会人の務めだからです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    論理は論理家しか恐れさせない

    しおりをつける
    blank
    ぼんど
    論理的に話を進めるのはいいのですが、世の中には理論がすっ飛ぶ人がいます。
    そういう人たちにも論理的に話すというのは手法として間違っているともいえます。

    逆切れしたり、論理的に詰められたことでプライドを傷つけられたとすねるような人たちにとっては、論理的な懇切丁寧な説明というのは、「うざい」「うるさい」「わけわからない」でしかないのです。

    ですから、相手が逆切れしたら、こちらも切れてみせるなど、対応方法を変えるというか、引き出しを増やしておく必要があります。

    相手が切れたことに対して譲歩すると、そういう方法で切り抜ければいいと思われてしまいますよ。

    非合理的なところもある(怒らせると怖い!など)と思わせるのも管理職としては憶えておいた方が手法だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分の人間性を磨く!

    しおりをつける
    blank
    べりー
    40代経営者(女)です。社内のスタッフ、取引先の社長、営業マンなど、毎日様々な方と接しています。

    理論が通じない人もいれば、何度言ってもわからない人、わかってても認めない人、年齢や立場に係わらずいろんな方がいます。
    でも、そんな様々な人ととてもうまくコミュニケーションをとり、誰からも好かれ、業績をあげる知人がいます。彼女は自身と違う考え方をする他人を認め、許容し、長所をみつけてほめています。
    聞くと、誰と接していても欠点よりも長所のほうがたくさん見えるのだそうです。難しい社長もわがままな部下も彼女の前では実に素直になります。

    ある程度のキャリアを積み上げていくと、人の欠点が目につくようになりますが、様々な人とスムーズに仕事をしていくためには自分の物の見方や他人への接しかたを見直してみるのも重要です。相手が驚くほど変わりますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    芝居をうってやる

    しおりをつける
    blank
    ふむふむ
    人に注意する時って、特に相手が子供じみた人なら
    難しいですよね。
    そんな時わたしは、こんな芝居(嘘)をします。

    「わたしも実は同じ事を前やっちゃったんだよね。エヘヘ」

    「これって、ややこしいからよく皆勘違いするよね。実は自分も以前、云々~」

    「この計算書、普通よりややこしいんだよ。君が間違うのも無理は無い。手こずる気持ち、わかるよ。僕もだいぶ時間かかった」

    みたいなことを一言いいます。
    そうすると大体相手は、「注意する側・される側」の関係で感情的になったりしてたのに、急に笑顔になり素直に聞いたりします。
    でもこれは、注意するトピ主さんのプライドが少々傷つきますが・・
    この方法は、どんな場面でも人に注意する時に使えますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    miwaさん、それじゃダメです

    しおりをつける
    blank
    フルフル
    私の職場にもいるんですよ。「でも」とか「私の気持ちはどうなるんですか」とか訳のわからない事を言って自分の主張を通そうとする人が。
    上でmiwaさんが『ミスをしたなら、「マニュアルが読みにくかったから」とか、「説明がきちんとしていなかったから」とか、本当に小さな事でも、欠点を一言添えてみるのです。自分以外にも責任があったという事で、聞き入れやすくなります。』と書いてらっしゃいますが、そうすると、うちの職場の子は「ほら、やっぱり私が悪い訳じゃないじゃないですか!」と納得してしまうんですよ。
    私の職場では、彼女には誰にでもできるカンタンな仕事で、ミスをしてもすぐに取り返しがきくような事しかさせていません。何か言い出したら「うんうん、そうねそうね。アナタには責任は無いわよね」と言ってなだめすかして仕事をさせてます。
    みんな「早く辞めろ辞めろ~」と祈っているんですけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の上司とかぶっちゃったー!

    しおりをつける
    blank
    部下
    部下に「注意」するような出来事があったのなら部下の態度がどーだこーだ言ってフラフラしてないで最後まできちんと指導してください。

    部下が感情的になったくらいで話し合いを放棄しないで下さい(本当に上司が正論を吐いているなら放棄はないでしょ)

    相手の無茶な意見を通してあげられる程度の内容で「注意」しないでください。


    私の上司(あら?偶然、彼も理数系♪)は数字には強いですが仕事の運び方がお粗末です。
    よく議論になりますが最終的には私の意見が通ります。
    それは私の言い分が正しいからですが、彼は同僚に私の事を「彼女は扱いにくい」とこぼしているらしいです(笑)

    >私は理系の数学・物理出身のせいか、このような非論理的な考え方があまり理解できず、正直、子供みたいに甘えているようにしか見えません。

    理系が全員論理的かどうかは甚だ疑問です。
    また子供っぽいという点ではトビ主さんも同じかも。

    仕事なんですから厳しくやりましょう~!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      miwaさん、すばらしいです。

      しおりをつける
      blank
      つみれ
      miwaさんのご意見、身にしみます。

      私は感情的になってしまう人です。すみません。
      そして、私の旦那は理科系の人。
      冷静だし、正論。でも、確かに逃げ道がなくって、
      逆切れした私は、感情が大爆発。

      会社では、感情をコントロールしてます。そうしないと働けないし。いい仕事ができないから。

      自分が感情的なので、他人に注意するときは、
      確かに逃げ道を作っているような気がします。
      大事なことだと思います。

      感情的な人を、「困った人」で終わらせないで、
      相手の良いところを見つけて、伸ばすようにするのも
      上司の役目だと思います。

      たまにで良いですが、ほめてあげるのも良いかも。
      感情的な人は、結構、お調子者なので、ほめられると
      舞い上がって、倍以上の働きをしたりします。
      それが実は私・・・。

      そういえば、旦那はほめられても、冷静で、嬉しそうでもないし、ほめたほうもしらける。
      つまんないですよね~。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      わかります

      しおりをつける
      blank
      とまと
      私も同僚に注意したら逆ギレされました。ただし彼女は自称バリバリ理系でした。
      その経験からすると、逆ギレする人には、注意すること自体がご法度なのかもしれません。私の場合は彼女の上司でもなかったので、なおさらいけないことをしてしまった気がします。
      おそらくプライドが高く、自分が一番大切。人の話も聞かず、人の気持ちを少しも考えない。でも自分の話(言い訳)はとことん聞かせたい。
      だけど本当は、本人は自分に自信がないんだと思います。自信がないので、自分で自分を肯定するために一生懸命言い訳する気がします。

      そういうタイプの人だったら、 注意する前に、さんざん相手の言い分を聞いて(相手を肯定)、相手の良い部分も伝えて(自信を持たせる)から、自分の失敗談なども添えて(相手に束の間の仲間意識を持たせる?)、それから注意するのはどうでしょうか?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      なんとなく、わかるような・・・

      しおりをつける
      blank
      うーん
      私、なんとなくその「部下」さんの気持ち、わかるような気がします。
      私も理数系の人って苦手。(すみません、私もおバカです)なぜなら、彼らは何が何でも理詰めで自分の正当性を主張して、相手を言い負かしているような気がしてならないからです。

      確かに、あなたのおっしゃることは正しいかもしれません。
      でも、注意する相手に対して、あなたは○○で、××だから、間違っている!ってすべて理論立てて話をされると、そこまで理由づけして間違っていることを攻撃(責める)必要があるわけ?という気持ちになりますし、矛盾点をつかれたりすると、あげあしとられているような気持ちになります。

      あなたにとっての困った部下さんは、理屈で言い返せないのにあなたが理屈を通して、いつも「言い負かして」いるのですよね?
      そりゃあ、負ける方はおもしろくないですよ。
      (続く)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      続き

      しおりをつける
      blank
      うーん
      (状況が違うかもしれませんが)
      その部下さんに対して注意する時は、ヒトコト、結論や論点だけを言えばいいのではないでしょうか?
      部下さんだって、自分の過ちに気づいているんですよね?気づいているのに、ねちねち(失礼!)攻撃されたら、モチベーションも下がるし、あなたに対して反抗的にもなるし、あなたをうるさい人としか思えなくなるのではないでしょうか。

      また、部下によって説得する態度を変えるのはコーチングの観点からも大事だと思います。
      その手の本を読んでみてもいいかもしれません。
      「感情のコントロールのできない人」と決めつけないで、部下さんといい関係を築いていってください。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      アドバイスになるかどうか

      しおりをつける
      blank
      文系会社員
      う~ん、トピ主さんは、確かに冷静でスキがない感じですね。ただ、トピを読む限り、もう少し人間的な暖かみが欲しいなあ、という気がします。

      部下の人は、「感情のコントロールができない」というか、プライドだけは高い、でも心の中は劣等感でいっぱいの幼稚な人に見えます。「甘えている」その通り。でもそういう人を採用してしまったのですから、あとはどうにか仕事してもらうしかありません。

      そういう人に理詰めで反論すると、逆効果なのです。うまく扱うには、とにかくプライドを傷つけないこと、上手におだてて乗せることじゃないでしょうか。
      内心「無茶なこと言うな~」と思っても、「おお!君の意見は斬新だなあ」とか「君のおかげで思いもよらない問題点に気付いたよ、ありがとう」とか言って、相手をたてて妥協案を示せば、きっと鼻高々でがんばってくれると思います。やりすぎると勘違いしちゃうので、ほどほどに…。

      相手は子供ですから、上手に負けるのも仕事のうちです(笑)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      同情します。

      しおりをつける
      blank
      ばくばく
      私の姑がそうゆうタイプです。
      話相手になりません。人の言う事を理解できず、自分中心にしか考えられない人です。友人もいませんので唯一私が話し相手なので疲れます。話題もない人なのでこちらから考え、あの手この手で話題を提供するのですが、その話さえ自分の都合のよい方に解釈するものですから大変です。
      でも、なおりませんし、それがその人自身なんですね。ですから、こういう人もいるのだと十分腹に落とし、言っていいことと言わないほうがいいことを区別して、適当に付き合うしかありません。20年の結果です。それでもときどき相手に逆ギレされて、またやっちゃたっということがあります。結局こちらで大きく包むしかありません。わたしのほうが、人間的にも幅があると自分に言い聞かせて。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      コーチング

      しおりをつける
      blank
      むぎぎ
      人には癖や相性があるので、お互いのタイプを見極めた上で対処したらどうでしょうか?
      コーチングも参考になると思います

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      何があったのでしょうか

      しおりをつける
      blank
      あり
      下の者から上司をみて、話しがコロコロ変るは確かにあります。
      上司は日々の変化に対応できるかたしか上司にはなれないのでしょう。 

      変化に対応できてこその仕事ですが、下の者は経験が浅いので、それをこの間はこう言っていたのに今回は違うと思い込んでしまうのでしょう。

      また失敗はあなたのほうにもあるでしょう。
      そのときは素直にそれを認められていますか。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      頼むよ

      しおりをつける
      blank
      もういいや♪
      注意されて不愉快にならない人の方が少ないですよ。
      なので、論理的整合性から、あなたは間違っている、だから直して、と訴えるのでなく。

      「確かにおっしゃることはわかりますけどぉ、・・・」
      「ん~、君の気持ちもわからなくはないけどね、・・・、頼むよ」

      あなたなら、僕の指摘は理解できるし、その気になればできるよね?だから、お願いするよ。

      と、人間的に期待するので「たいへんだけど」お願いね、の方向で訴えてみたらいかがでしょう。
      一種論点すり替えですが、彼女が仕事をこなせればいいわけですから。
      私も、仕事してて納得いかないことがあっても、よほど無茶なことでない限り、上司や先輩に「まあまあ」と言われて、のむことありますよ。
      実際、ぱんださんの言うとおりかどうかは、仕事してみりゃ、彼女も良くわかるでしょう。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      あるある

      しおりをつける
      blank
      たろこ
      お疲れ様です。
      私も業務を教える立場です。

      ミスしたら指示を伝えてやり直すようにしてもらいます。
      ほとんどの人はそれで業務ミスを改善してもらえるの
      ですが、中には言い分けを延々言う人ややり直しを
      指示するとキレてくってかかる人などもいました。

      どうも、ただの指摘を責められていると
      受け取ってしまう人は中にはいるようですね。
      プライドの高さの方向性を仕事を達成することに
      使用するのではなくて恥をかくか、かかないかに
      重点を置いているのかなと思いました。

      私もそういう人達にはどう接していいか悩みまくりましたが結局、上司に自分の手にはおえないことを正直に
      告白しました。
      その人達は他のプロジェクトへ移動しましたが
      移動後も問題を起こしまくりであちこちで仕事を
      干されつつあることは耳に入ってきます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      キャリア・職場ランキング

        その他も見る その他も見る

        求職中Kさんに同意

        しおりをつける
        blank
        35歳
        たぶんなのですが、その部下の方は注意されている事は、十二分に分かっているのではないかと思います。
        だからこそ、長々と説教されるのはいやなのでは?

        簡潔に、おっしゃったほうが良いかと思われます。

        ただ、同じ事を繰り返しミスるのは例外ですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お疲れ様です

        しおりをつける
        blank
        みい
        相手の方は最初から見下されていると追い詰められたような気がするのではと思うのですが、トピ主さんにそのような経験がなければ共感できないだろうし必要以上に責任を負ってもいい方向へいかない気がします。

        相手の方がどこまで努力できるかは相手の問題ですけど、上司として少しでももっと上手く指導したいということなら、どこまで視野を広げられるかにかかっているのでは。でも部下を指導できないことで辛くなるようなら、ここまではできるけどこれ以上はできないというラインを決め、他の人の協力を仰いだり今後を考えるといいと思います。

        それからたくさんの人の前で言わない方が相手の方も気が楽かもしれません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        その部下の方に同情します。

        しおりをつける
        blank
        akira
        そもそも、トピ主様の言い分がよく分からない。

        感情がコントロールできないって言いますが、冷静に反論するあたり、その部下の方はきちんと感情のコントロールができているではありませんか。
        それよりもトピ主様のほうが、部下の方が過去に出会ったことのないタイプのために、理解不能で苛ついているのではありませんか。
        (理系の方って、人もタイプ分けするのが好きですよね。)

        トピ主様は、本当に部下の方を理解しようと思って、向き合っているのでしょうか。
        もしかしたら、トピ主様が部下の方を叱る言い分の方が滅茶苦茶なのでは?と感じてしまいました。

        上司という立場ならば、こんなところで「部下が悪い。」と愚痴っているより他に、やることがあるでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        きちんと評価して!

        しおりをつける
        blank
        南十字☆
        私は文系で、管理職でもありませんが、同じように感じることはあります。同僚に対して。

        ただ、私の場合はそういうタイプの人を「感情をコントロールできない人」ではなく、「お給料は得たいが、仕事はしたくない、だからどうでも良い部分でごねる人、途中で投げ出す人」として受け止めています。

        職場には、同じ仕事でも上司の意向をくみ取って、また努力して理解し黙ってしっかりやる人と、受け取るまでに必要でもない時間をかけ、その仕事をしている最中も逃れようとする態度がありありの人、結局、他の人がその仕事をしなければなくなる人など、いろいろな人がいます。

        でも、女性の場合ですと、評価はあまり変わりません。
        あなたは上司なのですから、部下を適当になだめて仕事をさせ、どれだけしっかり部下達を見ているかは、評価で知らせるようにしてください。
        お給料を得るには働かなくてはならないことを、厳しさとやりがいを、評価で知らせてほしい。(差をつけられて頑張れる人は伸びますが、キレルような人だったら、もっとその人に合った職場へ転職していただいて良い、という割り切りも必要と思います。)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0